【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)

JR東日本, 2020年2月よりモバイルSuicaの年会費を完全無料に!一方ケータイ・古い機種では多くのサービスが終了…

モバイルSuica

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

モバイルSuicaの年会費について、Androidスマートフォンやケータイ向けには1,030円がかかっています。
JR東日本はこの年会費を一律無料にします。
ケータイや一部の古いスマートフォンでは、ログインを伴う一部サービスの終了を発表しました。

スポンサーリンク

モバイルSuicaの年会費が完全に無料に!

2020年2月26日より、モバイルSuicaの年会費が完全無料になります。

機種現在2020/2/26以降
ケータイ(フィーチャーフォン)1,030円※1無料※2
Androidスマートフォン1,030円※1無料※2
Apple社製端末(iPhone,Apple Watch)無料無料

※1 Viewカード(JR東日本発行のクレジットカード)での使用は従来も年会費無料となっています。
※2 3Gケータイは2020/2/25に、4Gケータイと一部の古いスマートフォンは2020/12/22に一部のログインを伴うサービス終了です。

フィーチャーフォン・一部機種のログインを伴う多くのサービスが提供終了

2020年12月22日をもって、ケータイ・一部機種のログインを伴う多くのサービスが提供終了になります。
・クレジットカードによる入金(チャージ)
・オートチャージ
・定期券
・モバイルSuica特急券
・ビュー・エクスプレス特約(モバイルSuicaで東海道新幹線のエクスプレス予約が利用可能なサービス)
・ネット決済
・Suicaポケット
会員登録情報自体が削除になるのかはわかりませんが、入会・登録変更・機種変更操作などの操作もできなくなります。
定期券やオートチャージなどは、有効期限が切れるまでは利用可能です。

モバイルSuica特急券サービスの終了

2019年度末に新しい新幹線IC乗車サービスが開始されます。
それにあわせ、モバイルSuica特急券(モバトク、スーパーモバトク)はサービス終了されます。
新しいサービスは、決まり次第発表されるとのことです。

ケータイ・古いスマホなどは使えなくなる機種が多いので気をつけて!

また、2020年で使えなくなる端末がかなり多いです。
詳細はプレスリリースでご確認ください。

https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190107.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました