※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

【4/20発売】Galaxy S23 Ultra、今回は国内版を待ったほうが絶対よい3つの理由。国内版の発表・発売はいつ⁉

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S23シリーズがついに国内発表されました。
Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyの搭載や、Galaxy S23 Ultraは広角カメラが2億画素(200MP)が搭載されたりと、注目すべき点は多いですよね!

例年より増して海外版は発売が早く、早く使いたい気持ちもわかります。

ただ、今回Galaxy S23シリーズを選ぶ方は、国内版をおすすめしたいのです。

動画でも解説しています。

[2023/4/8 11:00更新]ドコモオンラインショップ限定のGalaxy S23 Ultra 512GBモデルは、初期の予約上限数に達したため予約受付を一時停止していましたが、2023年4月8日(土曜)10時より予約受付を再開しています。

「本商品は、規定数量に到達次第、予告なく予約を停止する場合がございます。」と記載があるため、気になる方はお早めに予約してみてくださいね!!

[2023/4/7更新]Amazonなどで純正ケース・フィルムも発売開始されています。
別途記事にてまとめました。

[2023/4/6更新]Galaxy S23・Galaxy S23 Ultraの国内版が公式に発表されました!4月20日に発売となります。
ついに完全版Galaxyが手に入ると、非常に楽しみ!!

当記事でも更新していますが、詳細は「【歓喜】Galaxy S23 Ultra・Galaxy S23、国内発表!Dual SIM・他社プラチナバンド対応の「完全版」で国内発売!」で解説しています。

[2023/3/23更新]大阪にGalaxy Studio Osakaが期間限定で、また東京・名古屋・関西・福岡各エリアにGalaxy Pop-up Studioが開設されることが発表されています。
国内発表日の4/6から。

スポンサーリンク

Galaxy S23シリーズ、4月6日に国内発表!

2023/3/20(月)、Galaxy Harajuku公式LINEにて、Galaxy S23シリーズとみられる新製品発表会の告知が配信されました。

配信された公式LINEのメッセージ

4月6日にSamsung新製品発表会が開催されます。
今回の発表はGalaxy S23シリーズの国内版が発表されています。

発表イベントは、4月6日の朝10時から行われています。

Galaxy S23シリーズには国内版を推したい、3つの理由

私MATTUも、今までGalaxy Note 8以降のGalaxyハイエンドスマホでは、発売タイミングや仕様の兼ね合いから、海外版を個人的に輸入して使う、という機会が圧倒的に多かったのです。

ただ、今回Galaxy S23やGalaxy S23 Ultraでは、国内版を推したいです。

それには、3つの理由があります。

国内版では、他社プラチナバンドも含めて、ついに国内で利用できるほぼすべてのバンドに対応

Galaxy S23シリーズでは、フラッグシップのGalaxy Sシリーズとして初めて「バンド縛り」がなくなり、他社バンドに対応されました。

今までのGalaxy国内版は、自キャリア以外の周波数帯は非対応である「バンド縛り」が普通だった

2022年春発売のGalaxy S22シリーズは、ドコモ・auから発売されたのですが、それぞれ自社が提供する周波数帯でのみの対応となっています。

キャリアから発売される歴代のAndroidスマートフォンは、いつもこの仕様でした。
購入したスマホはそのまま、回線だけキャリアを変更すると、とくに都会のビル影や田舎など電波の届きにくいエリアにも強いプラチナバンドで使えなくなってしまうのがデメリットでした。

この、自社バンドにしか対応しないのを巷では「バンド縛り」と呼ばれています。

海外版であれば、ドコモ・auの両方に対応するエディションが多く存在しています(ミリ波は非対応ですが)。

海外版はおサイフケータイ(FeliCa)には対応していないものの、Dual SIM仕様もあわせて海外版のほうが回線の自由度としては高い、という状況でした。

Galaxy S22発売前後に、「バンド縛り」に関する総務省の議論が活発に

Galaxy S22が国内発売された2022年4月前後に、総務省による「バンド縛り」の議論が活発化します。

スマホの「対応バンド問題」で問われる総務省の覚悟 端末のコスト増は綿密に検証すべき
「対応バンド問題」が、総務省の有識者会議で議論されている。同じ名称の端末でも納入先のキャリアごとによって対応している周波数帯が異なり、消費者の不利益になっているのではないかが論点だ。一方で、キャリアはあくまで自社周波数への対応を求めているだけで、他社の周波数への対応の可否は関与していないと証言している。

巷では、バンド縛りに対する批判は数年前から行われていましたが、総務省で議題に上がったのが2022年3月頃。
Galaxy S22シリーズが発表された2022年4月8日前後にはまだ結論は出ていなかったのですが、その後5月に発表・発売されたXperia 1 IVやAQUOS R7では、バンド縛りが解消されつつあります。