※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

完成度の高いHUAWEI P40 Pro、唯一の欠点はやはりGoogle Play非対応?アプリと上手に付き合う方法!!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

HUAWEI P40 ProはGoogle Playストアなど、Googleのサービスには対応していません。
ただ、工夫して使ってみると、なかなかに使いやすい印象があります。
またHUAWEI P40 Pro自体は完成度も高く、欠点が「Googleサービスが使えない」だともったいないですよね……。

今回は、HUAWEI P40 Proと上手に付き合うために、一番のキーポイントになる「アプリの管理」について、最適な方法をご紹介します。

HUAWEI様よりHUAWEI P40 Proをお借りしました。
なお、HUAWEI AppGalleryからインストールする方法以外はHUAWEIが推奨している方法ではありませんので、行う際は念のため自己責任でお願いいたします。

商品貸出:ファーウェイ・ジャパン

スポンサーリンク

HUAWEI P40 Proの完成度、非常に高い!


HUAWEI P40 Proは、過去のPシリーズと同様、カメラが非常にこだわりのあるスマホです。


昨年のHUAWEI P30 Proとほぼ同じ大きさですが、5Gに対応、カメラもパワーアップするなど、今回もパワーアップしています。


HUAWEI P40 Proは、画面内指紋認証に対応。
フロントカメラは、今回左上についております。フロントカメラは32MPと深度測定カメラがついています。

HUAWEI P40 Proのカメラ、味のある写真が撮れる!

HUAWEI P40 Proのカメラは
・標準カメラ 50MP
・超広角カメラ 40MP
・望遠カメラ 12MP(光学5倍)
・深度カメラ
の4つの構成となっています。


もちろん、LEICA対応。


LEICAを冠してしていることもあり、何気ない日常も味があるように撮影できます。


20倍にズームしても、レンガの細かさなどきれいに表現できている印象もあります。


室内での撮影、手前側に窓がある感じですが、きれいに撮れています。


超広角でもかなりきれいに撮れています。超広角ならではの視点が個人的には好きです。


食べ物は、前作のHUAWEI P30 Proと同様、結構黄色めに撮れる印象があります。


いろいろ撮ってみると、食べ物よりは風景など全体を撮るようなシーンのほうが映える印象がありますね。
食べ物はものによって黄色くなる場合もあれば、白っぽく撮れる場合もありました。


月ももちろん撮れます。
Galaxy Note20 Ultraでは黄色く撮れがちなのですが、HUAWEI P40 Proは白っぽく、肉眼でみる月に近い色で撮ることができます。

HUAWEI P40 Proのスペック、十分にサクサク動作が可能!

HUAWEI P40 Proのスペックは以下のとおり。

項目HUAWEI P40 Pro
サイズ72.6×158.2×8.95mm,209g
画面6.58インチOLED(2640×1200)
リフレッシュレート90Hz対応
CPUKirin990 5G SoCオクタコア
OSEMUI 10.1(Based on Android 10)
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)256GB
バッテリー4200mAh
超急速充電40W、ワイヤレス充電27W対応
防水防塵IP68
Dual SIM
外部ストレージNMカード利用可能(Dual SIMとは排他)
イヤホン端子
おサイフケータイ

Antutuベンチマークは467343でした。

同じ5Gに対応するSnapdragon 865対応端末は50万台中盤をマークしているので、それに比べると少し控えめな数値です。
ただ、かなり快適に利用できるので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

最高峰にヘビーなゲームをする方以外は、動作に関しては不自由なく使えるはずです。

HUAWEI P40 ProはGoogle系のサービスが使えない

しかし、HUAWEIのスマホで避けて通れないのが「Googleのサービスに非対応」という点です。

Google純正のアプリや、Googleアカウントにログインを必要とするアプリはほぼ使えない

普通のGoogle Playストアなど、Googleのサービスが使えるスマートフォンは、Google Play開発者サービス(GMS, Google Mobile Service)がインストールされています。
これが「Googleのライセンスを取得して、Googleが提供するサービスを利用できる」という印です。

HUAWEI P40 Proなどの最近のHUAWEI製端末は、制裁の影響でGMSを取得することができなくなってしまいました。

一応apkファイルを使ってGoogleが提供するアプリをインストールすることはできますが、アプリにGoogleアカウントでログインすることはできません。

例えばGmailなど、Googleのサービスを使うには、ブラウザから利用する必要があります。
ブラウザからの場合はアクセスできますよ!

HUAWEI AppGalleryが代わりではあるけれど

HUAWEIは、代わりにHUAWEI版のアプリストアである「HUAWEI AppGallery」をプリインストールしています。
(実は、もともと歴代の端末にもこの「AppGallery」はインストールされていました)

LINEなど、一部のアプリはAppGalleryにラインナップされています。
(LINEは初期設定の際にインストールするか選択できます)

しかし、多くのアプリは「利用不可」。
ほしいアプリがあっても、気軽にインストールできないのがデメリットです。