尾翼デザインのANA QUICPay+nanacoを作ってみたよ!キーホルダーにもぴったり!

ANAマイル

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

キーホルダー型のnanacoがあるのをご存知ですか?
ANA JCBカードを作っておけば、nanacoとQUICPay、ANA国内線のSkiPサービスも利用可能です。
おしゃれで、非常に便利。

ANA JCBカード(ソラチカカードも)を持っていれば、キーホルダー型のnanacoを作れる!

ソラチカカードやANA JCBワイドゴールドカードなど、ANA JCBカードを作っている方は、尾翼デザインのANA QUICPay+nanacoを作ることができます。

封筒

申し込んだら1週間ぐらいで届きました。
封筒は専用のもので、裏面に概要が載っています。

ご利用ガイドに糊付けされてる…

一般的なカードは、「カード発行のご案内」台紙に糊付けされていることがほとんどなのですが…
ANA QUICPay+nanacoは違います…

ご利用ガイドに、出っ張ったものが…

ひらくと。

えっ。

こんなところに、糊付けされてる!笑

本体はこちら

袋から取り出してみると…

想像以上にプラスチックです。
尾翼型の青色半透明なプラスチックで、中に円盤のICチップが入っているのが透けて見えます。
これはこれでかっこいいかも。

nanaco、QUICPay、ANA SkiPサービスが一体に!

nanacoとQUICPayとANA SkiPサービスが一体になっています。
QUICPayは、発行したJCBカード(ソラチカカードなど)に紐づいています。
主力はnanacoかなーと思っています。

発行手数料は300円(税抜)。それ以上に、キーホルダーとしてちょっとおしゃれに使えるのが魅力だったりします。

ソラチカカードやANA JCBワイドゴールドカードを持っている人はぜひ作ってみるといいですよ!

ソラチカカードを持っていない方は、この機会にぜひ作ってみて下さい!マイルががっぽり貯まります。

ANA JCBカード・ソラチカカードはこちらから

ソラチカカードとLINEポイントのコンボで、ANAマイルをがっぽり貯めよう!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ANAマイルを集める手段としては必携の、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の発行についてご説明します。

コメント