※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

Galaxy S24 UltraのSamsung Notes × AIがすごい!手書きメモのテキスト化から翻訳まで、AIの力でほぼ完璧に!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

近くで用事あり、再びGalaxy HarajukuでGalaxy S24 Ultraのグローバル版を見てきました。
グローバル発表直後の展示機にはなかった、Samsung Notesやボイスレコーダーが展示機に入ったので、その周りを見てきました!

実際に使ってみて感じたのは、Samsung NotesアプリのAIの進化がちょっと感動的だったので、取り急ぎ紹介します。

使い方を工夫したら、手書きのテキスト変換もめちゃくちゃ精度高くなりますね!大興奮!

スポンサーリンク

予想以上に大きな進化!Galaxy S24 UltraのSamsung Notesアプリ

グローバル発表直後のGalaxy Harajukuの展示機にはなかったSamsung Notes・ボイスレコーダーアプリが、執筆時現在の展示機に追加されておりました!

展示機のグローバル版Galaxy S24 Ultraに、Samsung Notesアプリやボイスレコーダーアプリが入っていました

Samsung Notesで使えるAI機能

まずは、Samsung Notesアプリです。

AI機能が搭載され、自動フォーマットや要約・スペル訂正・翻訳の機能が搭載されています。
動画にて、それぞれ利用しています。

例えば、文章を議事録のフォーマットに整えたり、長い文章を要約できます。

自動フォーマット>議事録、で整えてみた様子

翻訳の機能を使って、他言語の人に送るような用途でも使えます。

翻訳を使えば、他言語にも簡単に訳せる

基本的にこれらのAI機能が使えるのはテキスト化された文字のみが対象で、手書き文字は一度テキスト化する必要があるようです。

AI機能を利用する場合、手書き文字は一度テキストに変換する必要がある

「傾き補正」と「テキスト変換」は一つのボタンに

今回、傾き補正とテキスト変換は一つのボタンに統合され、2つはサブメニュー化されています

このペンにマジックをかけているようなボタンを押すと、「手書きを揃える」「テキストに変換」のサブメニューが出てきます。

テキスト変換は、今までのバージョンと比べるとウインドウ自体が大きくなっています。
クリップボードに「コピー」するか、ノートに追加するかを選択できます。

追加を押すと新しいノートにするか?既存のノートに加えるかを選択できます。
この例では「ノートの最後」となっていますが、もう少しテキストぎっしりなメモの場合は「前に新しいページを追加」というメニューが出ており、おそらく手書きページのデザインによって、AI判別していそうです。

上の文書だと、「前に新しいページを追加」になっている

テキスト変換の精度が、AIの力で大幅に上がる!?

ちょっとすごいなと思ったのは、この例です。
▼動画再生で、該当のデモのところから再生されます

なぐり書きですが、Galaxy S24 Ultraに手書きで書いてみました。

これをテキスト化すると、精度は高いですがちょっと誤爆しているところもあります。ビックリマークが1に、ほしいが「ほいし」になってますよね

これを、AI機能で「スペル訂正」します。

すると、余分な文字はカットされ、「早く欲しい」は漢字に変換されていますがちゃんと伝わるように修正されています。

さらに英語に翻訳すれば、完璧に英語に訳されてますよね!ちゃんと通じるはずです。

いままでのSamsung Notesアプリでも「手書き文字のテキスト変換」は可能でした。
比較的高精度ではあったものの、実戦で使う場合にはどうしても人間の手で修正が必要でした。

それが、この例の通りAI機能を使ってほぼ正確にテキスト化・翻訳できているのはすごいなと思います。

もう少しじっくり使わないと精度はわからないところではありますが、AIを併用すればさらに精度が上がるというのがわかりました。

「テキストに変換」のボタンを押せば、自動的にAIでのスペル訂正をかけてくれてもいいのかもしれませんね。このあたり、アップデート等に期待したいところです。

ボイスレコーダーでも文字起こし

また、ボイスレコーダーも文字おこしができるようになりました。

ただ、録音後のデータを開くと「文字起こし」のボタンが現れるので、それをタップする形です。
最初に文字起こし対象の言語をタップすれば、AIで解析して文字起こししてくれます。

Galaxy S23 Ultraまではテキスト変換機能を使う場合には10分制限があったりしましたが、Galaxy S24 Ultraではシンプルに時間制限もほぼなく、便利に使えます。

Pixelのように、リアルタイムで文字起こししてくれれば、なおいいなぁと思います。
個人的には、リアルタイムで文字起こしして翻訳、ができる機能が欲しいです。アップデート期待したいところ。

文字起こしをしていれば、文字起こしした文章の冒頭もこのように一覧画面で表示できます。

ある程度の長さがあれば、要約も可能なようです。

Samsung Notesにも録音・筆跡保存機能があるので、Samsung Notesとボイスレコーダーでリンクしてくれたらうれしいなぁとも思います。
(ボイスレコーダーの録音データをSamsung Notesに貼り付けることはできますが、それだと手書きメモの筆跡保存ができないのです)
録音自体は同時1アプリのみでしか使えないので、Samsung Notesアプリとボイスレコーダーアプリを両方開いて同時に録音、という使い方はできませんでした。

Samsung Notesアプリの進化がすごい。AIの力でさらに使いやすくなることに期待!

今回は、Samsung NotesアプリのAI機能の進化を解説しました。

Samsung Notesアプリの肝は、なんといっても「Sペンを使って手書きで書ける」こと。
そして、その手書きをテキスト変換して、いろいろな用途に使えることだと思います。

その中でも特に、「スペル訂正」は重要な機能だと感じています。
通常、手書き文字をテキスト変換すると、精度が高くてもどうしても認識ミスを起こす場合はあります。
その場合に「スペル訂正」を使って、うまくAIが機能を補ってくれているのに、個人的には非常に感動しています。

個人的には、Galaxy S24 Ultraの国内版を購入したいと思っていますので、国内版が発表・発売されたら使い込んでいきたいと思います。

いち早くGalaxy S24 Ultraの海外版が欲しい方は、イオシスでの購入がおススメです!

Samsung Notesの利用方法については、Samsung Notesの解説記事でも紹介しています。