2017/05/070 Shares

フィンランド・アイスランド紀行(1) 飛行機でヘルシンキへ!

こんにちは。MATTUです。
前回の投稿の続きです。

前回の投稿 フィンランド・アイスランド紀行(0) 日本からヘルシンキに出発!

フィンエアー(フィンランド航空)での快適なフライト

フィンエアーとは?

フィンエアー(フィンランド航空)はフィンランドの航空会社です。
フィンランドの首都、ヘルシンキの郊外にある、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブ空港に、世界中に便があります。

日本からは、東京(成田)・大阪(関空)・福岡からヘルシンキ行きの便が出ています。
ワンワールド加盟なので、JALのマイレージがたまります。

JALのマイレージカードを持っていない方は、こちら

チェックインはオンラインチェックインで!

フィンエアーは出発時刻の36時間前からオンラインチェックインができます。
ただ、座席はもう決まっているのかな?座席変更はできず、最後尾に近いA席とC席でした。

使用機体はエアバスなので、A席の隣はC席でした!助かります。

航空券付き個人ツアーはAB-ROADをチェック
オプショナルツアーはVELTRAでチェック!

飛行機に乗り込んだ!

今回乗ったのは、7月9日の関西国際空港発、ヘルシンキ行きです。
p1210461

フィンエアーは、機体に大きく「FINNAIR」と書いてあります。
p1210462
中には、「marimekko(マリメッコ)」のけしの花が描かれているものもあります。
p1220699
(これは帰りの便に描かれていたものを撮ったものです)

乗り込むと、目につくのはmarimekko柄のアメニティの数々。

ビジネスクラスのアメニティ

ビジネスクラスのアメニティ


(写真がないので、シロクマの独り言さんからお借りしました)

このように、様々なアメニティがすべてマリメッコ柄なのです。

でも、間違えてはいけません。これはビジネスクラス。

エコノミークラスはこんな感じ。

エコノミークラス

エコノミークラス


(これも、写真を撮り忘れたので、マイナビニュースからお借りしました)

枕と毛布は両方marimekko柄。
テンションが高まります!

 
スポンサーリンク

飛び立って安定飛行に入り、シートベルトサインが消えると、まずおつまみと飲み物のサービスがあります。
私は迷わず赤ワインをチョイス。
p1210475
このときに差し出される紙ナフキンも、marimekko柄なのです。
ただし、ワインはコップでもらう形なんですね。ミニボトルを期待していたので、ちょっとだけショックです。

外はこんな感じ。
p1210472
期待を裏切らない、この空を飛んでいる感じに、テンションが高まります。

そして、一回目の機内食。
大きめに出しますね。
ワイフはこれを食べました。
p1210482

そして、私はこれ。
p1210483
おいしかったですよ!
飲み物は、白ワインをチョイス。

p1210484
食後のコーヒー。コーヒーカップと紙ナフキンももちろんmarimekko柄です。

飛行機は乱気流を経ながらも、順調に飛行していきます。
p1210481
時間は長いから、映画でも~と思うのですが、邦画はまさかの1本しかないんです。
土屋太鳳主演の「orange」のみ。見てしまいました。ワイフはまさかの号泣。
洋画は多数ありましたよ。
音楽も、J-POPチャンネルは1つのみ。

一回目の機内食の後は、しばらくのお休みタイム。
最後尾に飲み物・軽食コーナーがあって、飲食物を座席に持って帰れます。
p1210485
オレンジジュース・グレープジュース・水・コーラ・ジンジャーエールがあったと思います。
コーラとジンジャエールは缶です!(数量限定!)
お菓子はフィンランドのお菓子が置いてありました。

もうしばらくすると、アイスのサービスが。
p1210489
スーパーカップだ!

そして、到着2時間前になると、昼食のサービスが。
p1210499
が!まさかの!ふたを開けて写真を撮るのを忘れる事態。。。
中身はなんと、「釜飯」です。おいしかったです。

釜飯に合うかなぁと思いつつ、ビールをチョイス。
p1210500 p1210501
スーパードライだったのですが、缶は海外仕様。
p1210503
開け口も形が若干違います。わかるかな?

そうこうしているうちに、フィンランドの街並みが眼下に広がってきました。
p1210516 p1210517

航空券付き個人ツアーはAB-ROADをチェック
オプショナルツアーはVELTRAでチェック!

スポンサーリンク

フィンランドに到着!

そうして、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着。
p1210520 p1210521
我々は、ヘルシンキ市街に行くので、乗り換えではなくExitを目指します。

入国審査は…

フィンランドはEU加盟国なので、EU圏内に乗り継ぎの人も入国審査を通過する必要があると思います。
私は単に滞在なので、普通に入国審査を受けました。

聞かれたのは、目的は?(観光)、期間は?(1週間程度)、どこに行くの?(ヘルシンキ)、ホテルは?ぐらいだったと思います。
ワイフはパスポートの機関の関係で旧姓のままで旅行をしたのですが、ワイフとセットで2人で受けることができました。まあ、よく考えれば、日本以外の国は夫婦別姓当たり前なので、大丈夫ですよね。

荷物の受け取りは、入国審査のあとです。

荷物を受け取ったら、SIMカードと電車・トラム乗り放題のチケット購入へ!

荷物受け取りの後、すぐの場所に、スーパーと、向かい側にスタバがあるところがあります。
そこのスーパーでは、SIMカードなどなどは売っていないので、駅のほうにひたすら進んでいってください。
すると、左手に、キオスクがあります。そこにプリペイドSIMカードと、空港からの電車往復と市街地トラムの乗り放題のチケットを購入することができます。

詳しくは、以前書いたこの投稿をご覧ください。

電車に乗りますよ!

SIMカードと乗り放題きっぷを買ったら、駅のほうに向かいます。

p1210527
長いエスカレータを降り、
p1210530p1210531

p1210532p1210533
ホームに到着。
p1210534

ここで、ホームが2つあるので、どちらに乗ったらいいか一瞬迷います…
でも、ご安心ください。
helsinki-trainmap
この路線図を見ればわかるように、空港を通る電車は、循環線で動いています。
なので、どちらでもヘルシンキ市街に行けます。来た方に乗ればいいです。

一応、キオスクを見落としてしまった方のために…切符売り場はホームにもあるのでご安心を。
p1210535

こんな感じの、ファミリーマートみたいな電車に乗って、いよいよヘルシンキ市街に向かいます。
p1210538

続きは次回へ!

フィンランド・アイスランドへの旅行は、個人旅行が最適だと思います。
航空券付き個人ツアーはAB-ROADをチェック
オプショナルツアーはVELTRAでチェック!
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で