2017/10/125 Shares

au、MARVERA KYF35を8月10日から発売開始!1700mAhの大容量バッテリー搭載のガラホを、TORQUE X01と比較!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

本日2017年8月10日より、auの新型ガラホ「MARVERA KYF35」が発売になります。
京セラのガラホとしては、当ブログで大々的に紹介している「TORQUE X01」以来。

 
スポンサーリンク

スリムな筐体に、1700mAhの大容量バッテリーは魅力

TORQUE X01とは異なり、スリムな筐体です。

それにもかかわらず、MARVERAのバッテリー容量は1700mAhと、TORQUE X01(1500mAh)よりもパワーアップしています。

価格

価格は、auオンラインショップでは以下の通り。

機種 機種価格 MNP/新規/機種変更 毎月割 備考
MARVERA KYF35 43,200円 -450円×36回(-16,200円)
実質27,000円
※ケータイ取替おたすけギフト対象
TORQUE X01 KYF33 43,200円 -600円×36回(-21,600円)
実質21,600円

※ケータイ取替おたすけギフト対象
前回購入機種が3Gケータイで、かつ49か月以上利用者は、MARVERA KYF35購入時に
・10,800円さらに割引されます。
・共通ACアダプタ03シロを1台プレゼントされます。

auオンラインショップへはこちらから。

スペック

同じ京セラが作っているガラホというだけあり、共通する点は多いです。
CPUやカメラは全く同じ。FMラジオやタッチポインタ、スマートソニックレシーバーの有無で多少差が出ています。

項目 MARVERA KYF35 TORQUE X01 KYF33
カラー ダークネイビー/ワインレッド/パールシルバー
シルバー/レッド
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×113×17.2mm(最厚部17.6mm) 約54×118×23.3mm(最厚部24.6mm)※突起部除く
重量 約139g 約182g
バッテリー容量 1,700mAh 1,500mAh
充電時間(共通ACアダプタ05[別売]使用時) 約140分 約130分
連続通話時間*1 約670分(VoLTE) 約540分(VoLTE)
連続待受時間*1 約590時間(4G LTE) 約480時間(4G LTE)
au ICカード種類 au Nano IC Card 04 LE au Nano IC Card 04 LE
CPU MSM8909/1.1GHz×4コア MSM8909/1.1GHz×4コア
内蔵メモリ ROM:8GB/RAM:1GB ROM:8GB/RAM:1GB
外部メモリ microSDHC(最大32GB) microSDHC(最大32GB)
最大通信速度 受信最大150Mbps/送信最大25Mbps 受信最大150Mbps/送信最大25Mbps
ディスプレイ 約3.4インチ FWVGA TFT液晶 約3.4インチ FWVGA TFT液晶
メインカメラ 13MPxcel CMOS(動画はHD) 13MPxcel CMOS(動画はHD)
外部接続 Wi-Fi IEEE802.11b/g/n(2.4GHz) IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Ver.4.1 Ver.4.1
耐衝撃 MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP5X IP6X
スマートソニックレシーバー ×
タッチポインタ 〇(タッチエリア上をなぞる操作+十字キー) 〇(十字キーのみ)
Wi-Fiテザリング 〇最大10台接続
おサイフケータイ
au世界サービス
緊急速報メール
ワンセグ
FMラジオ ×
LINE
カスタマイズキー F1~F3 F1~F3
赤外線通信
付属品 IC Cardトレイ取り出し・LOCK回転工具(試供品)

カスタマイズは?

実機でどこまでできるかは何とも言えませんが、apkインストールやGoogle連絡先のアカウントの同期など、多くはTORQUE X01で使えたノウハウをそのまま使えます。

apkインストール

apkインストールを試みる際は、一度Gmailにapkデータを下書き保存し、ブラウザ上でGmailサイトで開くとダウンロード→インストールできます。


基本的なインストールの仕方については、SH-01Jの時に行った下のやり方でうまくいきます。

Googleカレンダー・連絡先と同期

BlackBerry Hub+を使う方法で、同期できます。


どこまで同期できるの?というご質問があったので、それに答えた記事。

Google PlayストアアプリやGoogleの認証アプリを入れる

「Google Play開発者サービス」の必要なアプリを入れる方法です。


「Lucky Patcher」というアプリでGoogle Play開発者サービスとの依存を切るパッチを当てる、という手法は覚えておいた方がいいかも。
使いたいアプリがあるけどいざapkインストールしたら「Google Play開発者サービスの更新が必要です」と出てきたら、げんなりしますから…

ちなみに、Googleマップなど一部のGoogleアプリは、パッチを当てなくてもそのまま使えます。

Gmailアプリは、結構電池馬鹿食いするので、「AquaMail」を使うのがおススメです。

使えるアプリ、まとめてないの?

と、思った奥さん!
まとめてますよ!!

おススメアプリは、

という形です。

というわけで、適度にカスタマイズして、充実したガラホライフを!!!

ガラホ!といいながら、スマホの真髄はガラホにあると、強く思っています。
限られた環境の中で、最大限のカスタマイズをする。最高じゃないですか。

auオンラインショップへはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で