※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

Galaxy S22 Ultraは、最大45W充電(超急速充電2.0)でどれだけ早く充電できる?CIO LilNob C2A1で検証レビュー

Galaxy S22 Ultra(2022)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S22 Ultraは、最大45Wの急速充電に対応しています。
Galaxy S22 Ultraの端末上では、「超急速充電2.0」と表示され、非常に速い速度で充電できるのかとびっくりします。

しかし、トータルで充電に要する時間は45Wと25Wでそんなに変わらない、という話もあり、実際に充電に45Wで充電できるのか?どれだけ高速に充電できるのか?非常に気になりますよね。

また、Galaxy S22 Ultraの45W充電を実現するには、充電器が単純に45W出力できるだけでは利用できません。

今回は、CIO様より、Galaxy S22 Ultraの45W急速充電にも対応した「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」をご提供いただきました。
Galaxy S22 Ultraが実際に45W充電に対応しているのか、またどれだけ早く充電できるのか検証していきます。

商品提供:株式会社CIO

スポンサーリンク

Galaxy S22 Ultraで最大45W充電をするための条件は?

Galaxy S22 Ultraは、最大45W充電に対応しています。
歴代の端末では、Galaxy Note10+やGalaxy S20 Ultraでも対応していたのですが、1年半のときを経て久しぶりの対応となりました。

ただし、単純に充電器が45W出力に対応しているだけでは、45W充電はできません。

最大45W充電を実現するためには、「PPS充電」と「5A」が必要

Galaxy S22 Ultraで最大45W充電を実現するには、「PPS充電」と「5A」が必要です。

PPS充電(Programable Power Supply)とは、簡単に言えば「スマホが必要な電気量に合わせて、充電器からの供給量を自動調整してくれる」という機能。
スマホが必要な電力に合わせて電圧/電流を細かく変動させることで発熱を抑え、無駄な電力を発生させずに効率的に充電できます。

Galaxy S22 Ultraをはじめ、Galaxyシリーズのスマートフォン・タブレットなどでは、このPPS充電(Samsungの呼称は「Super Fast Charging」)に対応しています。

最大出力Samsungの呼称条件
45WSuper Fast Charging 2.0(超急速充電2.0)3.3-11V / 4.05A (PPS)
25WSuper Fast Charging(超急速充電)3.3-11V / 2.75A (PPS)
15W急速充電PD 2.0, QC 2.0, AFCなど
10W通常の充電

Super Fast Charging(PPS充電)でのサポートは、Galaxyデバイスでは25W・45Wの2種類があります。

45W充電をする場合は、電流は4.05Aが必要です。
(電流は4.05Aに達する可能性があるため、5A対応ケーブルが必要です)

世に出回っている45W対応充電器は、PPS充電には対応していても3.0Aまでの対応、というものも多いので、注意が必要です(執筆時点では)。

大人気なCIO LilNob 2C1Aでは、最大65W出力!PPS充電+5A出力にも対応!

今回、CIO様より大好評発売中の「CIO LilNob 2C1A(CIO-G65W2C1A)」をご提供いただきました!
LilNob 2C1Aを使って検証していきたいと思います。

LilNob 2C1Aは、最大65Wでの充電が可能です。

LilNob 2C1Aのパッケージ

USB Type-Cポートが2つ、Type-Aポートが1つの、合計3ポートが搭載されています。

充電ポートは、USB Type-Cが2つ、Type-Aが1つ

LilNob 2C1A本体の大きさは、65W・3ポート充電器としては非常に小さいです。
下の写真では、MacBook Pro M1(2020)に付属されていた60W充電器を並べてみていますが、半分ぐらいの大きさ。

そのほか他社のGaN2ポート充電器なども持っていますが、3ポートでこの大きさはびっくりです!

製品仕様。1ポート最大65W!2・3ポート使用時もUSB-C1は45W出力対応

Galaxy S22 Ultraを使う上で最も注目しなければならないPPS充電については、

3.3V-11V / 5A

の表記がありますね!5A出力にちゃんと対応しています。

USB Type-Cを1ポートだけで使う場合、最大65Wの充電が可能です。
USB-C1を挿しながら、C2でも充電する場合、C1は45W・C2は18Wの充電が可能です。

MacBook Pro M1(2020)1台に挿した場合、57Wで充電できました

3ポートすべてを使って充電する場合も、USB-C1は45Wを維持。
USB-C2とUSB-Aは5V/3Aの出力が可能。

全てのポートにGalaxyを挿して測ってみた場合

詳しくは動画でもレビューでまとめていますので、ご覧ください。

実際にGalaxy S22 UltraをLilNob 2C1Aで充電してみると…

実際に、Galaxy S22 UltraをLilNob 2C1Aで充電してみました。

ちゃんと、「超急速充電2.0」の表示が出ています。
9V・4.05Aで入力され、36Wの充電ができていました。

何度か充電を試していますが、だいたい36-38W近辺が最大のようですね!

Galaxy S22 Ultraの45W充電(超急速充電2.0)、どれだけ早く充電できる?

Galaxy S22 Ultraの45W充電(超急速充電2.0)は、25W充電(超急速充電)と比べて実際どれぐらい早く充電できるのでしょうか?

実際に充電して検証してみました。

※端末の状態・温度・外気温など、いろいろな要因で充電時間は変化する場合があります。

Galaxy S22 Ultraの充電時間を比較

では、充電時間を比較していきます。
充電している様子をカメラで撮影し、電池残量が5%増えるごとにプロットしています。

青い線が45W充電、オレンジ色が25W充電です。

0%から50%まで回復したのに、45W充電の場合29分、25W充電の場合40分かかっています。
90%までの充電では45W充電で56分、25W充電で74分。
フル充電までは、45W充電の場合72分、25W充電の場合91分かかっています。

トータルすると、20%程度高速に充電できている、というのがわかります。