スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

無料維持も可能な「povo2.0」がすごい!柔軟に電話メイン運用も、最安25GB換算で1,967円運用も可能!!安さを追求するならpovoが一番かも

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

povoが新サービス「 povo2.0 」(ポヴォ2.0)に進化します!

月ベースプランは無料(0円)で、通話(発信は別途課金)・128kbpsのデータ通信が使えます。
データ通信は、7日間使える1GB、30日間使える3GB・20GB、さらに長期間使える60GB・150GBから、好きなトッピングを選べます。

povoで長期間使うという見込みがあれば、例えば150GBを選べば、毎月等分割で25GB/月で1,967円で利用可能な計算になります。

トッピングを使い切っても、またトッピングを追加購入すればいいのでラクラクですね!
非常に便利に使えそうですね。

データ通信は要らない、通話だけで十分!という方は、通話トッピングの「通話かけ放題」「5分以内かけ放題」だけをつけることも可能。

povo2.0 はかなり安く抑えながら、柔軟に運用できるのは非常に大きいですね!

スポンサーリンク

povo2.0は0円から維持可能、ユーザーの利用シーンに応じて柔軟に運用できる!

povo2.0 (ポヴォ2.0)は、2021年9月下旬から開始されるオンライン専用の新サービスです。
今までの「povo1.0」は20GBの1プランでしたが、あまりデータを使わないけど安く抑えたい…という方には少し割高でした。

povo2.0 では、ベースプランは月0円。無料で維持可能。
ベースプランのみでも、通話は待受け専用に、データ通信は128kbpsで利用する、というのであれば維持可能です。
※180日以上有料課金しないと、事前に通知の上解約となる場合があります。

さらに、通話をたくさんするなら「通話かけ放題」などの通話トッピング、データ通信も利用シーンに応じてデータトッピングを申し込むことで、快適に利用できますね!

povo2.0をわかりやすくまとめると…

povo2.0 は、月0円維持が可能です。
通話トッピングとして、「5分以内かけ放題」(550円)、「通話かけ放題」(1,650円)を追加可能。
データトッピングとして、7日間使える1GB(390円)、30日間使える3GB(990円)・20GB(2,700円)、90日間使える60GB(6,490円)、180日間使える150GB(11,800円)を追加可能です。

大容量のトッピングは、有効期間を1か月ごとに割れば、60GBトッピングは2,163円/月(月20GB)、150GBトッピングは1,967円/月(月25GB)で利用可能です。

データトッピングを追加しない場合も、128kbpsで使えるのは便利でしょう。

ただし、有料課金せず180日を超えると、事前に通知の上解約となる場合がります。
また、povo1.0の際には対象となっていた「家族割プラスの回線カウント」については、対象外になります。

事前エントリーで追加ボーナスがもらえる「povo2.0 デビューキャンペーン」

事前エントリーの上、対象のデータトッピングを購入すると、最大20GBのデータをプレゼントされる「 povo2.0 デビューキャンペーン」も開催されます。

最初に購入したデータトッピングデータボーナス (利用期間)
データ追加1GB (7日間)300MB (3日間)
データ追加3GB (30日間)1GB (7日間)
データ追加20GB (30日間)10GB (15日間)
データ追加60GB (90日間)20GB (30日間)
データ追加150GB (180日間)

事前エントリーが必要です。
エントリーは povo公式サイト から。

通話メインで安く使うことも、自分の利用シーンに合わせてデータ通信を使うことも可能!

povo2.0 は、トッピングを柔軟に選べるので、例えば通話メインで安く使うこともできます。
通話だけ使いたい!という人もいると思いますが、なかなか現在のキャリアのプランでは安く使うことはできませんでした。
povo2.0 はそのような通話メインのユーザーにとっても革新的ですね。

データトッピングも柔軟に選べるので、リモートワークや引っ越しで急に働き方が変わる…なんてときにも、気軽にトッピングを変更して調整することができます。

povo2.0は、楽天モバイルやLINEMOをかなり意識しつつも、さらにオリジナリティのあるプランに仕上がっていると思います。
ぜひ、気になる方はpovo公式サイトからチェックしてみてくださいね!

コメント