2017/05/075 Shares

マイル貯めるっていうけど、そもそもマイル貯めると何ができるの?意外と安く海外に行けるのよ!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今まで、「マイル還元率を上げる」「ポイントをマイルに交換する」というような記事を上げまくってきましたが、そもそも、マイルを貯めるとどんないいことがあるのでしょうか?

航空会社の特典航空券に交換できる

一番の利点は、航空会社の特典航空券に交換できる、という点です。

今回は、ANAの特典航空券についてみていきます(2017/03現在)。

全て、表内は「ローシーズン~ハイシーズン」の記載になっています。

国内線の特典航空券

国内線の特典航空券は、普通席のみ利用可能です。
片道(1区間)でも、上表の半額で利用可能です。
プレミアムクラスに関しては、当日に空きがある場合のみ、追加料金(9000円)を支払うことで利用することが出来ます。

往復で、大体の区間に当てはまる601~1600M区間でも12,000~18,000マイルで往復できるわけで、新幹線など他の交通機関を考慮してもお得であることがわかると思います。

国際線の特典航空券

国際線の日本発着の特典航空券は、ビジネスクラスやファーストクラスでも設定があります。
韓国や中国だと、国内線と同等のマイルで往復できてしまうのですね。

近距離便だとファーストクラスの設定はありませんが、長距離便だとファーストクラスの設定があります。
例えば、東京~ニューヨーク便だと、ファーストクラスの往復はハイシーズンでも165,000マイルです。
正規料金だと、安い日でも往復で222万円程度なので、マイルの価値としては1マイル=15円ほどとかなり高額になります。

まあ、欧米に行くと運賃もマイルも高くつきますが、現実的にアジアだと…

シンガポールで、ファーストクラスだとざっと85万円。
これが、114,000マイルで行くことが出来るので、1マイル=7.4円となります。
まあ、欧米のほうが、1マイルあたりの価値は上がるので、お得感は出てきます。

別にファーストクラスじゃなくて、エコノミーでいいよっていう人でも、ハイシーズンでも38,000マイルでシンガポールへ往復で来ちゃうわけです。

38,000マイルって結構かかるんじゃない?と思う方もいらっしゃると思いますが、結構簡単に貯められます。
ハピタスとソラチカカードのコンボが最強です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行に行くのに最もお金がかかるのは交通費なので、これをマイルで賄えるのはかなり助かります。
あとは、旅行に行く時間を作れるか、だけですね。。。

 
スポンサーリンク

マイルから他ポイントやクーポンに交換できる

基本的に、他ポイントやクーポンに交換するときは、1マイル=1円相当分のポイントでの交換になることが多いです。

ANA SKYコイン、JAL eポイントへの交換だけはちょっとレートが良くなる

ANA SKYコインやJAL eポイントは、基本的には航空券の購入に使える現金のようなポイントです。

JAL eポイントは、一律で1マイル=1.5円分のポイントになります。
ANA SKYコインは、会員ステータスや交換マイル数によって変わりますが、最大で1マイル=1.7円分のポイントに交換できます。

いずれにせよ、特典航空券ほどはお得に交換できませんので、できるだけ期限内に特典航空券で使ってしまいましょう。

特典航空券が最もお得

国際線の特典航空券への交換が最もお得です。
こんなに貯められないよ~なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、陸マイラー活動をすれば結構貯められますので、ぜひ貯めましょう!

まずはポイントサイトへ登録するのが最もいいです。おススメはハピタス!!!

現在ハピタスに登録し、4月末までにポイントを交換すれば、ボーナスポイント1000pt(900マイル分)プレゼントされます!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で