2016/11/060 Shares

BlackBerry Passportを購入!ファーストインプレッション!

こんにちは。
9月25日の深夜、発表直後に米Amazon.comでポチったBlackberry Passportが、10月2日についに届きました!

BlackBerry Passport 開封の儀!

箱はこんな感じ。
P1190832

Made in MEXICO 6 for BlackBerry Canada

箱を開けると…
P1190837

中身はこんな感じ。
P1190845

本体左側面。なにもありません。質感はすごくいいです。
P1190846

右側面。ボリュームアップ・ダウンキーと、真ん中はミュートボタン(長押しはBlackBerry Assistantキー)
P1190847

底面。microUSBポートがあります。
P1190848

上面は、ヘッドセットジャックと電源ボタンです。
P1190849

大きさは前回のパスポートと他端末を比較した記事の通り、そんなに大きすぎず、ズボンのポケットにも難なく入ります。

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよ電源投入!

さて、電源をつけてみます。
まずは…
P1190850
そのあと…ロゴが表示され、起動します。ここが結構長い。
P1190855
次に、Welcome to BlackBerry!ということで、言語選択画面が表示されます。日本語はないので、「All languages」を選択します。
P1190856
スクロールすると、日本語が現れます。
P1190858
タップすると、日本語に変わります。
P1190859
次に、誓約書画面です。
P1190860
モバイルネットワークへの接続です。とりあえずSIMは入れていなかったので、そのままスルーして次へ。
P1190861
Wi-Fiに接続します。
P1190862
BlackBerry IDを登録します。私はまだIDを持っていないので、サインアップしました。
P1190863
これにて、初期設定は完了です!
P1190869<
つづいて、操作方法のチュートリアルがあります。
このチュートリアル、操作方法をただ説明するだけでなく、「実際にやってみましょう」コーナーがきちんとそろっているのがイイ!
P1190870

初期アプリ

さて、初期アプリはこんなのが入っています。
P1190879
P1190880

フォントは…

BlackBerryのアプリはやはり中華フォントが多いですね。ただ、面白いのは…
たとえば、Documents to Goで適当に文字を入力すると、
P1190887
こんな感じです。「今日」に注目してください。日本語入力の時の予測変換候補はちゃんと日本語フォントなのに対し、確定したあとアプリ側では中華フォントとして表示されています。
基本的に、ブラウザ、電話帳、Hub、Twitter、Facebookなどいくつかのアプリで中華フォントになります。
ただし、Androidアプリになると話は別で、日本のフォントになったりもします(中華フォントのアプリもありますが)

Androidのアプリを入れられる!

BlackBerry OS 10の特徴としてAndroidのアプリを入れられる点があります。
OS 10.3からAmazon app storeが標準搭載になったほか、「Snap」というアプリを入れることで、Google playから直接インストールできます。(一手間かかりますが…)
By8QWhMCQAA4L8b
たとえば、最近愛用しているついっとぺーん+などのAndroidの有料アプリも入れられるのは、大きいですね。

いろいろ入れましたが、動くものと動かないものがありました。
【2014.10.09更新】※動くアプリ・動かないアプリは、2稿後の一週間後レビューに移動しました

こんなかんじで、結構触りがいのあるいい端末なので、ちょっと癖はありますが徐々に慣れていこうと思います。
使用感はまた後日ちょっと慣れてからレビューします。
現在米Amazon.comで2カ月待ちらしいのと、なんか値上がっているみたいのですが、興味のある人はぜひ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で