【ブロガーの引越物語(1)】時間がない!引越を完了するまでのスピード感をまとめてみた

引越

こんにちは、ついに引越を完遂させたMATTU(@sunmattu)です。

サラリーマンは転勤の辞令が出たら1週間ちょっとで引越をする、という非常に忙しい部類に入ると思います。
ブロガーは、というと…
自己都合での引越なので、時間はもうちょっとあるんじゃ、と思われますが、実は意外とそんなにないのです。

これから引越で知っておいたほうがいいこと、やっておくべきことなどを連載でまとめていきます。
まず今回は、引越を検討しはじめてから完了するまでのスピード感をまとめていきます。

引越を検討し始めてから完遂するまで

まずは、引越を検討してから完了するまでの流れを簡単にご説明します。

物件検討期~思えばこの時期が一番楽しい

物件をSUUMOやatHomeなどで検討していきます。

・だいたいの地域
・駅近か、遠くてもいいか?
・間取り(1K,2LDK,3LDKなど…)
・検討価格(家賃の上限)

など、今持っている家具の量や職場との利便性から決定していきます。
私は、家で仕事ができるので妻の職場を優先して考えました。

取り揃えている物件の量は、サイトによってまちまちだったりはします。
不動産会社がアップしている情報が、まちまちなためです。
2~3サイトは見て回ったほうがいいかもしれません

ここで、数件に絞り込んでいきましょう。

物件決定期~思い切りが重要!

これがいい!という物件が見つかったら、不動産会社に連絡して見に行きます。
絞り込んだ数件が異なる不動産会社でもかまいません。
他の不動産会社が出している案件でも、基本その地域であれば、どの不動産会社でも取り扱っています

一番、『街の不動産屋』といえるお店に行きましょう

チェーンでなくて、『街の不動産屋』に行くべき理由

会社で提携・指定されている、というような特別な理由がなければ、『街の不動産屋』に行ったほうがいいです。
理由は、3つ。

親身になって要望を聞いてくれる

今まで3回(子ども時代から含めると、9回)引っ越していますが、印象としては『街の不動産屋』のほうが、親身になって要望を聞いてくれます。
検討期に考えていた、地域や間取り、価格など、ちょっと厳し目でもいいので言ってみましょう。

言うだけは無料です。

管理会社とのパイプが強いし、値段交渉もしやすい

D-room(ダイワハウス)や東建、積水など、賃貸にも大手メーカー・管理会社が数社あります。
そんな会社とも、チェーンの会社に比べパイプが強く、値段交渉も優位な印象を持っています。

というのも…

・街の不動産屋のほうが、年上の方が対応することが多い
 ⇒管理会社側と即座に、密に接触してやり取りをされている

・チェーンは、若い世代が多く経験も足りない印象
 ⇒すぐ客との心理戦に持っていこうとする

という印象を受けます。

家賃交渉だけでなく、フリーレント(1ヶ月賃料無料)、敷金減額など、あらゆる値段交渉を得るには、パイプの強い『街の不動産屋さん』に行くことをおすすめします。

ガツガツ価格交渉してくれない不動産屋からは、適当な理由をつけて撤退するのも選択肢です。

行ったら即決!ということは基本的にはありませんが…
賃料ダウンなど、厳し目の条件をのんでもらう場合、管理会社側から『即決』が条件になる場合がありますので、その点は覚悟していってください。

引越業者決定期~日程が決まったらすぐ見積もりをとろう!

賃貸の場合、基本は1ヶ月後から、フリーレントをかませても2ヶ月後から、家賃が発生してしまいます。
それまでには引越を完了させたいですよね。

なので、すぐ見積もりを取りましょう

引越し業者の選定については、別途記事を書きますが…
おすすめは、『引越し侍』というサイトです。

有名どころの会社がたくさん入っています。
とりあえずの見積もりをメールでおしらせしたあと、各社から電話がかかってきます。
数社、実際に見積もりをとってみましょう。

引越準備期~とにかく荷物を詰めまくろう!

引越し業者が決まったら、ダンボールを持ってきてくれますので、どんどん荷物を詰めていきましょう。

ポイントは、箱に入りきらなくてもいいから、どんどん箱に入れておくこと
箱に入れておかないと、引越し業者は当日運んでくれません。
どんどん詰めまくりましょう。

また、役所や税務署などに、転居届を提出する必要があります。
手続きの注意点も、連載で別途記事にまとめます。

引越し当日~詰め終わったら掃除をしよう

旧居では

引越し当日、搬出作業中も詰め続けて大丈夫です。

詰める作業が終わったら、掃除をしましょう。
退去後には、基本的にはハウスクリーニングが入るので、掃除を完璧にする必要はないです。

ただ、退去手続きの際に立ち会いがあるので、そのときに恥ずかしくないようにキッチンと風呂・洗面所はちゃんと掃除しておいたほうが良いです。
追加料金を取られる可能性もありえます。

新居では

近距離移動で、当日中に新居につく場合

・電気・ガスの開栓作業
・エアコンや食洗機の取付工事(引越に含まれていることが多い)

が待っていると思います。

新居では、引越し業者に荷物の運び先の部屋を指示しつつ、効率よく作業を並行しましょう。

引越し後の手続き~転居後は手続きすることがいっぱいある

引越し後は、2週間を目安にいろいろ手続きしましょう。
これも、別途記事にまとめます。

荷解きは、順番に…
必要最低限のデスク周りだけ、先に当日に荷解きをして、その後は順次時間をかけて解いていきました。

引越の流れを時間でまとめると…

引越の流れを時間表でまとめると、こんな感じ。

期間 備考
物件検討期 ゆっくり決めて大丈夫!
物件決定期 1日~1週間 価格交渉次第では即決も
引越業者決定期 1週間 数社見積もり
引越準備期 2~3週間 入居日に合わせて変動
引越し当日 1~3日 距離や量によって変動
引越し後 2~3週間 転入届は2週間以内に

実は意外と時間がないんです…
物件決定から引越までは1ヶ月程度。
荷物が多い家ほど、大変だと思います。

さあ、壮絶な引越物語を覗いてみましょう。

ブロガーの引越物語、連載一覧

ブロガーの引越物語の連載は、以下のラインナップでお送りします。

回数 テーマ
第1回 時間がない!ブロガーが引越を完了するまでのスピード感をまとめてみた
第2回 初期費用を抑えよう!安くて品質の良い引越し業者を選ぶコツ
第3回 車庫証明は自分で簡単に取れるよ!
第4回 図柄ナンバープレートの申込手順をまとめてみた!
第5回 陸運局・運輸支局で、自分で図柄ナンバープレートに交換する手順をまとめてみた!
第6回 ブロガー・個人事業主が引越し前後に行う手続きとは?

引越しの見積は、『引越し侍』がおすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント