4 Shares

マイクロソフトのSurface arc mouseがやってきたよ!開封の儀!!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

7/20発売、といわれながら、一時発売延期となっていた、Surface arc mouseですが、ようやく発売されました。
7/28に発売とマイクロソフトのホームページには書かれていますが、結構人気なようで軒並み在庫切れが多発してます。
早速開封の儀を執り行います。

 
スポンサーリンク

Surface arc mouse 開封の儀!

開封の儀って言っても、マウスだけなんですが…

外箱


Surface Arc Mouseですが、前面にはカタカナで「サーフェスアークマウス」と書いてあります。
ちょっとダサ(略

側面は、Microsoft Surfaceと、Arc Mouseが別々に書いてありますね。

開けると…

シールを開け、ふたを開けると…

こんな感じで、Surface arc mouseがのぺーっと姿を現します。

マウス以外の付属品は、説明書類のみ。
電池は、絶縁シート付で本体に組み込まれています。
単4電池2本です。

使ってみるよー


使うときは、上のように曲げて使います。使い終わったら、下のように平たんに戻します。

平たんにした状態では、強制的に電源がオフになります。
なので、移動中などに電源を食う心配がない、という意味では、かなり省エネになります。

ちなみに、裏はこんな感じ。

ボタンは、Bluetoothペアリング用のボタンのみです。
電源ボタンなどは必要ないのです。

Bluetooth接続なので、もちろん無線でOK。

ファーストインプレッション

地面との接地面がプラスチックなので、以前のArc Touch Mouseに比べてもすごくよく滑ります。
反応はいい感じ。

クリック・右クリックの音は結構大きいです。
すごい「押した感」があります。

Surface Arc Mouseの一番のウリである「上下だけでなく左右もスクロール操作できる」という点ですが、
予想以上に左右スクロールのコンテンツが少ないんですが…

とりあえず、TweetDeckはちゃんと左右スクロールできたので、良しとします。
スクロールの感度はいいです。
一本指でスクロールできます。
(トラックパッドのように二本指でやろうとすると、認識はするもののマウスがするする動いちゃうんで、一本指のほうがよさそう。)

Windows 10 ストアアプリなどの一部のアプリでは、左右に動作させると上下にスクロールするという、奇妙な現象が発生していますw

ファーストインプレッションとしては、結構いい印象です。GPD Pocketとも合います。

Surfaceアクセサリーシリーズは他にも!

Surfaceアクセサリーとしては、Surface Dialなど、他にも多数発売されています。
特にSurface Dialは、新たなデバイスとして、つかいまくってます。

Surfaceシリーズ以外のWindowsでも普通に使用できます。ぜひ、使ってみてくださいね!

マイクロソフトの商品ページはこちらから。

※各ショップから検索して購入する場合、「Arc Touch Mouse」ではなく「Surface Arc Mouse(CZV-00007)」ですのでご注意を!
7/28現在、検索に引っかかるのはYahoo!ショッピングのみのようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で