2017/07/011 Shares

Zoff Smartのメガネが壊れた。ショック!

こんにちは。MATTUです。

Zoff Smartのメガネ、壊れてしまいました…

Zoffのメガネを2本、昨年の10月に買いました

以前から、Zoffのメガネを愛用していたのですが、昨年9月にぐしゃっと足で踏みつけてしまい、壊してしまいました…
10年間ぐらい同じ眼鏡を使っていたので、結構ショックだったのを覚えています。

ただ、金属製というのもあったのですが、10年間ぐらいずっと使えていたので、耐久性はまあ大丈夫かと思って、Zoffのメガネをまた買うことにしました。

一本は仕事用に、もう一本はプライベート用の丸眼鏡を買いました。

 
スポンサーリンク

しかし、壊れてしまいました。。。

二つともZoff Smartのメガネで、軽くて曲げても丈夫、を売りにしているメガネです。
ただし、二つともプラスチックにしました。仕事用のは少し厚みのあるもの、もう一つの丸眼鏡のフレームは細かったです。

週7日のうち5日は仕事なので、基本的には仕事用のメガネをつける比率が高かったのですが、プライベート用でかける頻度が少ない丸眼鏡のほうが壊れてしまいました。。。

テーブルに置いてあったメガネを持ち上げた瞬間、ポキッと…
img_09881
おやおや、根元からやられました。

img_09871
完全にヒンジのところがやられてます。疲労破壊ですね。
破断するほど強烈な力で持ち上げたわけではないですからね。普通に持ち上げただけで、力はかけていません。

たしかに、ヒンジなので、応力が集中するところではあると思うんですが…
ただ、観てみると、やはりすごい厚みが薄いんですよね。

軽くて丈夫、という売り文句を信用していましたが、やはり細いプラスチック。売り文句だけで材料を過信してはいけません。きちんと定量的なデータがあれば別ですが。
って、普通の消費者はデータを見て選びませんよね。

というわけで、今回の反省は。。。

今回、記事を書いたのは、Zoffの品質が悪い、とかそういうのを言っているわけではありません。Zoff自体はいい仕事をしていると思います。
ただ、中には無茶をしているのもあった、というだけです。これはZoffだけでなく、ほかのメーカーでも同じことがいえると思います。

皆様、メガネを選ぶときは、少なくともヒンジの部分は比較的丈夫な金属製でできたものを選びましょう

さあ、新しい眼鏡を手配しなければ…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で