2017/06/120 Shares

iPad Pro 10.5インチ用JIS(日本語)配列Smart Keyboardを、iPad Pro 9.7インチ(第一世代)につけて使える!が…

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2017年6月5日(日本時間6/6 AM2:00)より行われたAppleのWWDC2017(世界開発者会議)の中で、新しいiPad ProやiOSとともに、日本のJIS配列に対応したSmart Keyboardが発表されました。
今回は、早速10.5インチ用のSmart Keyboardを購入し、iPad Pro 9.7インチにつけて使ってみましたので、その様子をお伝えします。

 
スポンサーリンク

新型iPad Proには、9.7インチモデルは存在しない

新型iPad Proは、10.5インチと12.9インチが存在します。
旧型である第一世代のiPad Proは、9.7インチと12.9インチが存在していましたが、9.7インチの画面を大きくする形で新型は10.5インチになり、旧型の9.7インチモデルはラインナップから外れました。

端末サイズも、9.7インチモデルに比べ10.5インチは大きくなっています。

モデル サイズ
iPad Pro 9.7インチ
(旧型)
240 x 169.5 x 6.1mm
iPad Pro 10.5インチ
(新型)
250.6 x 174.1 x 6.1mm

厚さは変わらないのですが、縦10mm、横5mm程度大きくなっています。

今回、日本語配列(JIS)仕様のSmart Keyboardが登場しましたが、新型モデルのみがラインナップの対象で、9.7インチモデル用のものはリリースされませんでした。
(iPad Proのラインナップから外れているので、当然ですが…)

でも、意外と使えるんじゃない?と思って、買ってみました。

iPad Pro 10.5インチ用Smart Keyboard 開封の儀!

届きました!開封します!

まあ、アクセサリーなので簡単に…
裏には、10.5インチ用と書いてあります。

よく見ると、パッケージのキーボードはUS配列のものが写ってますね。

中身

中は、iPadと同じように白い紙でパッケージングされたSmart Keyboard本体と、薄い説明書が入っています。

本体はこんな感じ。

装着してみます

端子は…、お、真ん中ですね。よかった。ちょうど合います。

付けてみると、確かにちょっとだけ大きいけど、意外と目立ちません。全然使えます。

年末の安売りで、iPad Pro買っといてよかったーと思えた瞬間でした。

さあ、使ってみます

さあ、使ってみます。使ってる様子は、下の動画をご覧ください。

結果を書いてみると、
・言語切替は劇的に楽になった。(かな/英数/地球儀マークの3キー使える)
記号はUS配列のまま…(キーボードの刻印と異なる記号が打ち出される)

という感じでした。まあ、意外と使えてよかった、というのが本心。
キーボードもアルファベットの部分はフルキーにサイズを合わせたという通り、結構打ちやすいです。
(上の動画でちょっと打ちにくそうにしていたのは、ビデオをセッティングする位置が悪かったためです、、、)

記号に関しては、BluetoothキーボードでもJIS配列とアンマッチだったりしたので、結果は若干見えていたんですが…
iOS11のアップデートかなんかで対応してくれないかなぁ…と切に願っています。

[2017/06/12追記]本日更新の以下の記事にて、iOS11環境であれば9.7インチでもJISキーボード使えることを確認しました。

iPad Proのキーボードは、ビックカメラなど家電量販店のサイトにもすでに掲載されています。
アクセスはこちらのリンクから。

※iPad Pro用Smart Keyboardの検索はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で