2017/10/285 Shares

羽田空港国内線JALサクララウンジ(南ウイング)に行ってみたよ!高級感はダイヤモンド・プレミアラウンジと変わらない!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、羽田空港国内線のJALサクララウンジを利用した様子をご紹介します。
座席などは一部を除き、非常に高級感のある感じ。
出発ロビーへの直通エスカレーターがあるなど、搭乗者への利便性も損なわないように設計されています。

 
スポンサーリンク

JALサクララウンジの概要と利用資格

JALサクララウンジは、JALが運営する上級会員向けのラウンジです。
航空会社ラウンジですので、ビールなどアルコールの提供ももちろんあります。

JALサクララウンジ(国内線)の利用資格

JALサクララウンジの利用資格は、以下の通りです。

・国内線・国際線のファーストクラスをこれから搭乗する方とその同行者1名
・国際線ビジネスクラスをこれから搭乗する方
・JMB・JGCのダイヤモンド・サファイヤ会員とその同行者1名
・JAL Global Club(JGC)の会員(JGCプレミアは同行者1名)
・JMBクリスタル会員でラウンジクーポン(1枚=1000JALマイル)所持者
 ※キャンペーンで、JMBクリスタルの資格がある年度に、会員本人のみが使用可能な羽田空港国内線サクララウンジのクーポンを10枚もらえます。(JMBクリスタルのファーストサービスにも含まれています)
JALカードEST所持者(1年間で5回まで)
ラウンジキャンペーン参加登録者(※)
・一般利用客(1回1人につき3000円、事前予約必要)

ラウンジクーポンは、クリスタル会員の方は1枚1000マイル、サファイヤ会員以上は1枚2000マイルと、上級会員のほうが必要マイルが上がります。

ラウンジキャンペーン参加登録者の特典

ラウンジのキャンペーンとして、キャンペーン登録後、対象路線の対象運賃に一定回数以上搭乗すると、国内線のサクララウンジや、ダイヤモンド・プレミアラウンジが利用できます。

対象路線と対象運賃

対象路線は、基本的にはJALグループの国内線全路線と思って大丈夫です。
ただし、対象運賃には注意が必要です。

対象運賃:JALグループ国内線 大人普通運賃、往復割引、シャトル往復割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス6、身体障がい者割引、介護帰省割引、特便割引1、特便割引3

JGC修行僧にとって、FOP修行で活躍する特便割引21、回数修行で活躍する先得・ウルトラ先得などの先得運賃はすべて対象外です。

対象期間と内容

キャンペーン登録後、ひと月につき以下の搭乗回数 or FOPを達成した場合、翌月15日~末日まで、指定の空港のラウンジが利用できます。

条件 ラウンジ 対象空港
3回 or 3000FOP サクララウンジ 羽田
5回 or 5000FOP サクララウンジ 中部・青森・岡山・宮崎
10回 or 10000FOP ダイヤモンド・プレミアラウンジ 羽田

毎年行われているので、2018年も行われると予測できますが、対象運賃が狭いので修行僧はご注意ください。

羽田空港国内線サクララウンジ(南ウイング)に入ってみたよ!

羽田空港のサクララウンジ(南ウイング)を使ってみたので、レポートします!

入り口はダイヤモンド・プレミアラウンジと一緒

レセプションカウンターまではダイヤモンド・プレミアラウンジと一緒です。

ここでチェックインし、サクララウンジの利用資格があれば右手に進みます。

真の入り口


個人的には、サクラのマークが好きなので、このロゴ好きです。

見取り図。ダイヤモンド・プレミアラウンジより利用者も多いためか、広いように感じます。


エントランスには、このような絵が。
美術には疎いので、評価はできませんが…

飲食

ドリンクサーバーのエリアは2箇所あります。
飲み物は、ビールをはじめアルコール類・ソフトドリンク、あとはおつまみがあります。

アルコール類

アルコール類は、2箇所あるサーバーエリアで銘柄が異なります。

片側には、キリンの一番搾りと、サッポロ黒ラベルがありました。

もう片側のほうは、キリンの一番搾り、サントリーのモルツ、アサヒスーパードライの3つ。

一番搾りが一番人気なのでしょうか…?

ウイスキーはロイヤルが置かれていました。

ソフトドリンク

冷蔵庫の中には、牛乳とトマトジュース、ミネラルウォーターがありました。

ジュースサーバーのラインナップはダイヤモンド・プレミアラウンジと一緒です。

あとは、コーヒーサーバーがあります。

おつまみ

お食事はありません。これは、ANAラウンジとも共通しています。
おつまみは1種類だけ。

広島空港などほかの空港のサクララウンジは、おつまみに数種類提供があったので、ちょっと寂しい感じもします。

座席

座席も、構成は基本的にダイヤモンド・プレミアラウンジと一緒のものが多いです。
席数はかなり多いです。満員、ってことはなさそう。

ただ、ダイヤモンド・プレミアラウンジ(南ウイング)にはなかった、大テーブルがありました。

めっちゃでっかいです。

あとは、半個室タイプはこじんまりとしていました。

どちらかというとワーキングスペースに近い感じです。

お酒のレパートリーはちょっと物足りないけど…仕事するには捗るね!

ブース型のデスクがかなり多い印象がありました。
仕事をがっつりしたいノマドワーカーには、おすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で