スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

ドコモの5GモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52B」を開封レビュー!「ルーター付けっぱなし運用」の仕方とメリット

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ドコモの5GモバイルWi-Fiルーターとしては2機種目になる「Wi-Fi STATION SH-52B」がついに発売されました。

今回の Wi-Fi STATION SH-52B は、前作のSH-52Aと比べると小さくコンパクトにまとまっております。
ミリ波非対応とはなっていますが、ミリ波のエリアもあまりないので、コンパクトさや発熱・価格などを考慮すればいいバランスだと思います。

今回は、 Wi-Fi STATION SH-52B を開封レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

Wi-Fi STATION SH-52Bを開封!

Wi-Fi STATION SH-52B を開封していきます。

箱も本体もコンパクト!

Wi-Fi STATION SH-52B 、箱は非常にコンパクト。

今回の Wi-Fi STATION SH-52B 、有線LANはクレードル側についています。
別売りなので、クレードルも購入しました。

中身は本体と保証書のみ。
なんと、外箱は本体とぴったり同じ大きさになるようになっています。

SHARPのSIMピン、初めて見たような気がします。非常にシンプルですね。

保証書には「ahamoプラン」の表示も見えます。
ルーターでもahamoで運用する方がいる、という前提で発売されているんですね!

本体下部(USB Type-C)
本体上部(電源ボタン・SIMスロット)

本体下部にはUSB Type-Cが、本体上部には電源ボタンとSIMスロットがあります。

HW-01Lと大きさを比較すると…

私が以前使っていたルーターが、HW-01Lでした。
大きさを比較してみると、 Wi-Fi STATION SH-52B のほうが少しコンパクトな印象がありますね。
厚みは Wi-Fi STATION SH-52B のほうがありますが、ルーターを手で持ち歩く方はあまりいないと思うので、問題ないでしょう。

Wi-Fi 2.4GHz→5GHzへの切替は、電波干渉のチェックが必要

Wi-Fi STATION SH-52B は、Wi-Fi 6の2.4GHz・5GHz両方に対応していますが、ほかのモバイルWi-Fiルーターと同様、切り替え時に電波干渉チェック(60秒間)が入ります。

電波干渉チェックの表示が入る前に、10秒ぐらい待機している時間があったので、表示されず干渉チェックするのかな?と思ったのですが、この表示に切り替わり60秒のチェックに入りました。

切替の場合は時間に余裕をもった状態をお勧めします。

その他の機能は動画でも解説しています。

Battery Careモードは、充電の上限を90%に制限し、90%で充電をストップします。
85%になったら、再度充電を開始する仕組みです。

Wi-Fiスリープ設定には、5分・10分・15分の設定と、「電池残量に連動」というモードがあります。
ONにすると、電池残量が30%未満になるまでスリープに入らないモードです。

「ルーター付けっぱなし運用」したい方にはおススメですね!

なお、SSIDの名前の変更など、一部の設定はWi-Fiルーターの画面では変更できません。
変更する方は、「http://web.setting」または「192.168.128.1」に接続して変更してください。
パスワードは、初期状態ではIMEIの下6桁に設定されています。

クレードルは別売り

有線LANを利用したい方や、充電ドックが欲しい、という方は、クレードル SH02を使うことになります。
クレードルの背面に、有線LANとUSBポートがついております。

なお、クレードル SH02については、別売りとなっています。
ドコモオンラインショップにて、税込4,510円で発売されています(品薄気味ですのでご注意を)

Wi-Fi STATION SH-52Bのスペック

Wi-Fi STATION SH-52B のスペックは以下の通り。

Wi-Fi STATION SH-52Bのスペック

項目【本機種】
Wi-Fi STATION
SH-52B
[5G Sub6対応]
Wi-Fi STATION
SH-52A
[5Gミリ波対応]
Wi-Fi STATION
HW-01L
[4G対応]
下り最大速度
[受信時]
5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps

4G:1,288Mbps
上り最大速度
[送信時]
5G:218Mbps
4G:131.3Mbps
5G:480Mbps
4G:131.3Mbps

4G:131.3Mbps
無線LAN規格Wi-Fi 6対応
(2.4GHz/5GHz)
最大1,201Mbps
Wi-Fi 6対応
(2.4GHz/5GHz)
最大1,201Mbps
Wi-Fi 5対応
(2.4GHz/5GHz)
最大867Mbps
有線LANクレードル対応
最大1Gbps
本体端子あり
最大2.5Gbps
クレードル対応
最大1Gbps
バッテリー4000mAh4000mAh3000mAh
同時接続台数17台
(Wi-Fi 16台+
有線 or USB)
18台
(Wi-Fi 16台+
有線 + USB)
17台
(Wi-Fi 16台
+ USB)
連続通信時間5G:440分
4G:430分
5G:290分
4G:280分

4G:6時間
LTE連続待受時間
(静止時[自動])
1290時間200時間980時間

Wi-Fi STATION SH-52B は、SH-52Aと同じバッテリー容量ではありますが、連続通信時間やLTE連続待受時間は向上しております。

とくにSH-52Aは、発熱周りでいろいろ大変だったと思いますが、SH-52Bは省電力化で発熱や挙動も改善していることに期待したいです。

Wi-Fi STATION SH-52Bの対応周波数帯(バンド)

Wi-Fi STATION SH-52B の対応周波数帯は以下の通りです。

ドコモの周波数帯に最適化されており、5G・4Gのドコモ提供バンドはカバーされています。
auやソフトバンクのプラチナバンドには対応しておらず、他社で使うのは現実的ではありません。

また、3Gは国内では使えません。
W-CDMAはBand 1・5に対応していますが、海外のみで利用可能です。

ちなみに、HW-01LのLTE周波数帯はSH-52Bと同一です。
SH-52Aは、他社でも販売されていることもあり、LTE周波数帯はBand 8/11/18/26、5G周波数帯はn77/n257にも対応しています。

Wi-Fi STATION SH-52Bで速度を測定してみた!

開封レビューということなので、 Wi-Fi STATION SH-52B で簡単に速度を測定してみました。

下の動画を再生で、5Gエリアでの速度測定シーンからご覧できます。

4G+エリアの自宅で測定すると以下の通り。

4Gエリア測定Wi-Fi STATION SH-52B
+Galaxy S21 Ultra(Wi-Fi)
Xperia 1 III SO-51B
4G1回目下り60.7Mbps/上り12.7Mbps下り48.7Mbps/上り5.35Mbps
4G2回目下り53.6Mbps/上り20.9Mbps下り80.1Mbps/上り6.01Mbps

5Gエリア(外出先)での測定は以下の通り。
Xperia 1 IIIで測定したかったんですが、本体温度上昇でうまく測れず…Xperia PROで測定しています。

5Gエリア測定Wi-Fi STATION SH-52B
+Galaxy S21 Ultra(Wi-Fi)
Xperia PRO XQ-AQ52
(国内SIMフリー版)
5G1回目下り650Mbps/上り31.9Mbps下り644Mbps/上り16.5Mbps
5G2回目下り418Mbps/上り30.0Mbps下り386Mbps/上り27.2Mbps

Xperia PROはXperia 1 IIIにくらべ、上りの速度は特に安定して出やすいです。
Xperia PRO自体が5Gの通信をチューニングされており、速度が出やすい傾向にあります。

Wi-Fi STATION SH-52B では、そのXperia PROと同等か、それよりも上り速度が出やすい傾向にあると思います。

上り速度をある程度重視したい方は、ルーター運用がおススメです。

スマホ・PC複数台持ちにおすすめな「ルーター付けっぱなし運用」、ひらくPCリュックとの組み合わせがめっちゃ便利!

個人的におススメしたいのが、「ルーター付けっぱなし運用」です。
スマホやPC・iPadなどを複数台持つことが多い方であれば、SIMの運用に悩んだこともあるかと思います。
モバイルWi-Fiルーターを付けっぱなしにしておいて、それをスマホやPCと持ち歩けば、いちいち接続するような手間もなく使い続けることができます。

この運用にさらにおススメなのが、「 ひらくPCリュック 」と「Anker PowerCore Fusion 10000」です。

ひらくPCリュックは、前面のポケットがメッシュ形状になっています。
また、このポケットからリュック内側に、ケーブルを通す穴が開いています。

前面ポケットに Wi-Fi STATION SH-52B を入れておき、後ろのリュックの荷物のところにAnker PowerCore Fusion 10000を忍ばせておきます。
家に帰ったら、 ひらくPCリュック をコンセントの近くに置き、PowerCore Fusion 10000をコンセントに挿すだけで、モバイルバッテリーにも、 Wi-Fi STATION SH-52B にも充電することができるので、非常に便利に使えます。

私はこの運用を始めて2年弱になりますが、非常に便利に使えています。
ルーター付けっぱなし運用をすると、ルーターの利用が苦でなくなるので、ぜひおすすめです。

ぜひ、特にスマホ・PC複数使いの方や、上り速度を重視したい方は、 Wi-Fi STATION SH-52B を使ってみてくださいね!

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥29,550(2021/09/18 14:45:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメント