MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

NTTドコモのSIMロック解除,白ロムも何台でも解除申込可能に!手順を解説

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

NTTドコモは2019/2/20より、SIMロック解除の受付条件を緩和します。
知人からもらった端末や白ロム端末も解除申し込みができるようになります。

スポンサーリンク

NTTドコモ、SIMロック解除の条件緩和

2019/2/20より、NTTドコモはSIMロック解除の受付条件を緩和します。

ドコモからのお知らせ : SIMロック解除の受付条件を一部変更 | お知らせ | NTTドコモ
SIMロック解除の受付条件を一部変更いたします。

SIMロック解除が出来る携帯電話

新たに追加されたのは、以下の2パターン。

・知人・友人などから譲り受けた携帯電話機
・中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機

なお、自分で購入した端末に関しては、すでにSIMロック解除申し込みが可能です。

<SIMロック解除の条件>
・ネットワーク利用制限・おまかせロックなどの各種ロックがかかっていない
・購入日から100日以上経過している(一括購入は即日解除可能)

※購入日から100日以内に解約した場合、100日経過後であれば解約後でもSIMロック解除可能です。

SIMロック解除の手数料

SIMロック解除の手数料は以下の通り。

「ドコモオンライン手続き」→無料(dアカウントが必要)
「ドコモショップ」での手続き→3000円/台、一回の受付で1人2台まで。

ということで、ドコモ契約者であれば、オンラインで無料で手続きできます。

ドコモオンライン手続きから解除する方法

今回は妻の名義の回線で買ったAQUOS sense2を、私の回線でログインして手続きしてみます。

オンライン手続きでSIMロック解除コードを手に入れよう

My docomo>契約内容・手続きの一番下に「SIMロック解除」という手続きが用意されています。
こちらのリンクから直接手続きできます。

www.mydocomo.com

docomo IDでログインし、2段階認証を行いましょう。

ログイン完了したら、「SIMロック解除の手続き」が表示されます。

IMEI番号を入力しましょう。
AndroidもiPhoneも、電話アプリで「*#06#」をダイヤルすれば出てきます。

コレで表示された番号を入力しましょう。


あとは注意事項を読み「次へ」を押します。


手数料は無料です。よかったですね。


SIMロック解除コードが手に入りました。よかった!
※iPhone,iPadについては、SIMロック解除コードは発行されません。
 SIMカードを挿すとロック解除されます。

端末に他社のSIMを入れてSIMロック解除しよう

続いて、端末に他社のSIMを入れましょう。
今回は、サブで使っているY!mobileのSIMを入れてみます。
解約済のSIMでも問題ないはずです。

Androidの場合


SIMを挿すと一度再起動し、起動直後に「SIMロック解除コード」入力画面が現れます。
ここに先程の解除コードを入力すればOK。

ちょっと経つと、Y!mobileが無事認識されました。
発信も問題なくできます。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、SIMを挿すと「アクティベーション」が表示されます。
Apple IDとパスワードを入力する場合もありますが、連続でロック解除するときは2台目以降入力を促されません。

複数台連続でロック解除できる

とりあえず5台連続でロック解除してみていますが、問題なく解除コードが発行され、解除できます。

NTTドコモで白ロムのSIMロック解除解禁になったので,5台連続解除しましたができました。

台数制限本当にないのかな。https://t.co/dtNDBYqJHY pic.twitter.com/4pt6Pywk40

— MATTU@ラジオDJ/ペンガジェッター (@sunmattu) February 20, 2019

ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。

www.mydocomo.com

コメント