スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

ANA VISAワイドゴールド3年目はANA VISAプラチナへの移行を考えよ!!メリットと得になるポイントを考察!!

ANAマイル

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ANA VISAワイドゴールドカードを作って3年になりました。
スーパーフライヤーズカード(SFC)に移行していますが、還元率で言えば事実上同じ仕様のカードとなっています。

3年分、ANA VISAカードで貯まるワールドプレゼントを応募方式で貯めたら、結構な額貯まっているはず。
そのワールドプレゼント、そのまま移行するともったいないかもしれませんよ…!?

陸マイラーはANAワイドゴールドカードを発行しよう!VISAとJCBを徹底比較!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。高らかに宣言した、ANA SFC修行ですが、綿密な計画と実施が非常に大事です。今回は、計画以前の問題として、しっかりとマイルを貯める下準備をすることが大切です。まずは、カードづくり...
スポンサーリンク

ANA VISAワイドゴールド(SFCゴールド)で貯めたワールドプレゼントは、ANA VISAプラチナ(SFC含む)切替後はプラチナのレートで交換可能

ANA VISAカードは1000円につき1ポイントのワールドプレゼントが貯まります。
通常ポイントの場合、ANA VISAワイドゴールドカードやANA VISA SFCゴールドカードは1ポイント10マイルで交換することが可能です。

ANA VISAワイドゴールドカードをすでにお持ちの方が、ANA VISAプラチナ プレミアムカードに切り替えた場合、前のカードで貯めていたワールドプレゼントも、1ポイント15マイルでANAマイルに移行できるのです。

(三井住友カード|よくあるご質問 より)

ANA VISAプラチナ プレミアムカードで貯めたワールドプレゼント(通常ポイント)は、ANA VISAワイドゴールドカードで貯めたポイントと合算して、1ポイント15マイルコースで移行できます。

ANA VISAワイドゴールドカードのワールドプレゼントを「移行方式」で貯めていた場合、3年が有効期限ですので、ポイントの有効期限前にANA VISAプラチナ プレミアムカードに切り替えれば、プラチナカード1年分の年会費で4年分のマイル還元率が一気に0.5%上がることになります

素晴らしいですね……!!

ANA VISAワイドゴールドカードとANA VISAプラチナ プレミアムカードの還元率・特典・年会費の違い

ANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナ プレミアムカードの還元率・特典・年会費の違いを見てみましょう。

一番大きい還元率の違いは?

マイル還元率の違いを見ていきましょう。
ボーナスポイント・ステージボーナスのマイル還元率は、Gポイント⇒JRキューポ⇒セゾン経由の交換レート(70%)を適用しています。

マイル還元率ANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナ
プレミアムカード
通常ポイント1.0%1.5%
ボーナスポイント※0.35%0.35%
ステージボーナスV3(前年300万円以上) 0.21%
V2(前年100~300万円) 0.105%
V1(前年50~100万円) 0.07%
2021年から廃止
なし
合計ポイントV3 1.56%
V2 1.455%
V1 1.42%
ステージなし 1.35%
1.85%

※ボーナスポイントは、マイ・ペイすリボのリボ手数料を1円でも発生させることでポイントがもらえます。
毎月の返済金額を数百円だけ残しておくことで、手数料を数円のオーダーに抑えることができます。

ステージボーナスは、前年の決済額に応じてボーナスポイントがもらえるシステムです。
ANA VISAワイドゴールド(SFCゴールド)のみあるのですが、これも2020年の適用までで廃止となります。

2021年以降は、ANA VISAワイドゴールドカード・ANA VISAプラチナ プレミアムカードのマイル還元率の差は、通常ポイントの0.5%分のみとなります。

もらえるマイルはどれぐらい?

切替でもらえるマイルはどれぐらいでしょうか?
一例として、年間300万円決済で比較してみます。

もらえるマイルANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナ
プレミアムカード
入会マイル2,000M10,000M
継続マイル2,000M10,000M
キャンペーンボーナス5,000M(対象者限定)
カード利用マイル
年間300万円決済時
最大46,800M(2020年 1.56%)
40,500M(2021年~ 1.35%)
55,500M(1.85%)
合計2020年 最大48,800M
2021年 42,500M
70,500M

ANA VISAワイドゴールドカードは、2020年はステージV3だった場合。
2020年に新規発行される方やステージなしの方は、2021年の還元率がそのままとなります。

ステージなし同士で比較すれば、28,000マイルの差となります。
(2年目以降は23,000マイルの差)

なお、ANA VISAワイドゴールドカードでワールドプレゼントを3年間貯めている方は、通常ポイントは1ポイント15マイル交換の対象となります。
例えば、私の場合は…現時点で9,000ポイントぐらい貯まっているので…

貯まったマイルANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナ
プレミアムカード
3年分のポイントをマイルに交換
(通常ポイント9,000P)
90,000M135,000M
切替後1年間でもらえるマイル
年間300万円決済時
最大48,800M70,500M
合計138,800M205,500M
年会費(税込)10,450円88,000円

2020年のステージがV3だったとしても、66,700マイルの差です。
年会費の差が77,550円なので、単純に1年間ANA VISAプラチナに移っても、マイル単価は1.16円/マイル。

非常にオトクなのがわかります。

マイルだけではない、ANA VISAプレミア プレミアムカードの特典

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの一番の魅力はやはり還元率ですが、それ以外にも役立つ特典はたくさんあります。

特典ANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナ
プレミアムカード
プライオリティパス×〇(家族会員も対象)
20,000円分※
ANAラウンジ
(SFC会員は国内・海外利用可能)
×国内線〇
国際線✕
プラチナグルメクーポン×半年に1回一人分おトク
20,000円分…
海外・国内障害保険関係
航空機遅延保険国内-利用付帯
海外-対象外
国内-利用付帯
海外-自動付帯
保険家族特約
コンシェルジュサービス×

そのほかの特典は、入会サイトに掲載されています。

提供サービス一覧|ANA VISAプラチナ プレミアムカード
ご提供サービスのご案内。ANA VISA プラチナ プレミアムカードは人生において妥協することなく常に最高のものを求め続ける皆さまにふさわしいステイタス・国際性・先進性を備えた最上級のカードです。

保険などのお金に換算しにくい特典もグレードアップされており、航空機遅延保険では海外も自動付帯になります。
国際線は遅れやすいので、航空機遅延保険はありがたいですね。
ただ、換算しやすいプライオリティパスとプラチナグルメクーポンを合わせると、4万円ぐらいの価値になるでしょうか。

プライオリティ・パス


プライオリティ・パスは、海外の空港でも航空会社や登場クラスに関係なく、ラウンジに入れるサービスです。

SFC会員の場合、ANAラウンジやスターアライアンスゴールド会員特典のラウンジには、スターアライアンス系の航空会社に乗る場合には利用できますが、他アライアンスやLCCに乗る場合は利用できません。

そんな時に使えるのがプライオリティ・パスです。
提携されたラウンジであれば、利用可能となります。

国内では、成田空港などでラウンジに入れます。関西国際空港では「ぼてじゅう」でお好み焼きも食べられます。


プライオリティ・パスの年会費は3段階あり、カードに付帯されているものは「プレステージ」会員とのこと。
家族カード会員も発行可能です。

他社のプライオリティ・パス発行可能なクレジットカードのうち、家族カード会員も発行可能なものの最安は「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」(年会費20,000円)
プレステージ会員の価格より安いため、こちらの20,000円相当と考えたほうがよさそうです。

プラチナグルメクーポン

プラチナグルメクーポンは、半年ごとに一流レストランで2名以上でコース料理を利用すると、1名分がサービスとなるものです。
2人で行っても1人分+飲み物代は必ずかかりますが…

1回につき大体1万円~3万円の範囲で割引となるところが多いようです。

 Gourmet Coupon

1年間はANA VISAプラチナ プレミアムカードを使い、その後使い続けるかはその時判断

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、年会費は高めですがマイルが貯まりやすく、特典も多いカードだとわかりますね。

ANA VISAワイドゴールドカードは2020年度までステージボーナスがあるのが、マイルを貯めやすいポイントでした。
それが、近々ステージボーナスのアドバンテージがなくなり、還元率では通常ポイントの交換レート分の差(0.5%)のみとなります。

さらに、ANA VISAワイドゴールド時代の貯めたポイントも、ANA VISAプラチナ プレミアムカード移行後はプラチナのレートになるのはうれしいところ。
まず1年間、ANA VISAプラチナを使いながら様子を見て、活かせそうだったら2年目以降も利用を継続する、というのも手かもしれません。

陸マイラー活動していて思うのは、年々いろいろなカード・サイトが改悪を重ねるので、仕方ないとはいえマイルはどんどん貯めにくくなっています。
如何に工夫して貯めていくか、の一つのツールになるかも。

私もこれだけ書いていて、アップグレードを迷っているところではあるのですが…(年会費が年会費なだけに)
出来れば替えたいな、と思っています。

対象者限定でプラチナカード切替で5000マイルもらえるキャンペーンも実施されているので、ぜひ検討してみてくださいね!

ANA SKY WEB : キャンペーン - 会員専用機能へのログイン
ソラチカルート終了後のANAマイル・ポイント戦略!!ケースによって使い分けよう!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ANAマイル、貯めてますか?今月2019年12月で、LINEポイント⇒メトロポイントの「ソラチカルート」が交換終了します。お手元のポイントをメトロポイントに移行できましたか?終了...

コメント