MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント

Galaxy S22 Ultra(2022)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。
日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!

私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外版(香港版)を1か月程度使ってきました。
個人的には、購入前の予想以上に気に入って使っております。

今回は、Galaxy S22 Ultraを実際に使って感じた、3つの感動ポイントをご紹介していきたいと思います。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
価格未定 4/21発売
SCG13
125,030円 4/21発売
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
価格未定 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

スポンサーリンク

Galaxy S22 Ultraのワインレッドな「バーガンディ」がかっこよすぎる

1つ目のポイントは、なんといってもGalaxy S22 Ultraのボディにあります。

バーガンディの色気がすごい

今回のGalaxy S22 Ultraは、海外向けにはバーガンディ・グリーン・ファントムホワイト・ファントムブラックの4色がリリースされています。

私は、迷いましたがバーガンディを選択。

一足先に購入した、Galaxy S22 Ultra バーガンディ

このシックなワインレッド、たまりませんよね。
Galaxy Note20 Ultraでは「ミスティックブロンズ」というカラーがありましたが、それより暗い、だけど大人な赤。

Galaxy S22 Ultra バーガンディ(左)とGalaxy Note20 Ultra ミスティックブロンズ(右)

Galaxy S21 Ultraは赤系のカラーが出ておらず、今回のカラーはかなりしびれます。
Sシリーズとしては初のSペン内蔵モデルということもあり、本体の形状は歴代のNoteシリーズと同様の「Galaxy Note型」の角ばったデザインとなりました。

カメラ部の造形美。主張しすぎないシンプルさがいい

Galaxy S22 Ultraのカメラ部分は、レンズのみ。

今までのGalaxy Sシリーズは、他眼構成ではレ背面のカメラ部はレンズのみが少し出っ張っていますが、本体からの出っ張りは抑えられスマートになりました。
Galaxy Sシリーズが複眼になってからは、カメラ部分は一体の「島」を構成するデザインをしていましたが、レンズごとに独立するようなデザインをとっています。

Galaxy S22 Ultra(左)とGalaxy S21 Ultra(右)

Galaxy S21 Ultraとは、レンズの配置自体はほぼ同じですが、こう見るとだいぶ印象が異なります。
「カメラだぞ!」と主張しすぎない、出っ張らないデザインがまたいい感じですね。

Galaxy Note20 Ultra(手前)とGalaxy S22 Ultra(奥)のカメラユニットのデザイン違い

最後のNoteシリーズであった「Galaxy Note20 Ultra」も、カメラ部分はかなり主張するスタイルでした。
本体自体は同じフォルムですが、Galaxy S22 Ultraのほうがシンプルな分、だいぶスリムに魅力的にも感じます。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

念願の「Sペン内蔵」!!Galaxy S22 Ultraは、1年半ぶりのSペン内蔵でメモも快適に!

今回のGalaxy S22 Ultraは、Sペンが内蔵されます!
ペンの内蔵場所は画面を正面に見て左端。位置としては、Galaxy Note20 Ultraと同様です。

やはり、Sペンは内蔵されてこそ活きる!

Galaxy Sシリーズは今までSペンが搭載されず、Galaxy S21 Ultraで初めてSペンに対応しました。
しかし、Galaxy S21 Ultraはご存じの通りSペンを内蔵できず、Sペンは別途ケースなどをつかって持ち歩く必要がありました。

Galaxy S22 Ultraは、Sシリーズ初の「Sペン内蔵」!!

Sペンで長時間書くとなれば、やはり太いペンのほうがいいものです。
しかし、緊急用の内蔵Sペンはやはり必要だと、この1年Galaxyデバイスを使い続けて感じていました。
これを気づかせてくれたGalaxy S21 Ultraには感謝しかないです。

書き心地、なめらかすぎるし、手首に負担がかからない最高のペンデバイス

この内蔵Sペン、形状は以前のNoteシリーズと同様ですが、非常に書き心地は快適です。

また、Galaxy S22 UltraのSペンのレイテンシー(遅延時間)は2.8ミリ秒。
Galaxy Note20 Ultraの9ミリ秒の、約3分の1というかなりのレスポンスの向上となっています。
動画でも解説しております(下の動画再生で、書き心地の解説の箇所から開きます)

書き心地がいいのはレイテンシーだけではありません。
Apple PencilやSurface Slim Pen 2などの硬いペン先とは異なり、Sペンのペン先は適度に柔らかいです。

筆記時の筆跡の音はほとんど聞こえません。
つまり、端末へのSペンの衝撃があまり強くなく、Sペンを通じて手首に負担がかかりにくいです。
GalaxyのSペンは、たくさん書いても手首に負担がかかりにくく、長時間の筆記・メモでも耐えられます。
(下の動画を再生で、筆跡の音を比較している個所から再生します(Surface, Galaxy Z Fold3, Galaxy S22 Ultraで比較しています))

Galaxy S22 UltraをはじめSペンデバイスを使う、最大のメリットといってもいいでしょう。

メモができる「Galaxy Notes」や画面オフメモ、Sペンジェスチャー・リモコン機能など、機能はいっぱい!

Galaxy S22 Ultraに内蔵されているSペンを使って、メモアプリ「Galaxy Notes」やOneNoteなどでメモを書くことができます。

Galaxy Notesにメモを書いている様子。録音しながら筆跡ごと記録出来たり、メモのテキスト化できたりと高機能

メモ機能自体は、Sペンに充電など必要なく、ペンを近づけるだけでメモができます。
充電いらずでこの書き心地はホントにすごいです。
また、Galaxy Notesアプリでのメモは、Windows PCやGalaxy Tab S8などのタブレットでもシームレスに連携・編集できます。

メモはGalaxy Notesアプリだと、Windowsなどでも同期できる!

端末内蔵SペンはBluetooth・バッテリー内蔵されており、Sペンを魔法の杖のようにリモコン・ジェスチャー動作させることができます。
カメラのシャッターやズーム、モード切替など、様々な機能が使えます。

下の記事にて詳細レビューしております。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

望遠ズーム・動画手振れ補正が最強すぎる!「撮影していて楽しいカメラ」

Galaxy S22 Ultraを使っていてもう一つの最強ポイントは、やはりカメラにあるでしょう。

なによりも望遠は強い

Galaxy S22 Ultra 1倍
Galaxy S22 Ultra 3倍
Galaxy S22 Ultra 10倍
Galaxy S22 Ultra 30倍

3倍と10倍の2つの望遠レンズがついており、10倍ズームでも鮮明に、30倍程度までは実用的に使えます。
最大で100倍ズームまで拡大できるのはすごいですね。

Galaxy S22 Ultra 100倍

手振れ耐性がかなり強い!ズーム時でもアクションカメラを超えるブレ機能!

さらに、望遠状態でも手振れ補正がすごいです。
(下の再生ボタンタップで、最も揺れの多い飛行機の離陸滑走~空撮の場面から再生します)

離陸滑走は特に揺れが激しい場面ですが、ここまで滑らかに撮影できます。
離陸後の空撮でも、レインボーブリッジや東京スカイツリーなど、10倍レンズがあるからこその高画質な撮影を楽しめます。

画面も明るく、とにかく「撮っていて楽しい」

撮影する際には必ずスマホ画面を見ながら、構図などを決めてシャッターを押しますよね。
特に外での撮影は、直射日光のもとでは画面が見えにくいということも多いです。

Galaxy S22 Ultraは、画面の最大輝度は1750nitsと最高級の明るさ。
また、作例を見ていただくとわかりますが、写真・動画ともに明るく表現されることが多く、撮っている瞬間は特に楽しいです。

ぜひ、Galaxy S22 Ultraを使って撮影してみて頂きたいです!

Galaxy S22 Ultraでの写真作例は、別途レビュー記事にてGalaxy S21 Ultra・iPhone 13 Pro・Xperia PRO-I・Xperia 1 IIIと比較しております。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Galaxy S22 Ultraは、「カメラ」「Sペン」2つの機能が突出した、最高峰のスマホ

今回のGalaxy S22 Ultraは、やはり一番のポイントは「Sペンが内蔵」されている、ということでしょう。
「Sペン」という魔法の杖がスマホに内蔵されているからこそ、GalaxyスマートフォンとSペンの組合せで、用途がかなり広がります。

カメラのスペック自体はGalaxy S21 Ultraとあまり変わらない(シーンによってはより明るくきれいに撮れる場面はあり)のですが、やはりこの魔法の杖である「Sペン」がしっかりと内蔵されている、というのがカギでしょう。

思い立った時に、すぐペンを取り出し、書ける。
正直最強です。

Galaxy Noteシリーズを使っていてカメラをグレードアップしたい、という方も。
Galaxy Sシリーズを使っていてSペンとのコラボ・連携を味わってみたい、という方も。

ぜひ、一度使ってみて頂きたいです。
このカメラとSペンの組合せが、世界を変えます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
価格未定 4/21発売
SCG13
125,030円 4/21発売
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
価格未定 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...
手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】
Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。ただ、このメモ機能がGalaxy S22 ...
Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...