MATTU SQUARE

フィンランド・アイスランド紀行(9) 大温泉「ブルーラグーン」へ

calendar

reload

フィンランド・アイスランド紀行(9) 大温泉「ブルーラグーン」へ

こんにちは。MATTUです。
またまた、ちょっと時が空いてしまいました。
7月に行ってきた、フィンランドとアイスランドの新婚旅行の模様をお送りしています。
今までの経緯などは、以下のカテゴリーページからご覧ください。

アイスランド2日目の午後は、大きな温泉である、ブルーラグーンへ行くオプショナルツアーに参加しました。

スポンサーリンク

ブルーラグーンとは?

アイスランドは、大きな火山が大きいことで有名です。
日本同様に、たくさんの活火山が存在しているのですが、首都レイキャビーク郊外に、大型の温泉施設があります。
それが、ブルーラグーン(Blue Lagoon)です。
bluelagoon1
ブルーラグーンは、レイキャビークと、ケフラヴィーク国際空港の間、というか、空港よりのところにありますね。
観光客が多いので、バスが頻繁に走っています。

バスでブルーラグーンへ

ホテルの前まで、マイクロバスが迎えに来てくれます。マイクロバスに乗り、バスターミナルでブルーラグーン行きの大型バスに乗り換えます。
p1220082
チケットはこんな感じ。帰りのバスでチケットは回収されます。
p1220083

街中には「日本」がいっぱい!

ちょっと反射がすごいのですが、「TOKYO」という文字のお店が。お寿司屋さんのようです。
アイスランドには、お寿司屋さんがあちらこちらにあります。日本食が気軽に食べられるとは、うれしいですね。
p1220090
ちょっと話はそれますが、商店街(?)のメインストリートにも、「スシバリン」というお寿司屋さんが。店の看板はカタカナです。
p1220048

また、日本車もたくさん走っています。今まで行った外国の中で一番多いんじゃないかなぁ。
p1220050

当時書いていたツイッターでも、こんなついーとをしていました。

日本でよく食べられる「ししゃも」と言われるカラフトシシャモ、正式名カペリンという魚があります(本物のししゃもとは別物です)が、このお魚、アイスランド近海で非常によく取れるらしいです。それで、「ししゃも」の輸出のかわりに、車を輸入しているのだとか。
やたら日本の車が多いと思ったら、そんなストーリーがあったみたいですね。

さて、脱線しているうちにバスは最果ての地を通り…

こんな感じで、バスは安定して最果ての地を通過していきます。
p1220097
p1220101
そして、Blue Lagoonまで残り10km。
p1220102
高速を降りて、田舎道(といっても、周りは家も何もないのですが)を突き進みます。

温泉が見えてきた!

なんかもくもくと湯気が立っているのが見えてきました。あそこかな?
p1220107
お、温泉だ!
p1220112

ブルーラグーンに到着!

ブルーラグーンの駐車場に到着しました。ここから、入り口まで歩いて移動します。
p1220115
岩が積み重ねられたのか、積み重なった岩を崩して道にしたのかはわかりませんが、道を抜けます。
p1220116
すると、このように、温泉が広がっています。こちらの温泉には入ることはできません。
p1220119
ブルーラグーンの受付を通れば、人が入れる温泉があります。水着着用で男女混浴になっています。
ちょっとぬるめなので、注意!
p1220125
ぬるいのでずっと入っていられます。温泉に入ったまま、ビールやスムージーなどを飲むこともでき、シリコンパックを顔につけることもできます。

混浴なので、家族で行っても楽しめるのが素敵ですね。
非常に楽しかったです。

さて、このあと、レイキャビークに戻りまして、日本食のレストランに行ってみたいと思います。

フィンランド・アイスランドへの旅行は、個人旅行が最適だと思います。
航空券付き個人ツアーはAB-ROADをチェック
オプショナルツアーはVELTRAでチェック!
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]

folder その他

まだ子どもを産んでいない夫婦なら、ぜひ積極的にインコを飼うべし!
インコが来てから二週間がたった
初めてインコが家に来た日
more...