スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

ボタンが一つ減ったGalaxy S20・Note10+でスクリーンショットを撮る方法,電源を切る方法

Galaxy Note10

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note10+Galaxy Note10は、電源ボタンとBixbyボタンが統合されて「サイドキー」という一つのボタンになっています。
スクリーンショットは「電源」+「音量↓(down)」で撮れるはずなのですが…Galaxy Note10+ではどうやって取ればいいでしょうか?

※日本版はBixby機能が完全に殺されているので、サイドキー長押しで電源ON/OFFができます。
「電源」+「音量↓(down)」長押しでも電源ON/OFFとなります。

※Galaxy S20シリーズも同様に電源+Bixbyが統合されたサイドキーとなっているため、同様の操作でスクリーンショット撮影などできると思われます。

スポンサーリンク

Galaxy S20・Note10シリーズは、電源ボタンとBixbyボタンが統合されて「サイドキー」に

Galaxy Note10Galaxy Note10+は電源ボタンとBixbyボタンが統合されました。

左側面には、「音量(上/下)キー」と「サイドキー」に。

右側面には何もありません。

※Galaxy S20・Galaxy S20+は右側面に「音量キー」「サイドキー」が集約され、左側面は何もありません。

サイドキーの役割は?

Galaxy Note10+の「サイドキー」は、

  • 短押し→画面ON/OFF
  • 長押し→Bixby起動(設定変更可能、日本版は電源ON/OFF)
  • 2回押し→カメラ起動(設定変更可能)
  • となっています。

    長押し・2回押しは、設定>高度な機能>サイドキー、でも設定できます。

    (電源オプションからも設定可能)
    日本版は、長押しで電源ON/OFFのみ。設定変更できません。2回押しはカメラ起動とアプリ起動を選べます。

    電源OFFや再起動はどうするの?

    ※電源OFFについては、海外版のみ設定・変更可能です。

    では、Galaxy Note10+で電源OFFや再起動はどうやってやるんでしょうか?
    初期状態では、

  • 「サイドキー」+「音量↓(下)」キーの長押し
  • 通知バーのクイックパネルにある電源ボタンから
  • となっています。

    先ほどのサイドキーの長押し設定を変えれば、

  • 「サイドキー」長押し
  • も利用できるようになります。

    「サイドキー」+「音量↓(下)」長押し…
    となると、スクリーンショットを撮るときに使っていましたが…

    ハードキーでスクリーンショット取れなくなったのでしょうか?

    Galaxy S20・Note10シリーズでスクリーンショットを撮る方法

    Galaxy Note10+シリーズでスクリーンショットを撮る方法は3つ。

    「サイドキー」+「音量↓(下)」を使う方法

    「サイドキー」+「音量↓(下)」の短押しでスクリーンショットを撮れます。

    今までのGalaxyシリーズは、「サイドキー」+「音量↓(下)」の短押し・長押し関係なくスクリーンショットを撮れました。
    しかし、Galaxy Note10+シリーズは、「サイドキー」+「音量↓(下)」の短押しでスクリーンショット、長押しで電源オプション、と変更になっていますので、注意してください。

    「スワイプキャプチャ」で、手の側面で画面を横切るようにスワイプ

    これは以前のGalaxyシリーズでも搭載していた機能です。
    手の側面で画面を横切るようにジェスチャーすると、キャプチャーを撮れます。

    例えば、Galaxy Note10+のホーム画面をスワイプキャプチャーで撮ってみると、こんな感じです。

    キー押すより便利なので、ぜひ試してみてくださいね。

    通知バーのクイックパネルから

    Galaxy Note10+の通知バーのクイックパネルにも「画面キャプチャ」のボタンがあります。

    初期状態では右にスクロールして3枚目に入っています。

    一番手間のかかる方法ではありますが、一応これで撮影可能です。

    縦長のコンテンツを1枚に収めるスクロールショットも利用可能!

    縦長のコンテンツを1枚に収めたいときは、スクロールショットも利用可能です。

    Galaxy Note10+では、スクリーンショットを撮ると下に黒いメニューバーが現れます。

    一番左のマークを押すと、画面1枚分追加でスクロールショットが撮られます。
    撮ったスクロールショットは、画面左側にポップアップで表示されています。

    スクロールショットのボタンを押しても、画面一番下まで全部スクロールされるわけではないので注意。
    ただ、一番下までコンテンツが必要なことはそこまで多くないので、この形のほうが合理的なのかもしれません。

    電源OFFとスクリーンショットは、意外によく使うので押さえておこう

    電源OFFとスクリーンショットは、結構使うんですよね。
    Galaxy Note10+は今までの端末とやり方が変わるので、きっちり設定しておきましょう。

    Galaxy S21シリーズ・Note20 Ultraのレビューと価格

    Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

    国内版

    NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
    auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

    国内版モデルNTTドコモau
    Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
    バイオレット、グレー、ホワイト
    SCG09 118,540円 4/22発売
    バイオレット、グレー、ホワイト
    Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
    シルバー、ブラック
    Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
    ブラック、シルバー
    -

     

     

    Galaxy S21シリーズのレビュー

    [4/22発売]Galaxy S21, S21+, S21 Ultraのスペックまとめ!!ドコモ・auから発売, UltraはSペンに対応!!
    2021年版の新型「Galaxy S21」シリーズは少し早めに2021年1月15日に海外で発表、日本でも4月8日にNTTドコモ・auでの取り扱いが発表されました。Galaxy S21シリーズではガラスとメタルを融合したデザイン...
    Galaxy S21 Ultraを使い始めて、今までになく感動した5つのポイント
    待ちに待ったGalaxy S21 Ultraが、ついに手元にやってきました。今回のGalaxy S21 Ultra、Sシリーズで初めて「Sペン」が使える、という点を最も楽しみにしながら購入したのですが、それ以上に感動してしまったポイン...
    Galaxy S21 Ultraの純正Sペン対応ケース「Smart Clear View Cover」「Silicone Cover」をレビュー!!Sペンの書き心地、使いやすい?
    Galaxy S21 Ultraは、Galaxy Sシリーズとして初めてSペンに対応しています。ただし、Sペンは内蔵・収納できず、Sペンでメモをしたい方は別売りのSペンを持ち歩く必要があります。Sペンと、収納できるケースがセッ...
    Galaxy S21 Ultraのカメラをレビュー!!望遠の強さだけでない、バランスのすごいカメラ
    いよいよGalaxy S21シリーズの国内投入が発表されました!ドコモ・auから発売されます。一足先に、Galaxy S21 Ultraを(海外版ですが)2か月ほど使ってきました。非常に満足して使えていますが、中でもすごいのはやはりカ...
    Galaxy S21 5G 実機レビュー!! Galaxy S21 Ultra 5Gとの違いは!?
    Galaxyの最新モデル、Galaxy S21 5G。特にGalaxy S21シリーズの中で、Galaxy S21 Ultra 5Gが突出した魅力を放っているように思えますが、Galaxy S21 5Gも負けていません。6.2...

    Galaxy Note20を買えるところ

    国内版(ドコモ・au:発売中)

    Galaxy Note20 Ultraは、
    NTTドコモauが、Galaxy Note20 Ultraを発売中です。

    モデルNTTドコモ
    Galaxy Note20 Ultra 5G
    SC-53A
    au
    Galaxy Note20 Ultra 5G
    SCG06
    MNP123,728円
    (▲22,000)
    137,830円
    (▲22,000)
    新規 145,728円148,830円
    (▲11,000)
    機種変更
    (5G⇒5G)
     145,728円159,830円
    5,500円CB
    契約変更
    (4G⇒5G)
    (3G⇒5G)
     134,728円
    (▲11,000)
    159,830円
    5,500円CB
    購入ドコモオンラインショップau Online Shop

    海外版

    ETORENイオシスなどで購入可能です。
    ETOREN