2016/11/280 Shares

AndroidフィーチャーフォンSH-01Jと、Googleアカウントの連絡先・カレンダーを同期する

こんにちは。MATTUです。
前回、Google認証関係アプリをインストールし、Gmailアプリを入れることについてご説明しましたが、この方法では、少なくとも私は、Gmailは使えるが連絡先・カレンダーの同期はできませんでした。
今回は、連絡先・カレンダーの同期方法をご説明します。私としてはベストだと思っています。

注意)この方法は、メーカー保証外となる可能性がありますので、行う場合は自己責任の下行ってください。この方法を行ってトラブルになっても、当方は責任を負いません。

SH-01Jのほかに、YmobileのDIGNOケータイ 502KC、auのGRATINA 4G KYF31も動作確認しています。おそらく、P-smartケータイ P-01Jでも動作するのではないかと思います。

条件は、安定して、自動的に同期できること!

PCやスマホ(iPhone,ほかのXperiaなどのAndroidスマホ、タブレットなど)を使用する場合、Googleアカウントに連絡先やカレンダーを預けている人も多いと思います。
ただし、Googleアカウントの登録から同期することができないので(もしかするとgoogle系のほかのアプリを入れればいいのかもしれないのですがわかりませんでした)、
今回は、
・カレンダーはCalDAV
・連絡先はCardDAV
を使用します。
※つまり、CalDAV,CardDAVに対応していれば、Google以外のアカウントでも登録可能です。
そのうえで、アプリの安定性・信用性を考えて、「BlackBerry Hub+」アプリを使うことにしました。

「BlackBerry hub+」アプリとは?

BlackBerryは、有名なスマートフォンメーカーですが、自社開発OSである”BlackBerry OS”から、Android OSを使った端末に方針を転換しています。
BlackBerryの良さは、心地よいハードウェアのテンキーと、メール・連絡先・カレンダー・SNS(Twitter,Facebookなど)を横断的に使用できる”BlackBerry Hub”という機能でした。
これを最新端末のAndroid OSでも作り上げていますが、今年に入って、Android 6.0以上の他社端末へも展開を始めました。さらに、2016年9月より、Android 5.0以上に対応を拡大したという形です。

なんということでしょう!SH-01JはAndroid 5.1です。対応端末です!!!
きちんとメーカーが作ったアプリであることから、信頼性も高いです。

BlackBerry Hub+に利用料はかからないの?&ドコモ純正アプリには対応しているの?

BlackBerry Hub+は、初回起動から30日間は無料、その後は広告が表示されるか、月額0.99ドルを払えば広告なしで使うことができます(まだ30日使ってないので、できるはずです、といったほうがいいかもしれません)。
ただし、今回ガラホに入れる目的は、データとしての同期。アプリ自体は使わなくても問題ありません。
ちなみに、ドコモ純正アプリは、
・「電話帳」アプリには対応可能
・「スケジュール」アプリには対応不可能(dアカウントの同期と、「電話帳」に同期したデータの誕生日のみ対応)
なので、「電話帳」は、今回の手を使うと、きちんとホーム画面から「↑(上)」キーで起動できる電話帳アプリに反映されます。
「スケジュール」アプリはホーム画面からのアクセスが難しいのと、ほかに使いやすいアプリがたくさん出ているので(私はTimeTreeをお勧めしていますが)、そちらを使うのがいいと思います。

screenshot_2016-10-23-01-32-321
アプリから登録できると、「BlackBerry CalDav アカウント」「BlackBerry CardDav アカウント」としてアカウント登録されます。

ほかにもCardDav同期に対応しているアプリはあったりするのですが、フリガナに未対応で名前が漢字登録されているものはドコモ電話帳ですべて「他」のところに登録されたり、同期が途中で止まったりして、あまり安定して使えないものがほとんどでした。
なので、この方法が今のところのベストだと思います。

<2016.11.28追記>BlackBerry Hub+の試用期間(30日間)を終了したのちにSIMを抜き差し、または、他端末でもセットアップすると、CardDavアカウントの設定がリセットされて消えてしまう現象があるようです。あんまりSIM抜き差しと関係ないような気もするのですが…(BlackBerry Contactsは有料オプション(月額99セントのサブスクリプションに入っています)頻繁にSIMを抜き差しする場合は、この方法を使わないほうがいいかもしれません
※SIMの抜き差しをせず、BlackBerryHub+やBlackBerry Contactsのアプリ起動をしなければ、30日を経過しても問題なく同期可能です。(私は現在も使用し続けています)

インストール方法

前回の記事、「Androidフィーチャーフォン AQUOSケータイSH-01Jにアプリケーション(apk)を入れてみる」を行い、Androidフィーチャーフォン内に「ESエクスプローラ」などのエクスプローラアプリが入っているという前提とします。

(1)ほかのAndroidスマートフォンから、次のアプリをインストールしてSH-01J(ガラホ)にBluetooth転送するか、例えばapkmirror.comで下のアプリをダウンロードする
以下のリンクはGoogle playへのリンクです。
BlackBerry Hub+サービス(Service)
BlackBerry 連絡先(Contact)(連絡先同期が必要な人のみ)
BlackBerry Calendar(カレンダー同期が必要な人のみ)
・BlackBerry Task(To Do同期が必要な人のみ)
※ちなみに、今回は詳説しませんが、メール同期したい人はBlackBerry Hubを入れればアカウントとして追加できます。To Doタスク同期が必要な人は、BlackBerry Taskを入れれば追加できます。ほかのHub+サービスで提供されているアプリも同様です。

(2) 初めに、BlackBerry Hub+サービスをインストールする

(3) 次に、BlackBerry 連絡先、カレンダーなど各種アプリをインストールする

 
スポンサーリンク

アカウント追加方法

※連絡先・カレンダーともに同じ手順で登録できます。
(4) カレンダーを起動
初めのガイダンスが表示されるので、それを読み、アプリを起動する。
「BlackBerry Hub+」の画面(30日間は無料ですよーという画面)も承諾する。

(5)左上の「三」を選択し、下の画面を出す。
「アカウントを追加」を選択する。
screenshot_2016-10-23-00-58-301
 [2016.10.23追記]※連絡先は「BlackBerry CardDAV アカウント」を、カレンダーは「BlackBerry CalDAV アカウント」を選択してください!
 (VoLTEVoLTEさま、ありがとうございます。)

(6) アドレス入力画面になるので、Gmailのアドレスを入力する
⇒パスワード入力画面になるので、Gmailのパスワードを入力する。

(7) 認証が通らないので、詳細設定を開く。
サーバー名を以下に変える。
カレンダー: www.google.com
連絡先:google.com
他は変えなくてOK

[2016.10.23追記]これで認証が通らない場合は、Google側からブロックされている可能性があります。
Gmail宛にブロックを解除するメールが届くようですので、メールのリンクをクリックし、解除してください。
(VoLTEVoLTEさんありがとうございます。)
cvbyv4cuaaahsda

(8) 同期周期を選択する。一番長くて1時間毎か、自動同期なし、か。
カレンダーは同期期間も選べるので、好きな同期期間を選択。

これで登録完了になります。

データが長い場合は、同期に少し時間がかかるので、ちょっと待ったほうがいいです。


[2016.11.08追記]連絡先の同期は、「Myコンタクト」に設定されている連絡先のみのようです。同期されないように感じる方は、一度Google連絡先の「Myコンタクト」に連絡先が登録されているかご確認ください。

というわけで、連絡先・カレンダーの同期もできました!

screenshot_2016-10-23-02-10-281
こんな感じで、カレンダーの同期もできました。
もちろん、ほかのAndroidのカレンダーアプリにも反映できると思います(とりあえず、TimeTreeのみ確認しています)。

では、快適なガラホライフを!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で