2017/06/1812 Shares

yPadというスケジュール帳がものすごく使いやすい!DPT-RP1でも抜群!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

DPT-RP1を使っている方で、yPadというスケジュール帳に即したテンプレートを作っている方がいらっしゃいました。
それがものすごく使いやすいので、紹介します!

 
スポンサーリンク

yPadはiPadサイズのスケジュール帳!

yPadは、iPadと同じサイズのスケジュール帳です。

iPadと同じサイズのyPadは、スケジュールシートとタスクチャートとノートが組み合わさったものです。
yの上に点がついているのが、iPadを模している、というイメージなんですね。

裏表紙には、商品の概要が紹介されています。

一つの見開きで、2週間のスケジュールと20のジョブ・スケジュールをガントチャート的に同時に管理できます。
しかも、メモページは方眼なので、それはそれで使いやすい。

User’s Guideが秀逸

User’s Guideが秀逸です。

大きさはiPadと同じ。それでいて、軽いです。
日付は自分で書く形式なので、いつからでも好きに始められます。

メンテナンスをすれば、なお一層愛着が沸くこと間違いないですね。

肝心の使い勝手ですが、かなりよさそう。

User’s Guideの2ページ目に具体的な使い方が書かれています。

左ページは、スケジュールが書けます。縦軸は日ごと、横軸は時刻になっています。すごく使いやすそう。

右ページは、ガントチャートになっています。
ガントチャートは、「イナズマ」ともいわれ工程管理に使うのが一般的ですが、結構優秀で、スケジュール帳では結構柔軟に使えます。
タスクが増えている人にはおススメ。

DPT-RP1ユーザーが使いやすいテンプレートを作っていた!

DPT-RP1はまだ発売して1週間ですが…
DPT-RP1ユーザーの@tyarinkoさんが、テンプレートを作っておられました。

幸運にも、テンプレートを頂けたので、ちょっと改造して早速使ってみました。

こんな感じで、前節の見本をそのまま書き写してみました。

すごく使いやすい。
DPT-RP1を、こんな形で使えるのかと、いやはや感動いたしました。

紙派のあなたにおススメ!yPadはいつからでも使い始められます!

紙派のあなたには、すごくお勧めです。
スケジュール・タスクやメモをすべてこれ一冊で管理できます。
昨年の10月に一度手帳論を述べたことがありましたが、これはyPadに帰結するような気がしてしまいました。

というわけで、ぜひ一度使ってみてください!

yPadは複数のラインナップがあります。
yPad7は、見開きで2週間の管理ができます。

yPad half Xは、見開きで1週間になっています。1週間にぎっしり詰まっている人には、これがいいかも。

yPad Proは、一回り大きいサイズで、見開き1か月分のタスク管理ができます。
長期のプロジェクトが多い人には、これがいいかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で