※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!

Galaxy S22 Ultra(2022)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。

昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵することはできませんでした。
Sペンに対応してくれたのは非常にうれしかったですが、実際に使ってみるといざというときに「Sペンがない→手書きメモができない」という状況に陥ることもありました。
Sペンを内蔵した「Galaxy Noteシリーズ型」の新製品が欲しいと思った方も多いのではないでしょうか。

今回のGalaxy S22 Ultraは、Sペンが内蔵された「Galaxy Noteシリーズ型」の新モデルとなっています。
Sペンのレイテンシーも向上し、文字通り最強のメモデバイスに仕上がっています。

今回は、Galaxy S22 Ultraの、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

「Galaxy Note後継」といえるGalaxy S22 Ultra、書き心地は?

それでは、Galaxy S22 Ultraを見ていきましょう。

端末のフォルムは「Galaxy Note」そのまま!Sペン内蔵!

新機種のGalaxy S22 Ultra(左)とGalaxy S21 Ultra(右)

今回のGalaxy S22 Ultraは、端末のフォルムは完全にGalaxy Note型と言っていいのではないでしょうか。
歴代のGalaxy Noteシリーズ同様に、角ばったデザインとなっています。
Galaxy Sシリーズは歴代丸みを帯びたデザインになっていましたが、S22シリーズはUltraのみ角ばったデザインです。

Galaxy S22・S22+は先代のS21シリーズ同様丸いデザイン。Galaxy S22 Ultraだけ角ばっている

端末の端にSペンを収納する部分を設けているため、Sペンを内蔵するとどうしても角ばったデザインを採用せざるを得ないのかと思います。

しかし、Sペン内蔵は非常に強いです。
メモしたいタイミングで、瞬時にペンを取り出してメモできます。

Galaxy S21 UltraやGalaxy Z Fold3など、2021年に発売されたSペンデバイスはいずれも内蔵していないものだったのですが、「いざメモしたい!」というときに手元にペンがないというシーンが多かったです。
Sペンを装着できるケースもあるにはあるのですが、端末自体が太くなるなど日常の使い勝手が悪くなります。

やはり、Sペン内蔵は正義です!

そのままスマホにSペンをグサッとさせる!これがGalaxy Noteシリーズからの醍醐味!

Sペンの書き心地の違い

内蔵されているSペンは、歴代でほとんど長さは変わっていません。

左から、Galaxy S22 Ultra、Galaxy Note20 Ultra、Galaxy Note10+、
Galaxy Note8、GALAXY Note3のSペン

Galaxy Note10+以降のSペン3本はサイズやボタンの位置、ペン先の構造はほとんど変わっていません。
今回のGalaxy S22 UltraのSペンは、質感がマットに、握りやすくなっています。

左3本は左からS Pen Pro、S Pen Fold Edition(Galaxy Z Fold3用)、Galaxy S21 Ultraのケース付属Sペン。右3本は、右からGalaxy Book 10.6付属、LAMYのSペン(2本)

そのほかのSペンも並べてみるとこのようになります。
S Pen Fold EditionやS Pen Proは、Galaxy Z Fold3の画面折りたたみ端末用に作られているもので、ペン先が丸め、大きめになっています。

S Pen Pro(左)と、Galaxy S22 Ultraの内蔵Sペン(右)

S Pen Proのペン先は従来のSペンに比べ大きく丸くなっているのがお分かりかと思います。
なお、S Pen Fold EditionはGalaxy S22 Ultraで使えませんが(消しゴムとして作動します)、S Pen Proはスイッチを「S Pen」にすることでGalaxy S22 Ultraでも利用可能です。

書き心地は、下の動画内でも解説しています。
(再生ボタンで、該当箇所から再生されます)

S Pen Proのほうがペン先が太い分、画面への接触面積が広く摩擦も強いため、手首に負担がかかる印象です。
Galaxy S22 Ultra内蔵のSペンは、ペン先が細く非常に書きやすいですね。
たとえるなら、削った直後の鉛筆で書き続けているような気持ちよさです。

Sペンのレイテンシー(遅延速度)も、全モデルのGalaxy Note20 Ultra(9ミリ秒)より大幅に改善し、Galaxy S22 Ultraは2.8ミリ秒となりました。
遅延なんてあるの?というぐらい滑らかに書くことができ、非常に心地がいいです。

Galaxy S22 Ultraでも使える、充実したSペンの機能

Galaxy S22 Ultraでも利用できる、魔法のペン「Sペン」の充実機能をご紹介します。

ロック解除しなくてもペンを引き抜けば書ける「画面オフメモ」

まずは、画面オフメモです。

メモしたくなったら、ペンを引き抜くだけでOK!

メモをしたくなったら、ペンを引き抜くだけでメモをすることができます。
メモアプリ「Galaxy Notes」の簡易版、という感じではありますが、メモしたあとはGalaxy Notesアプリ内への保存や、ロック画面(Always on Display)へ表示しておくこともできます。
自分へのリマインダーとしても使えるのは便利ですね!

ペンが内蔵されているからこそ、「ペンを引き抜くだけ」で使えるという使い勝手の良さは抜群です。

手書きのテキスト化や音声録音も!優秀なノートアプリ「Galaxy Notes」(Samsung Notes)

Sペンを使う最大のメリットは、この「Galaxy Notes」(海外版はSamsung Notes)だと思っていいでしょう。

ただ手書きメモができるだけではありません。
手書きメモのテキスト化や傾き・行間補正など、機能が充実しています。

手書きメモをテキスト化できる機能も!

手書きメモは、ページ区切り有無を選択することも可能です。
ページ区切りアリの場合、ページの順序を変更したり、自分で作ったテンプレートでページを作ったりすることも可能。

また、音声録音機能も充実しています。
録音しながらメモを取ると筆跡を保存し、音声再生時に筆跡も再生してくれます。
メモを取った時にどんな会話がされていたかなども、あとから聞き返すことができます。

(下の動画を再生で、録音→再生をしている個所から再生されます)

Galaxy Notes(Samsung Notes)の機能の詳細については、下の記事でより詳細に解説しております。

Microsoft OneNoteでも、純正アプリのように便利に使える!

Microsoftのメモアプリ「Microsoft OneNote」でも手書き入力ができます。
Android版OneNoteアプリをインストールして使うと…

Microsoft OneNoteでペン入力

ペンをスマホ画面に近づけるだけで自動的にペン描画モードになります。
また、右手を画面につきながら書いても、パームリジェクションが有効になっており、全く問題なく書くことができます。

以前はOneNoteでは手をついて書いても不必要に拡大・縮小など誤動作が起きており、メモをする際は純正のGalaxy Notesアプリのほうがいいなあぁと感じていました。

今回、OneNoteアプリで手書きしてみると、純正アプリのように非常に便利に使うことができました。
Galaxy NotesアプリとOneNoteアプリで機能は異なりますが、使い分けると便利かもしれません。