スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

auから久しぶりのガラホ「G’z One TYPE-XX」の詳細が明らかに!!G-SHOCKなケータイが蘇る!!

G'zOne TYPE-XX

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

auが、久しぶりのガラホ「G’z One TYPE-XX」を発表しました。

INFOBAR xv」(2018年11月)の発売から2年半。
耐衝撃性にも優れたケータイとしては、2017年2月のTORQUE X01以来となります。

待望の新商品が思わぬタイミングでリリースされることになります。

10キー付きのケータイを比較的発売しているauですが、至近はかんたんケータイ KYF41(2021年春)やGRATINA KYF39(2019年夏)にとどまり、個性的なケータイ(ガラホ)は発表されていませんでした。

製品コンセプトは「モータースポーツ」とのことで、非常に素敵な製品に仕上がっています。

発売は2021年12月10日。価格は52,800円となります。

[2021/12/18更新] G’z One TYPE-XX実機レビュー記事を公開しています。
レビュー動画も公開しています。

[2021/12/11更新] G’z One TYPE-XX にAndroidアプリ(apk)インストールできました!
下の記事で詳しく更新しています。

[2021/12/6更新] G’z One TYPE-XX の発売日と価格が発表されました。
12/10発売、 52,800円となります。
auケータイデビュー割3Gケータイとりかえ割の対象で、22,000円割引で 30,800円で購入可能。
対象のG’zOneシリーズから機種変更(購入)の場合52,800円割引で無料となります!

[2021/11/19更新] G’z One TYPE-XX の製品ページが更新されました!スペック詳細を更新しました。

契約種別G’zOne TYPE-XX 価格
MNP30,800円 (▲22,000)
【auケータイデビュー割】
新規52,800円
4Gからの機種変更41,800円 (▲11,000)
3Gからの機種変更30,800円 (▲22,000)
【3Gケータイとりかえ割】
※G’zOneシリーズからの機種変更は 無料 (▲52,800)

購入レビューはこちらで公開しています

スポンサーリンク

au、久しぶりのケータイ新製品「G’z One TYPE-XX」を発表!!G’z One 20周年のこだわりがすごい

auから、ケータイの新製品G’z One TYPE-XXが発表されました!

G’z Oneのケータイとしては2012年11月発売の「G’zOne TYPE-L CAL21」以来。久々の新商品となります。

G’z One TYPE-XXのカラーは、リキッドグリーンとソリッドブラックの2色。

G’zOne TYPE-XX リキッドグリーン
G’zOne TYPE-XX ソリッドブラック

G’zOne TYPE-XX、主な特徴とスペック【スペック表更新】

G’z One TYPE-XXの主な特徴は、今のところ小出しにされており、公開されているのは以下の3つ。

  • G’zOne20周年を記念して、カシオ計算機の歴代G’zOneデザインチームが商品デザインを担当。初代G’zOneをオマージュした円形の10キーや背面バックロックなどこだわりの新デザイン。
  • 防水・防塵など、アメリカ国防総省が制定したMIL規格19項目に準拠した耐久性能。さらに、高さ1.8mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させるメーカー独自の試験をクリア。
    (防水防塵(IP58)・防湿・塩水噴霧・耐振動・耐日射・耐衝撃・温度耐久・低音対応・耐氷結)
  • 4つのセンサーで天気や気圧、温度などを確認可能。簡易ライトやホイッスル音、FMラジオなど野外活動をサポートする機能が充実。

スペックが追加発表されていますので、スペック表を更新します。

項目G’zOne Type-XX
(2021/12発売)
TORQUE X01
(2017/2発売)
サイズ55x115x23.4mm
(最厚部26.0mm)
54x118x23.3mm
重さ約183g182g
CPUQM215 1.2GHz/4MSM8909/1.1GHzx4コア
(Snapdragon 210)
メモリ(RAM)2GB1GB
ストレージ(ROM)16GB8GB
画面サイズ3.4インチ3.4インチ
カメラ13MP(1,300万画素)13MP(1,300万画素)
バッテリー1,500mAh1,500mAh
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
FMラジオ×
おサイフケータイ×〇(ただしSuicaサービス終了)
赤外線通信×
USBType-CmicroUSB
Wi-Fiテザリング最大10台最大10台
BluetoothVer 4.2Ver 4.1
連続通話時間/連続待受時間610分/340時間540分/480時間
LTE最大通信速度下り150Mbps
上り 50Mbps
下り150Mbps
上り 25Mbps
+メッセージ×
簡易留守録
防水IP58IP68

G’zOneらしい、野外で活躍する機能が充実。FMラジオも聴けるとは嬉しいですね!

CPUはQM215。最近ではかんたんケータイKYF41にも搭載されている、ケータイ向けとしては最新のチップです。
スマホに比べると非力にも感じますが、まあケータイという用途で考えると十分でしょう。
TORQUE X01ではSnapdragon 210でしたから、新世代搭載、メモリ・ストレージも進化しています。

USB Type-C待望の搭載です!ケータイにUSB Type-Cはかなりうれしいですね!

端末の筐体サイズや重さ、バッテリー、画面などは、タフネスケータイとしては実質的に前作ともいえるTORQUE X01とも共通している部分があります。

ケータイの扱いなので、Androidは搭載されると思いますがGoogle Play Storeなどからアプリを入れることはできないと思われますが、持ち歩いて使いまくりたいです。

対応周波数帯は、
国内: LTE band 1/3/18 (au対応周波数帯のみ)
海外: LTE band 1/3/17, 3G band 1/5, GSM
となっています。基本的にauでの利用と考えましょう。

G’zOne Type-XXの端末デザイン公開!!10キーは丸いデザイン。大きめで押しやすそう!

G’zOne Type-XXのデザインがスペシャルサイトで公開されています。

表面

G’zOne Type-XXの表面

バンパーはヒンジ側に搭載され、このバンパーの左右にはストラップホールがあります。
また、センターには丸型のサブディスプレイが搭載されています。

背面・側面

G’zOne Tyep-XXの背面

背面には1300万画素のカメラが搭載。
背面デザインもG’zOneならではですね。

バッテリーは交換可能で、スクリューバッテリーロックが復活しています。
(スクリューバッテリーロックはTORQUE X01でも搭載されています)

なお、側面に関しては、サイドにボタンがあるのかはよくわかりません。
サブディスプレイの表示変更をしないといけないはずなので、おそらくあるのではないかと思うのですが……。

メインディスプレイ・キーボード面

メイン画面・テンキー

メイン画面・テンキー側はこのような形。
10キーのボタンは丸型ですが、結構押しやすそうな感じもします。
ボタンの周りに「あかさたな」や「ABC」などの印字もあります。結構素敵なデザインですね。

ボタンは凸型の形状となっています。
軍手・グローブしたままでも容易に動作可能とのこと。

カスタマイズキーはF1・F2の2つのみとなっているようです。
TORQUE X01はファンクションキーは3つでしたが一つ減っています。
また、ポインター切替ボタンは「#」ボタンに割り当てられているようです。

ソリッドブラックのキーボード面については、G’z One TYPE-XX予約申し込みの画面で、(予約開始直後のみ)10キー付きのデザインがうっすら確認できました。

リキッドグリーンの10キー
ソリッドブラックの10キー

メイン画面・サブ画面の表示

メイン画面やサブ画面の表示は、歴代のG’zOneにも近いですが、TORQUE X01のデザインに非常によく似ているように思えます。

とはいえ、カシオペンギン(カシペン)もところどころにいるというのがめっちゃいいですね!

個人的には結構気に入っているデザインなので、使えるのが楽しみですね!

アウトドアシーンで本領発揮する、4つの搭載センサーと8つのアプリ機能

4つのセンサー(加速度・地磁気・気圧・温度)を搭載しており、天気や気圧の予想、温度など確認できます。

また、圏内・圏外の通知機能や読み上げ通知・簡易ライトなど、過酷な自然環境でのアクティブをサポートしてくれます。

G’zOne TYPE-XXにぴったりのアクセサリー!!卓上ホルダやケースも!

G’zOne TYPE-XXの純正アクセサリも発表されています。

卓上ホルダはUSBカバーを開けず、本体を挿すだけで充電ができるツールです。

卓上ホルダ
2WAYストラップ&マルチケース

2WAYストラップ&マルチケースは、カラビナとロングの2種類のストラップセットです。
下で紹介する変換ケーブルや予備電池が収納できる、専用ポーチがついています。

予備の電池パック
3.5mm⇔USB Type-Cの変換ケーブル

予備の電池パックや、FMラジオを聴く際に便利な3.5mmオーディオケーブルへの変換ケーブルも発売されます。

12月15日より発売開始。価格まとめ

G’z One TYPE-XXの予約は8月3日の午前10時より開始されます。12月15日より発売。

同時にGRATINA KYF42も発売されます。こちらについては、8月13日より発売します(8/3より予約開始)

特にG’z One TYPE-XXは、早く予約しないといけないですね!

購入レビューはこちらで公開しています

契約種別G’zOne TYPE-XX 価格
MNP30,800円 (▲22,000)
【auケータイデビュー割】
新規52,800円
4Gからの機種変更41,800円 (▲11,000)
3Gからの機種変更30,800円 (▲22,000)
【3Gケータイとりかえ割】
※G’zOneシリーズからの機種変更は 無料 (▲52,800)

G’zOne TYPE-XXのカスタマイズは?

apkインストールやGoogle連絡先のアカウントの同期など、多くはTORQUE X01で使えたノウハウをそのまま使えます。

手法の一部をまとめておきますが、実際に使っている様子は別途レビューしています

G’zOne TYPE-XXはAndroid 10搭載

Android 10に対応

G’zOne TYPE-XXはAndroid 10に対応しています。
G’z One TYPE-XX 購入後、apkインストールできることは確認しました!

apkインストール

apkインストールはPCでインストールする方法であればうまくいきます。

Googleカレンダー・連絡先と同期

G’zOne TYPE-XXはデフォルト状態ではGoogle連絡先やカレンダーと同期できないのですが…
OpenSyncを使う方法で、同期できます。

※下記の記事では「BlackBerry Hub+」を使っていたのですが、うまくできなかったので「OpenSync」のアプリを使って同期しました。やり方は大体同じです。

どこまで同期できるの?というご質問があったので、それに答えた記事。

Google PlayストアアプリやGoogleの認証アプリを入れる

「Google Play開発者サービス」の必要なアプリを入れる方法です。