【ギガホ・ギガライト・docomo with対応】スマホ月額料金を
キャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!
(ドコモ新旧, au, Softbank, Y!mobile, UQmobileに対応)

SONY、内蔵メモリーが倍の64GBに!プロジェクター付きハンディーカムHDR-PJ680を発表!

Camera

こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。

本日、ソニーより、プロジェクター付きハンディ―カムの最新端末HDR-PJ680が発表になりました。
前の端末HDR-PJ670がかなり出来が良かったので、おすすめということで紹介したいと思います。

[2017/4/19更新]2017/4/21発売のHDR-CX470を追記しました。

2017年のハンディーカムのラインナップ

2017年のハンディーカムのラインナップは、以下のようになりました。

機種光学
ズーム
全画素超解像
ズーム
特記
FDR-AX10012倍24倍
(4K:18倍)
最上位モデル
手ブレ補正
FDR-AX5520倍40倍
(4K:30倍)
空間光学手ブレ補正
FDR-AX4020倍40倍
(4K:30倍)
空間光学手ブレ補正
AX55よりモニタ小さい
HDR-PJ68030倍60倍空間光学手ブレ補正
プロジェクター付き
HDR-CX68030倍60倍空間光学手ブレ補正
HDR-CX47030倍60倍光学手ブレ補正

変更となったのは、HDR-PJ680とHDR-CX680の2つ。
それ以外は、昨年から変更なしです。

[2017/4/19更新]2017/4/21発売のHDR-CX470も、後日発表されました。こちらは軽量化(215gに、14%分)されました。

では、HDR-PJ675→680の変更点は?

機能面での変更は、まったくなし!

SONY公式ホームページで照らし合わせる限り、仕様を含めて、機能面での変更は、一切ありません

進化ないのかよ!という感じですが、結構気に入っていたので、昨年モデルから進化なくても、全然おススメです。

この動画を見ていただければわかると思うのですが、最大60倍ズームのおかげで、かわいいパフィンたちの様子が鮮明に写せています
ズームインした状態で撮り始めたのですが、最後ズームアウトしています。実際にはパフィンたちはものすごく小さく見えているのをご理解いただけると思います。

ほかプロジェクタ機能など、詳細レビューは↓の記事をご覧ください。

プロジェクター付きビデオカメラ SONY ハンディ―カムHDR-PJ675が、かなり使える!
こんにちは。MATTUです。今回は、SONY ハンディ―カムHDR-PJ675が想像以上にかなり使える!というのをご紹介します。SONYハンディ―カムのラインナップ大雑把にかくと、2016年は以下のようなラインナップになってい...

内蔵メモリが倍の64GBに!

HDR-PJ675では内蔵メモリが32GBだったのに対し、倍の64GBになりました。
32GBって動画だとすぐ使ってしまうんですよね。結構うれしい変更です。

ただ、SDXCメモリーカードに対応しているので、SDカードに頼ることもできます。

バッテリーの仕様変更

バッテリーは外付けになるのですが、この外付けバッテリーの仕様が変わります。
付属するバッテリーの型番が、NP-FV50からNP-FV50Aに代わります。
(Aがつくだけです)

バッテリー容量は6.6Wh/980mAh→6.9Wh/950mAhに、バッテリーの大きさも少しだけ厚くなります。

別売りオプションの大容量バッテリーもNP-FV70Aに代わります。

3年ワイド保証に入れるソニーストアがおススメ!

ほとんどPJ675と仕様の変更がないからこそ、めちゃくちゃおすすめできます。
ソニーストアから買えば、会員登録して買えば水濡れなどの損傷にも対応できる3年ワイド保証に無料で入れるので、ソニーストアからの購入がおススメです。

[HDR-PJ680はこちらから]
HDR-PJ680
icon

icon

[HDR-CX470はこちらから]
HDR-CX470
icon

icon

[昨年モデルHDR-PJ675が欲しい方はこちら!]
内蔵メモリの変更にあまり興味がなく、保証もなくていい方は、昨年モデルのHDR-PJ675がいいと思います。
ソニーストアでの発売は終了していますので、下から楽天やYahoo、amazonなどのショッピングサイトの検索ができます。

コメント