11 Shares

モバイラーに必須なモバイルバッテリーはAnker Powercore 20100がおススメ!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、モバイラーには必須なモバイルバッテリーの選び方とおすすめの商品をご紹介しようと思います。

モバイルバッテリーには安いものがたくさんあるが…

モバイルバッテリーは、つつけば安いものが山のようにありますが…
バッテリーは、ある種の爆発物でもあるので、真面目に真剣に選ぶべきです。

選ぶときに注意するべきこと

選ぶときに注意するべきは、次の3つです。

・ちゃんと容量なりに充電できるか
・品質的には大丈夫か(爆発などの危険性あるので)
・価格は妥当か

や~~~っすいバッテリーは、無駄に高機能だったり(ソーラーパネルがついてたり、懐中電灯のようなLED電灯がついていたり)、かといって、30000mAh搭載と謳っていながらじっしつiPhoneフル充電で2~3回しかできなかったりと、なかなかに微妙なものが多かったりします。
また、そういうような品質だと、いざというときに爆発してしまう危険性もあったりします(Galaxy Note 7の問題ではないですが…)。

なので、新発売のものは特に品質を見定めながら、口コミなどもよく確認して選ぶ必要があります。

純国産のものを選ぶと比較的高性能だったりもしますが、SONYやPanasonic製のものは、かえって値段が跳ね上がったりもしますので、うまくコストパフォーマンス高く選ぶというのは、モバイルバッテリーに関してはかなり気を使います。

決して、コストだけで物を買うものではない、ということだけは覚えてほしいと思います。

 
スポンサーリンク

おススメはこれ!

おススメは、Anker Powercore 20100です。
20100 mAhの大容量に、急速充電も対応しており、パナソニックのセルを使っているのもあって安全性もそれほど心配することはなさそうです。

開封の儀

パッケージはこんな感じ。

蓋を開けると、おもむろにバッテリーが出てきます。

中身はこんな感じ。

前使っていたcheero モバイルバッテリーDanboard版との大きさを比較してみました。
Danboardバッテリーは3年前、初代が出たての頃に購入しましたが、結構使っていてバッテリーがへたってきたのと、もっと大容量のものが欲しいと思い購入しました。

幅はちょっとスマートになった感じ。

高さは同じぐらいですね。
端子の数も同じです。

※Danboardのバッテリーは現在cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARDという新しいバージョンのものがリリースされています。初代よりは小さく、そして大容量になってます。

使い心地

使い始めて1週間なので、まだそこまで使い込んでいませんが、満充電からiPhone7 Plusを6回半ぐらい充電することが出来たので、まずまずというところでしょう。
cheero Danboardではケーブルを挿した後にボタンを押さなければ充電開始されないのに対し、このAnker Powercore 20100ではケーブルを挿しただけで充電開始されるのが、結構便利です。

まとめ:低コストだけでバッテリーを選ぶのは注意です

モバイルバッテリーは、危険物です。
低コストだけでバッテリーを選ぶと、えらい目に合うことがあるので、注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で