UMIDIGI F2登場!F1から進化した5つのポイント!!マクロカメラ搭載, 2万円台機種ながらカメラ4眼搭載!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

UMIDIGI F2がいよいよ登場します。
2万円台なのにかなりパワフルだったUMIDIGI F1から、さらにスペックアップしています。
見た目も、パンチホールディスプレイでいい感じ。

UMIDIGI F2 SIMフリースマートフォン Android 10.0 FHD+ 6.53インチ全画面 パンチホールディスプレイ 48MP+13MP+5MP+5MPクアッドリアカメラ 128GB ROM + 6GB RAM Helio P70オクタコア 5150mAh大容量バッテリー 18W高速充電 顔認証 指紋認証 技適認証済 au不可 (ブラック)
UMIDIGI

スポンサーリンク

UMIDIGI F2がいよいよ登場!!進化した5つのポイント

UMIDIGI F2の特徴は、大きく5つ。

2万円台スマホながら、カメラは4眼。苦手だったマクロは専用レンズ搭載へ

今回のUMIDIGI F2,なんと2万円台なのにカメラは4眼です。

メインカメラは48MP(f/1.79), そのほかに超広角カメラ13MP(120°), 深さ測定カメラ(ToF)5MPが搭載。
個人的にうれしいのは、5MPのマクロカメラも搭載されているところです。

弱点だったマクロモードをハードで強化してくれてうれしい

UMIDIGI F1をほかの機種と撮り比べていて感じていたのは、マクロが非常に弱かったこと。
UMIDIGI A3 Proより全体的にUMIDIGI F1のほうがカメラの作り込みは甘かった印象はありますが、マクロはピントが全然合わず、苦労した記憶があります。

今回のUMIDIGI F2ではマクロカメラが搭載されているとのこと。
他社の4眼カメラなどでは望遠レンズ(光学2~5倍)が搭載されていますが、望遠カメラより接写を撮る頻度のほうが意外と多いもの。
弱点だったマクロを補強してくれたのは、非常にうれしいですね。

UMIDIGI F1を実機レビュー!低価格スマホのサクサク度・カメラの実力はいかに!?[PR]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。UMIDIGI F1は、低価格スマホの中では前評判の良い端末です。スペックの割に価格が安く、コストパフォーマンスがかなり良いです。Amazonでも売上ランキングに入るほど人気ですね。...

暗闇もスーパーナイトモードで芸術的に

スーパーナイトモードも搭載されています。

UMIDIGI Xでも搭載されているスーパーナイトモードが、今回UMIDIGI F2でも搭載されます。
暗闇や夜景も、スーパーナイトモードできれいに撮れるはず。

UMIDIGI Xもまだ記事執筆時点では出荷開始されていないのでスーパーナイトモードの出来を試せていないですが、少し期待しています。

画面内指紋認証に対応, 格安スマホUMIDIGI XがAmazonで発売!!UMIDIGI F1の後継!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。中国のスマートフォンメーカーUMIDIGIは、新型スマートフォンUMIDIGI Xが10/15にAmazonで発売されています。UMIDIGI Xはついに画面内指紋認証に対応し、スペッ...

インカメラはパンチホールに!!左上に搭載は見た目も美しい


インカメラは、UMIDIGI F1は水滴型ノッチでしたが、UMIDIGI F2はGalaxy S10/Note10シリーズのようなパンチホールカメラになっています。
なんと、左上に搭載。

個人的にはGalaxy S10シリーズ発表時から「パンチホールカメラにするなら左上にするべき」と言い続けていたので、結構うれしいです。
通知バー右上は電池残量表示を見る頻度がかなり高いので、見る頻度が比較的少ない左上のほうが使いやすいと思っています。

CPUはHelio P70搭載!メモリも6GB搭載でより実用的に

UMIDIGI F2のCPUはHelio P70搭載です。
メモリも6GBと、両方ともUMIDIGI F1よりも高性能。
現行最上位機種のUMIDIGI S3 Proと同じスペックとなっています。

Antutuによるベンチマークでは、148000程度(同じスペックであるUMIDIGI S3 Proのスコア)と予想されます。
※当然手元にないので記事執筆時点では測定できません。参考として…

Pixel 3aと1万点の差なので、かなりいい線いっていると思います。
個人的な実用ラインは、2019年時点では12万点以上だと思っているので、使い勝手はよさそう。

重いゲームなどしないのであれば、十分普段使いできます。

機種CPURAM価格帯Antutu
UMIDIGI F2Helio P706GB26,887円148000?(参考)
UMIDIGI F1Helio P604GB19,777円140118
UMIDIGI A5 ProHelio P234GB13,777円82376
Google Pixel 3aSnapdragon 6704GB46,656円158246
Galaxy Feel2 SC-02LExynos 78854GB40,824円123527
AQUOS sense2 SH-01LSnapdragon 4503GB31,104円70781
HUAWEI P30 liteKirin 7104GB32,121円133000程度

大容量5150mAhバッテリー搭載!ここまで大きいのはなかなかない…


今回のUMIDIGI F2も5150mAh搭載です。
5000を超えるバッテリーはハイエンドモデルでもなかなかありません。

実際にバッテリーがどこまで持つか、というと、ソフトウェアの作り込みによるので何とも言えませんが、電池持ちはよさそう。

Aシリーズ以外で初めてのトリプルスロット搭載!!Dual SIMとMicroSDを両立できる!!


Dual SIM搭載となっていますが、micro SDスロットが独立したトリプルスロット仕様になっています。
UMIDIGI A5 ProやA3 Proではトリプルスロット仕様でしたが、F1など上位機種はいままでSIM2とmicroSDが共有のスロットになっていました。
トリプルスロットとなれば、非常に簡単にストレージを増やせるので便利ですね!!

UMIDIGI F2は指紋センサーが側面に!!

UMIDIGI F2は、指紋センサーが側面になっています。

UMIDIGI X以外のUMIDIGI各機種は、基本的に指紋センサーは背面にありました。
個人的には、必ず押す電源ボタンに指紋センサーも搭載されていたほうが便利だと感じています。

Xperiaシリーズも歴代電源ボタンと指紋センサーが兼ねていましたが、非常に便利でした。

UMIDIGI F2のスペック・対応バンドと価格

UMIDIGI F2のスペックをまとめてみます。

UMIDIGI F2のスペックをF1・S3 Proと比較!!

項目UMIDIGI F2UMIDIGI F1UMIDIGI S3 Pro
OSAndroid 10Android 9Android 9
画面6.53インチ
(19.5:9,FHD+)
6.3インチ
(19.5:9,FHD+)
6.3インチ
(19.5:9,FHD+)
CPUHelio P70Helio P60Helio P70
メモリ6GB4GB6GB
ストレージ128GB128GB128GB
サイズ162.6×77.7×8.7mm156.9×74.3×8.8mm158×74.65×8.5mm
重さ207g186g216.6g
バッテリー5150mAh5150mAh5150mAh
microSD〇(SIMと独立)〇(SIM1と共用)〇(SIM2と共用)
リアカメラ48MP(f/1.79)
13MP(超広角)
5MP(マクロ)
5MP(ToF)
16MP(f/1.7)
8MP
48MP(f/1.7)
12MP(f/2.2,2倍)
インカメラ32MP(f/2.0)16MP20MP
SIMnanoSIMx2nanoSIMx2nanoSIMx2
端子USB Type-C
3.5mmイヤホン端子
USB Type-C
3.5mmイヤホン端子
USB Type-C
3.5mmイヤホン端子
セキュリティ顔・指紋(側面電源キー)顔・指紋(背面)顔・指紋(背面)
価格(Ali定価)$249.99$249.99$399

スペック的には最上位機種であるはずのUMIDIGI S3 Proよりも上を行っている印象あります。

UMIDIGI F2の対応バンド!ドコモ・au・ソフトバンクのエリアはほぼフル対応

UMIDIGI F2の対応バンドをまとめておきましょう。

LTEはドコモのプラスエリア(Band 19)・auのプラチナバンド(Band 18)・ソフトバンクのプラチナバンド(Band 8)も対応しているので、エリア的にはほぼフル対応しています。


3Gも、ドコモのFOMAプラスエリア(Band 6)・ソフトバンクのプラチナバンド(Band 8)に対応しています。
auは国内で3Gは使えないと考えておきましょう。
auで電話をするには、VoLTEに対応する必要がありますが、おそらく対応していないと思われます(歴代のUMIDIGI端末は「au不可」と記載があります)

UMIDIGI F2の価格は?

Aliexpressでの定価では、249.99ドル。
日本円で27,000円弱となっています。

割引もあったりしますが、定価で考えてもこのスペックを2万円台で買えるのはオトクだと思います。

https://www.aliexpress.com/item/4000178715895.html

ハードは非常に使いやすそう。カメラがどこまで進化しているか注目

個人的には、Fシリーズはスペック重視、Aシリーズは(低価格なりの)カメラ重視な印象を思っていました。
しかし、今回のUMIDIGI F2はカメラも進化してそうな印象を受けています。

また、今回のUMIDIGI F2はAndroid 10搭載。最新OSをこんなに安い端末でも気軽に使えます。

はたして、どこまでバランスのいい端末に仕上がっているのか?楽しみです。

UMIDIGI F2 SIMフリースマートフォン Android 10.0 FHD+ 6.53インチ全画面 パンチホールディスプレイ 48MP+13MP+5MP+5MPクアッドリアカメラ 128GB ROM + 6GB RAM Helio P70オクタコア 5150mAh大容量バッテリー 18W高速充電 顔認証 指紋認証 技適認証済 au不可 (ブラック)
UMIDIGI

コメント

タイトルとURLをコピーしました