2017/07/260 Shares

NTTドコモ、新料金プランの「シンプルプラン」「ウルトラシェアパック30」を発表。2017年5月24日より受付開始

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2017年4月27日、NTTドコモは、新料金プランとして、電話基本プランの「シンプルプラン」、シェアパックの「ウルトラシェアパック30」を発表しました。

電話基本プランに「シンプルプラン」を創設

通話が少ない方用の基本プランとして、基本使用料980円/月の「シンプルプラン」を創設しました。

プラン名 無料通話範囲 金額
(スマホ)
金額
(ケータイ)
(新)シンプルプラン ファミリー割引グループ内 980円/月 980円/月
カケホーダイライト 5分以内の通話 1700円/月 1200円/月
カケホーダイ 国内通話 2700円/月 2200円/月
データ (通話不可) 1700円/月

基本プランとしてはこのような体系になります。
無料通話範囲外の電話は30秒につき20円かかります。また、0570で始まる電話番号など、一部対象外の通話先があります。

シンプルプラン以外のカケホーダイライト・カケホーダイプランでは、ケータイ向けプランを契約しても、その契約SIMをスマホなど対象外の携帯電話に挿して利用すると、500円/月の指定外デバイス使用料が発生します(つまり、スマホ向けプランと変わらない)
シンプルプランはスマホ/ケータイ変わらないので、指定外デバイス使用料は発生しないのかな?

電話が少ない人向けとしては、ものすごく歓迎できます。

パケットパックに「ウルトラシェアパック30」を創設

家族向けパケットパック(シェアパック)に新設

家族向けのパケットパックに30GBの容量のプランが創設されます。
シェアパックから1000円追加で30GBになるという、なんというありがたいプランでしょうか。

プラン名 データ量 月額 ずっとドコモ割
(15年以上/4年以上)
ウルトラシェアパック100 100GB 25000円 -2500円/-1000円
ウルトラシェアパック50 50GB 16000円 -1800円/-800円
(新)ウルトラシェアパック30 30GB 13500円 -1200円/-600円
シェアパック15 15GB 12500円 -1200円/-600円
シェアパック10 10GB 9500円 -1000円/-400円
シェアパック5 5GB 6500円 -800円/-100円

ずっとドコモ割自体は、4年以上、8年以上、10年以上、15年以上の4種類があります。
「ウルトラシェアパック」の3つ(100,50,30)は、テザリングの利用には1000円/月発生します(2018年3月までは無料)

また、子回線の場合、シェアオプションとして、1回線あたり500円/月で、親回線のパケットパックをシェアできます。

一人向けのパケットパック(データパック)もおさらい

一人向けのパケットパックには変更はありませんが、一応おさらいしておきましょう。

プラン名 データ量 月額 ずっとドコモ割
(15年以上/4年以上)
ウルトラデータLLパック 30GB 8000円 -800円/-200円
ウルトラデータLパック 20GB 6000円 -800円/-100円
データMパック 5GB 9500円 -800円/-100円
データSパック 2GB 3500円 -600円/-0円

こちらも、データ回線1回線までは、2台目プラスとしてシェアオプション500円/月で、親回線のパケットパックをシェアできます。

2017年秋より、一人ひとりの利用データ量の上限を設定可能に!

2017年の秋より、一人一人に利用できるデータ通信量を設定可能になります。

子どもだけデータ量を設定出来たりもするようなので、便利ですね。

新プランは5月24日より受付開始、6月のプランから適用可能

シンプルプランと、ウルトラシェアパック30に関しては、5月24日より受付開始、6月より適用可能になります。

詳しくは、ドコモの公式ホームページにて。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で