0 Shares

Galaxy NoteをXperia SmartTagとして活用する

昨日Xperia Pを買いましたが、香港版Xperia PにはNFCタグであるXperia Smarttagsがついていませんでした(solaやUにはついているらしいです)。
しかし、せっかくNFCついてるんだから使わなきゃもったいない!
Galaxy NoteをSmartTagとして活用できたので、ご紹介します。

まず、Galaxy Noteに「タグ情報」というアプリがプリインストールされているので、これをタップします。

上の「マイタグ」をタップしたあと、「新規タブを追加」をタップします。

すると、下のような「追加するタイプを選択」というのが出てくるので、「URL」をタップします。

Xperia SmartTagsのURLを入力します。

書き込む内容は
・青(車):semc://liveware/A1/1/NT1/1/smarttags1
・赤(家):semc://liveware/A1/1/NT1/2/smarttags1
・黒(寝室):semc://liveware/A1/1/NT1/3/smarttags1
・白(オフィス):semc://liveware/A1/1/NT1/4/smarttags1
です。

(引用:Xperia Smart TagをGalaxy Note SC-05Dで使ってみた(Dream SeedさんのHP))
私は、白のURLを用いました。
これを保存して、戻った画面の「マイタグを共有」をタップします。

これでGalaxy Note側(SmartTag側)の準備は完了です。

次に、Xperia P(メイン機側)のNFCの箇所にGalaxy Note(SmartTag)のNFCをタッチすると、SmartTagが認識され、設定することができます。

この画面で設定ボタンを押すと名前を編集できます。私は「オフィス」→「Mobile」に変更しました。
また、下の「アクション」のところで行いたい動作を選択できます。
私は、サブ機をタッチしたらWi-Fiテザリングする機能を付加したかったので、「Wi-Fiホットスポット」を「オン」にする設定をつけました。

これで、以後機種のNFC同士をタッチすると、Xperia PのWi-Fiテザリングが起動します。

実はこれ、Xperia PをSmartTagとして利用し、タッチしてGalaxy Note側の動作を変えることもできるはずです。
Galaxy Note側は先ほど引用させていただいた「Xperia Smart TagをGalaxy Note SC-05Dで使ってみた」のようにGoogle play storeからXperia SmartTagsアプリとLiveWare Managerアプリをインストールします。
そして、Xperia Pのメニューから、1枚目の写真と同じアイコンの「タグ」というアプリを起動し、同じようにタグ設定→Galaxy noteとタッチして動作設定を行えばOKです。
私は、こちらの動作設定は「Wi-Fi」を「オン」にする設定にしました。

これにより、2機種をタッチすることで、Xperia P側はWi-FiテザリングがONになり、Galaxy Note側はWi-FiがONになるので、タッチするだけでGalaxy Noteで快適なネットが楽しめます(動作確認済み)。
おそらく、NFC端末同士だったらできるんじゃないかな?ぜひ試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で