6 Shares

新しいふるさと納税のカタチ?福島県南相馬市を応援するnoma-styleは、ファッションを通じて被災地とつなぐ納税サイト!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ふるさと納税について、このサイトでも取り上げていますが、新しい形であろうサイトを見つけましたので、ご紹介します。

日本初、有名ブランドがもらえるふるさと納税サイト

ふるさと納税サイトとしては、ご当地の名産品である美味しい肉や野菜、魚介類などを返礼品として挙げる自治体が多いのが現状です。
今回ご紹介するnoma-style.comは、ほかのふるさと納税と大きく異なる点があります。

返礼品は、ブランドものが多数

返礼品は、かなり人気のジェラートピケ・SHIPSなどの服飾ブランドだけでなく、ドン・ペリニオンやモエ・エ・シャンドンなどの飲み物ブランドなど、多数のブランド物が並びます。
返礼品の還元率は30~40%と、だいたい平均的な還元率になっているように思えます。
  

 
スポンサーリンク

返礼先は、福島県南相馬市

返礼先は、東日本大震災で被災された福島県南相馬市です。
震災から6年がたちますが、いまだ復興中ということで、ようやく避難指示解除という局面を迎えても多くの方々が帰れないでいる、という状況です。
このnoma-style.comでのふるさと納税の寄付は、南相馬市に寄付され、NPO「南相馬救助隊」の活動に使われるとのことです。

ファッション・ブランドを通じて、「ふるさと納税」で復興支援を

noma-style.comのホームページには、以下の記載があります。

noma-styleは「ファッション・ライフスタイル」をキーワードとし、様々なブランド様とこの想いを共有しております。

noma-styleを通じて受け取れる返礼品は、このプロジェクトにご賛同頂いたブランド様からご提供されたものであり、地域の特産品ではありません。
ですが、ご賛同頂いたブランド様で働く人々の中には、福島県出身者、福島県出身のデザイナー、福島県出身者を友人にもつ人も大勢いらっしゃいます。
たとえ返礼品が福島県産でなくとも“ 南相馬の復興支援のために何かをしたい ”という想いが福島とブランドとのつながりを育み、地域の特産物に匹敵するものになると信じております。

ファッションには、流行を創り出す力があります。
さらには、一時の流行にとどまらず、社会に普遍的に受け入れられるものを創り出す可能性も秘めていると思っております。

福島への支援の輪を拡げるためにできること、支援を流行で終わらせないためにできることを、これからも私たちはさらなる可能性を考え、行動していきます。

福島は、この6年、非常に苦しみながら、頑張ってようやく少しずつ立ち直ろうとしています。
しかし、まだまだ始まったばかりです。
福島を、遠くからでも応援したい方、ぜひ、このnoma-style.comより、寄付をお願いいたします。