【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)

NTTドコモ, 2ヶ月ごとに支払える「翌月合算請求」開始

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

NTTドコモは、利用料を偶数月のみに支払うことができる「翌月合算請求」が開始されました。
口座振替・請求書払いの方が対象で、基本的には申込不要です。
(クレジットカード払いの方は関係なし)

申し込みは不要で自動適用されます。
口座振替・請求書払いの方で利用金額によらず毎月払いたい方は、「翌月合算拒否」の手続き(無料)を行う必要があります。

奇数月の利用額が5,000円以下であれば、偶数月のみの支払いにできる!

翌月合算請求は、口座振替・請求書払いの方を対象に、奇数月の請求が税込5,000円未満の場合、翌月の偶数月に繰り越して請求されます。

毎月のdポイント付与は、翌月合算請求は利用づきごとに進呈されます。

振込手続きごとに振込手数料が発生するので、手数料発生を抑える支援策なのかな?と思います。

「翌月合算請求」の対象者

・奇数月(1,3,5,7,9,11月)の請求額が5,000円未満
・支払い方法が、口座振替・請求書払いの方

です。

以下の場合は、翌月合算請求の対象外となります。
クレジットカード払いの方
・「翌月合算請求 拒否」を設定(設定方法は次の節で説明します)
・「一括請求サービス」を利用中(複数回線をまとめて請求)
端末代金を分割支払している方
・通話・通信の利用明細書の送付を希望されている方
・iモード情報料、d払い・ドコモ払い、spモード決済、ドコモ口座など利用中
・過去に返済が滞った場合
・NTTファイナンス株式会社の「おまとめ請求」「NTT電話料金合算サービス」など利用中

分割払いの場合も対象外となりますので、ご注意ください。

「翌月合算請求」になる場合のお知らせ方法

SMSで通知されます。
(iモードの方はメッセージR)

「翌月合算請求 拒否」の申込方法

翌月合算請求は、対象者であれば申込みなしで適用されます。
翌月合算請求したくない場合は、ドコモオンライン手続きなどで手続きする必要があります。

My docomoにアクセスし、「契約内容・手続き」をタップします。

「ご契約内容の確認・変更」をタップします。

現在の契約内容が表示されます。
2/3ページの中ほどに、「料金関連サービス」の項目が表示されます。

ここの「翌月合算請求拒否」の「設定」ボタンをタップします。


「翌月合算請求拒否を設定する」にチェックが入っていることを確認します。
規約を読んで同意し、ページ下の「次へ」をクリックします。

次のページで手続き内容確認が表示されますので、「手続きを完了する」をクリックすればOK。

対象者は少ないかもですが…

カード払い、端末代金分割払いが対象外になるので、対象者は少ないような気がするのですが…
ぜひ、利用料金を確認して対象かチェックしてみてくださいね!

dアカウント - ログイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました