MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…

Galaxy Note20 Ultra

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。
Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽アプリがジェスチャー操作の対象でしたが、Galaxy Note20 Ultraでは「戻る」「ホーム」などの基本操作がどのアプリでも利用できるようになりました。

今回は、パワーアップしたSペンジェスチャーの使い方や、使ってみて感じたことをレビューしてみます。

スポンサーリンク

Galaxy Note20 Ultraから、どのアプリでも使える「どこでもアクション」が登場

Galaxy Note20 UltraのSペンにはBluetooth機能がついています。
ペンでメモを書くなどの操作はBluetoothがなくても普通に使えるのですが、Sペンを使ったリモコン操作・ジェスチャー操作でアプリを操作する場合は、Bluetoothを使って操作することができます。

ペアリングはペンを本体に挿入すれば行えます。

今回、どのアプリでも使える「どこでもアクション」という動作が登場しました。

動作の一覧や設定は、ステータスバー>「Sペンエアアクション」のボタンを長押しすれば表示されます。

一応、GIF動画で動作の映像を貼っています。
(若干重いかもしれません。ご了承ください)

左にフリックして戻す:「戻る」

ボタンを押しながら左にフリックし、戻します。
初期設定ではナビゲーションバーなどの「戻る」に割り当てられています。

上にフリックして戻す:「ホーム」

ボタンを押しながら左にフリックし、戻します。
初期設定ではナビゲーションバーなどの「ホーム」に割り当てられています。

右にフリックして戻す:「履歴」

ボタンを押しながら右にフリックし、戻します。
初期設定ではナビゲーションバーなどの「履歴」に割り当てられています。

下にフリックして戻す:「スマート選択」

ボタンを押しながら右にフリックし、戻します。
初期設定では「スマート選択」という、キャプチャの領域をペンなどで指定したり、指定後にペンに手書きしたり、できるような機能に割り当てられています。

ペンをシェイク:「キャプチャ手書き」

ボタンを押しながらペンをシェイクします。
初期設定では「キャプチャ手書き」という、画面全体をスクリーンショットしたものに手書きできる機能に割り当てられています。

それぞれの動作は設定変更可能

個人的には、「キャプチャー手書き」は非常に使いやすいと思います。
一方で、戻す・ホーム・履歴は特に、ペンでタップすれば使えるので、そこまで重要なものではないような気もします。

この動作よりほかに割り当てたい動作があれば、設定変更が可能です。


先ほどの「Sペンエアアクション」の「どこでもアクション」から、動作を選択すると、上のように長いスクロールで表示されるので、一つ選択しましょう。

個人的には、「翻訳」「OneNote」あたりはおすすめです。
ワンジェスチャーでアプリが起動できるのは非常にありがたいと思います。

※Sペンのボタン長押しもアプリ割り当て可能です。
初期状態はカメラに割り当てられています。

アプリごとの操作には、OneNoteが追加!!

アプリごとの操作をまとめてみましょう。
アプリごとにそれぞれ機能を割り当てて利用することができます。

この機能は、Galaxy Note10+から搭載されています。

【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

OneNoteでも利用可能になって、OneNoteユーザーはかなり便利に!!

まずは、ペンアプリ・Office系のアプリのショートカットです。

スマホ発売時点での進化として、OneNoteが新しく対応となっています。
(OneNoteアプリが改良されたためでしょうか。Galaxy Note10+でも発売時は対応していませんでしたが、現在は利用可能です)

なんと、純正のGalaxy Notes(海外版はSamsung Notes)に比べてもジェスチャーは充実の対応となっていますね…すごい。

Officeアプリも対応していますが、実質PowerPointのスライド移動利用ということになっていますね。
Office = PowerPointと考えていいでしょう。

カメラ系・ギャラリー系アプリ

続いては、こちらもそこそこ使うカメラ系アプリ。

カメラも、実はそこまで使わないんですが、集合写真を撮るときは重宝しますね。

ギャラリーも、たとえばテレビやスクリーンに映す用途で使う場合に使えます。
Galaxy DeXでも問題なく使用可能です。

【ワイヤレスDeX】Galaxy Note20 UltraのPCモードはケーブル要らず!?無線接続でどこまでできる?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GalaxyシリーズやHUAWEIなどの一部のスマホでは、「PCモード」が搭載されています。今までは、HDMIケーブルなどでディスプレイやPCに接続することで、PCの見た目で大画面で...

カメラ系のアプリとしては、そのほかに「デコピク」「AR絵文字」「AR手書き」でも利用可能。

ジェスチャー動作自体は純正カメラアプリよりは少ないですが……。

ブラウザアプリなど

その他の、ブラウザなど。

Chromeもサムスン純正ブラウザに比べジェスチャー割り当てられます。
(ジェスチャーのところにはスクロールを割り当てることが可能)

ボイスレコーダーや時計も、簡単に録音やストップウォッチが使えるのは大きいですね。

カメラ系・メディア系アプリの共通操作

カメラのシャッターや、音楽・動画系アプリの再生・音量などの操作も、共通操作として利用可能です。

一番「Sペンエアアクション(Sペンジェスチャー)」を使うのは、「ペンアプリ」だと思う

Sペンジェスチャーを使うのが最もはかどるのは、Galaxy NotesとMicrosoft OneNotesの2つだと思います。
Sペンを握っている状態を作れるのはメモアプリですから。

使ってみると、結構相性いいです。
ただ、「どこでもアクション」(全アプリ共通動作)の上下へ動かすアプリはOFFにしておいた方が誤動作が少ない気がしました。

ペンアプリの次に、「ペンを出してまでリモコンとして使いたい」というのは「カメラ」でしょう。
シャッターを押せるのはやはり大きいです。
しかし、1年使ってきて、レビュー以外でペンを出してシャッターを押したのは、集合写真を撮るときぐらいでした。

写真を撮るとき、案外「ペンを出す」ということを忘れていることも多いのかなぁとも思います。

ぜひ、まずはSペンジェスチャーを使えるアプリを覚えておいて、いざというときに使えるようにしておくことがいいのかもしれません。
覚えてないと使えないですからね……。

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...
手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】
Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。ただ、このメモ機能がGalaxy S22 ...
Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ