スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?

Galaxy Note10

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。

Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとして利用できていました。
Galaxy Note10シリーズでは、さらにSペンでボタンを押しながら上下左右、回転などの動作をすると、例えばカメラアプリではフロントカメラ・メインカメラの切り替えができたり、拡大縮小ができたりと、いろいろな機能を割り当てられます。

ちょっと慣れるまではコツがいりますが、慣れれば結構使えます。
Galaxy Note10シリーズのSペンジェスチャーの使い方や、割り当て機能の変更方法、使いどころを解説します!

スポンサーリンク

Galaxy Note10, Note10+には、Sペンのジェスチャー操作(エアアクション)でスマホを遠隔操作できる!!

Galaxy Note10シリーズでは、Sペンがスマホ本体とBluetoothで接続し、リモコンとして操作できます。
Note9では一つのボタンを短押し・長押し・2回押しぐらいしか割り当てられませんでした。
Galaxy Note10シリーズはさらにジェスチャーに対応し、上下左右や回転(右回り・左回り)でそれぞれ機能を割り当てられるようになりました。

ジェスチャーの仕方を見てみましょう。

今回は、一番ジェスチャーの種類が多い「カメラ」の動作を例に見てみましょう。

短押し・長押し・二度押し

Galaxy Note10シリーズのSペンのボタンを短く1回押すと、シャッターが切れます。
2度押しの場合、メインカメラ⇔フロントカメラの切り替えができます。
長押しすると、「写真」モードの時のみ連写できます。

上下左右にジェスチャー

Galaxy Note10シリーズのSペンのボタンを上下にジェスチャーすると、メインカメラ⇔フロントカメラの切り替えができます。
左右にジェスチャーすると、撮影モードを切り替えられます(写真・動画・ライブフォーカス…などなど)。

右回り・左回りの円を描く

Galaxy Note10シリーズのSペンのボタンで右回りの円・左回りの円を描くと、
・メインカメラでは拡大・縮小ができます。
・フロントカメラでは、カメラアングルが変わります。

ジェスチャー動作を使えるアプリはどれ?設定変更も可能!!

Galaxy Note10シリーズのSペンジェスチャー動作を使えるアプリは、一部のアプリに限られています。
ジェスチャー動作(エアアクション)の確認・設定変更は、

設定>高度な設定>Sペン>エアアクション

で可能です。

ジェスチャー動作に対応しているアプリ

ジェスチャー動作・リモコン動作に対応しているのは、以下のアプリです。

9つのアプリに対応していますが、Chromeは初期状態でOFFになっています。
ONに設定を変更することで利用可能。

また、音楽やYouTubeなどの動画など、メディア系アプリでも、ジェスチャーを利用可能。

ジェスチャー動作・リモコン動作とも対応しているアプリ

Galaxy Note10シリーズでジェスチャー動作・リモコン動作とも対応しているのは、6つ。

カメラ系アプリは、カメラ・AR絵文字・AR手書きの3つです。

初期状態では上のように割り当ててありますが、タップすることで変更できます。

カメラ以外のアプリでも、上下左右のジェスチャーでカメラの切替やモード切替ができます。
「撮影」のアクションは、1回押し・2回押しのみ選択可能。
「次のモード」「前のモード」は、ジェスチャーのみ選択可能(AR手書きはなし)。

ライブフォーカス撮影時の、ぼかしモードの選択などはSペンジェスチャーでは操作できません。
タップで選択する必要があります。

カメラ系アプリ以外では、ギャラリー・ブラウザ・PowerPoint・Chromeがあります。

ギャラリー(写真閲覧)アプリでは「次のアイテム」「前のアイテム」「詳細」のみ割り当て可能。
PowerPointは「次のスライド」「前のスライド」のみ。
ブラウザとChromeは「次へ」「戻る」「上へスクロール」「下へスクロール」を割り当てできます。

リモコン動作のみ対応のアプリ

Galaxy Note10シリーズでSペンリモコン動作のみ対応し、ジェスチャーには非対応のアプリは、下の3つです。

ボイスレコーダーは「録音/一時停止」のみ。
Samsung Notes(日本版はGalaxy Notes)は、「お気に入りのペンに切り替え/ブラシの色を変更」「消しゴムモード」。
時計は「ストップウォッチ開始/ラップ記録」のみ。

Sペン長押しの動作は、いつも1つ!!

Galaxy Note10シリーズではSペン長押しの動作は、アプリにかかわらず一つの動作が割り当てられます。
初期状態では、「カメラを起動」になっています。

Sペンを使ったアクションに変えることも可能ですし、ほかの任意のアプリを起動することも可能です。

Sペンジェスチャーの使いどころは、いつ?

Sペンジェスチャーのことを知っても、使いどころはいつか正直よくわからない、という方も多いと思います。
私も、使ってみてすごいと思うものの、今のところあまり使う機会がありません。

今のところ便利だなと思っているのは、つぎの3つ。

カメラで自撮りをするとき。特に複数人で自撮りをするとき

カメラで役立つときは、とくに自撮りをするとき。
うまく背景と人がマッチする画角を選ぶことと、スマホ画面のシャッターボタンを押すことを両立させるのは、結構難しかったりします。

この角度はいい、けど、片手でシャッターボタンまで押そうとすると、バランスを崩す…とか…

セルフタイマーなどを使わずに、自分の好きなタイミングでシャッターが切れるのはいいですよね。

また、リモコンでシャッターを切る利点のもう一つに、本体を触らないので、シャッターを切るときに本体が揺れてブレることがない、というのもあります。

スマホ内の写真や、動画アプリの動画をテレビに映す時のリモコンに

スマホ内の写真や動画を、HDMI出力でテレビに映してみんなで見るときには重宝しそう。
テレビとスマホをHDMIケーブルで接続し、Sペンでリモコン操作ができます
Sペンジェスチャーで「次の写真/動画」に映したり、動画の音量コントロールなどもできます。

YouTubeアプリでも「次の動画へ移る」ジェスチャーは有効なので、意外に使いどころは多いかも。

ちなみに、PCモードの「Galaxy DeX(Samsung DeX)」「DeX for PC」でもジェスチャー動作できます。
大画面で映像を見るときは、DeXモードを使ってSペンジェスチャーを使うと効果的かも。

PowerPointでのスライド戻し

「次のスライド」はボタン1回押しで行けるのでいいですが、「前のスライド」のボタン2回押し、意外と難易度高くないですか?
「前のスライド」動作でジェスチャーを何かしら割り当てておけば、2回押しをミスってさらに次のスライドに行ってしまう、なんてことを回避できますよね。

一度設定することをお勧めします。

用途は限られる気もするが、あると嬉しいエアアクション(Sペンジェスチャー)

Galaxy Note10シリーズのSペンジェスチャーは、利用できるアプリがまだ少ないこともあり、用途は限られます。
ただ、写真を撮るタイミングやみんなで大画面で映像を見るなどの用途では、リモコン代わりに強力な助っ人として助けてくれるでしょう。

このポイントだけ覚えておけば、いざというときにすっとSペンジェスチャーをスマートに使えるようになるはず!
覚えておきましょう!!

Galaxy S21シリーズ・Note20 Ultraのレビューと価格

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを2021年4月22日より発売します。予約受付中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ SCG10を2021年4月22日より発売します。予約受付中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S21シリーズのレビュー

[4/22発売]Galaxy S21, S21+, S21 Ultraのスペックまとめ!!ドコモ・auから発売, UltraはSペンに対応!!
2021年版の新型「Galaxy S21」シリーズは少し早めに2021年1月15日に海外で発表、日本でも4月8日にNTTドコモ・auでの取り扱いが発表されました。Galaxy S21シリーズではガラスとメタルを融合したデザイン...
Galaxy S21 Ultraを使い始めて、今までになく感動した5つのポイント
待ちに待ったGalaxy S21 Ultraが、ついに手元にやってきました。今回のGalaxy S21 Ultra、Sシリーズで初めて「Sペン」が使える、という点を最も楽しみにしながら購入したのですが、それ以上に感動してしまったポイン...
Galaxy S21 Ultraの純正Sペン対応ケース「Smart Clear View Cover」「Silicone Cover」をレビュー!!Sペンの書き心地、使いやすい?
Galaxy S21 Ultraは、Galaxy Sシリーズとして初めてSペンに対応しています。ただし、Sペンは内蔵・収納できず、Sペンでメモをしたい方は別売りのSペンを持ち歩く必要があります。Sペンと、収納できるケースがセッ...
Galaxy S21 Ultraのカメラをレビュー!!望遠の強さだけでない、バランスのすごいカメラ
いよいよGalaxy S21シリーズの国内投入が発表されました!ドコモ・auから発売されます。一足先に、Galaxy S21 Ultraを(海外版ですが)2か月ほど使ってきました。非常に満足して使えていますが、中でもすごいのはやはりカ...

Galaxy Note20を買えるところ

国内版(ドコモ・au:発売中)

Galaxy Note20 Ultraは、
NTTドコモが2020年11月6日より発売中です。
auが、Galaxy Note20 Ultraを2020年10月15日より発売中です。

モデルNTTドコモ
Galaxy Note20 Ultra 5G
SC-53A
au
Galaxy Note20 Ultra 5G
SCG06
MNP123,728円
(▲22,000)
137,830円
(▲22,000)
新規 145,728円148,830円
(▲11,000)
機種変更
(5G⇒5G)
 145,728円159,830円
5,500円CB
契約変更
(4G⇒5G)
(3G⇒5G)
 134,728円
(▲11,000)
159,830円
5,500円CB
購入ドコモオンラインショップau Online Shop

海外版

ETORENイオシスなどで購入可能です。
ETORENは海外から輸入とはなりますが、最短3日で届きます。
輸入手数料(輸入関税・消費税)などは端末代金に含まれており、あとから別途請求されることはありません。

輸入が不安な方は、イオシスがおすすめ。国内発送してくれるので、安心です。
価格もそんなに変わらないので、安心なイオシスはおすすめ!

取扱いカラーは以下の通り。
カラーのリンクをクリックすると、商品ページから購入可能です。
(以下はすべてSnapdragon 865+版です)

モデルETORENイオシス
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM,512GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black
Mystic Bronze,
Mystic Black
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Galaxy Note20 5G
SM-N9810
(8GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green

Galaxy Note20 Ultraのレビュー

Galaxy Note20 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy Note20 Ultra 開封レビュー!! Sペンマニアが喜ぶ最高のスマホ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ついにGalaxy Note20 Ultraがやってきました!!昨年もGalaxy Note10+を使っていましたが、非常に満足していて「2019年ベストバイスマートフォン」の1位にも...
Galaxy Note20 Ultra 1ヶ月使用レビュー!!使って感じるいいところ、気になるところ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraを約1か月間使ってきました。かなり快適に使えていて、非常に満足しています。ただ、多少使っていて気になったところもあったりします。1か月使って...

Sペンでメモ

Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ

Galaxy Note20 Ultraのカメラレビュー!!2か月使ったいいところ・微妙なところを徹底解説!!
Galaxy Note20 Ultraを使い始めて2か月が経ちます。Sペンが使えるスマホながら、やはり注目すべきは「カメラの進化」でしょう。レーザーAFが搭載され、ボケ味を存分に出せます。望遠性能も上がり、撮れる倍率が大幅に広...
iPhone 11 Proの写真をGalaxy Note10+, HUAWEI P30 Pro, Xperia 1と比較!!きれいに撮れるのはどれ?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。iPhone 11 Proは「超広角」がついたこともあり、非常に面白いカメラになっていると思います。Androidでは、Galaxy Note10+やHUAWEI P30 Proなど、...

DeX(PCモード)とカスタマイズ

【ワイヤレスDeX】Galaxy Note20 UltraのPCモードはケーブル要らず!?無線接続でどこまでできる?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GalaxyシリーズやHUAWEIなどの一部のスマホでは、「PCモード」が搭載されています。今までは、HDMIケーブルなどでディスプレイやPCに接続することで、PCの見た目で大画面で...
ボタンが一つ減ったGalaxy S20・Note10+でスクリーンショットを撮る方法,電源を切る方法
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+やGalaxy Note10は、電源ボタンとBixbyボタンが統合されて「サイドキー」という一つのボタンになっています。スクリーンショットは「電源」+「音量...