5/9(水)19:00~、尾道のシェアオフィスONOMICHI SHAREで
第4回Onomichi Gadget Cafe行います!お気軽に!!
「最近使わなくなった人のためのiPad・タブレット活用術」

SFC修行前にANAワイドゴールドカードを発行しよう!VISAとJCBを徹底比較!

ANAの旅・SFC修行

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

高らかに宣言した、ANA SFC修行ですが、綿密な計画と実施が非常に大事です。
今回は、計画以前の問題として、しっかりとマイルを貯める下準備をすることが大切です。

まずは、カードづくりから。今回は、ANAワイドゴールドカードを作る、ということについて解説します。

スポンサーリンク

ANAワイドゴールドカードを作る特典

ANAワイドゴールドカードは、ANAカードの中で一般カードを含めて最もコストパフォーマンスの良いカードです。

特典1)ステイタス積算率が無条件で25%

このカードを持つだけでANAワイドカードの特典が得られますので、ステイタス積算率は25%です。
これだけであれば、ワイド一般・ワイドゴールドカードとも一緒です。
(一般カードは10%、クレジットカード付帯なしのマイレージクラブカードは0%)

ステータス積算率が何かわからない人は、マイルやプレミアムポイントの解説を以下の記事で解説しているので、ご覧ください。

特典2)10マイル移行手数料が無料

ANAカードはカードの使用ポイントをクレジットカード会社のポイントで付与されます。
VISA/MasterCardは三井住友カード発行の「ワールドプレゼント」。JCBカードは「OkiDokiポイント」です。

両社とも、ポイントは1000円=1ポイントで有効期限は2年間。
このポイントをマイルに交換することができます。

ANAワイドゴールドカードはデフォルトで1ポイント=10マイルとして交換できます。

ワイド一般カードは1ポイント=5マイルとして交換できるのがデフォルトです。
1ポイント=10マイルに変更することもできるのですが手数料として、JCBは5,000円(税別/年間)、VISA/Masterは6,000円(税別/年間)かかります。

特典2)年会費がANA一般ワイドカードより安い

マイル移行手数料と年会費は一体として考えるべきです。
JCBとVISA/MasterCardそれぞれの年会費を比較してみます。
※ポイントの有効期限は2年間なので、2年に一度10マイル移行を申し込めばよいですね。

ANAワイドカードとワイドゴールドカードの年会費の比較

まずは、ANAワイドカードとワイドゴールドカードの年会費の比較です。
()内は、マイ・ペイすリボとWEB明細サービスに登録し、1年で6カ月以上決済履歴がある方に受けられる割引です。

項目 JCB
一般ワイド
JCB
ワイドゴールド
VISA/Master
一般ワイド
VISA/Master
ワイドゴールド
本会員年会費 7,250円 14,000円 7,250円
(6,750円)
14,000円
(9,500円)
10マイル移行手数料 5,000円 6,000円
年会費合計※ 9,750円 14,000円 13,250円
(9,750円)
14,000円
(9,500円)

※2年に1度10マイル移行手数料を支払った場合の一年平均。
価格は税抜きです。
マイ・ペイすリボは、リボ上限をカード上限に設定しておけば一括払いと同等になります。

SFCの年会費の比較

ANAの上級会員であるSFC(スーパーフライヤーズカード)に切り替え・移行したときの年会費の比較です。
SFCは、
・ANA一般ワイドカード⇒SFC一般カード
・ANAワイドゴールドカード⇒SFCゴールドカード
に切り替わります。

項目 JCB
SFC一般
JCB
SFCゴールド
VISA/Master
SFC一般
VISA/Master
SFCゴールド
本会員年会費 10,250円 14,000円 10,250円
(9,275円)
14,000円
(10,500円)
10マイル移行手数料 5,000円 6,000円
年会費合計※ 15,250円 14,000円 13,250円
(12,275円)
14,000円
(10,500円)

やはり、トータルの年会費は、SFC一般よりSFCゴールドカードのほうが安くなります。
SFCへの切り替えを前提に考えても、ANAワイドゴールドカードを作ったほうがいいでしょう。

特典4)入会キャンペーンが充実!

入会キャンペーンがとにかく充実しています。(2018.1.10現在)

VISA/Masterワイドゴールドカードの入会特典

内容 ワールド
プレゼント
換算マイル 使い方
ANA主催の
エントリープレゼント
2000M エントリーするだけ
マイ・ペイすリボを設定し
100万円以上利用
1500P 15000M 航空券購入
家族カード入会し、
3万円以上利用
400P 4000M 本カード到着後に発行
(マイ友プログラム使用)
ANA銀聯カードで
3万円以上利用
600P 6000M ヨドバシなどで5%OFF
合計 27000M
最大47500マイル相当がもらえる!!ANAカードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード
最大47500マイル相当がもらえる!!ANAカードご入会キャンペーン キャンペーンは三井住友VISAカード

これよりも多いマイルがもらえます!と入会キャンペーン等に書いてあったりしますが、あれはプラチナカードに入った場合です。
ANAカードであまり決済しない場合は、ワイドゴールドカードに入ったほうがいいです。

100万円以上利用が一番ハードルが高いですが、SFC修行される方は航空券決済すれば決済すればどうにかなる、かな…。

家族カードとの決済の配分

家族カードを作る場合、キャンペーンの適用を考えると、以下の金額以上決済すればOKです。

決済方法 本カード会員 家族カード会員 使い方
通常決済
(マイペイすリボで
設定金額は上限に)
40万円 3万円 本カードは航空機決済
家族カードは日用品決済
iD決済 3万円 本会員と合算される 日用品・食料品
ANA銀聯カード 3万円 本会員と合算される ヨドバシ・ビックで家電
ANAカードマイル
プラス加盟店決済
1万円 本会員と合算される セブンや高島屋

JCBワイドゴールドカードの入会特典

入会特典は以下の通り。

項目 OkiDokiポイント ANAマイル
ANA入会・更新特典 2,000マイル
(直接付与)
キャンペーン(1)
(JCB入会特典)
800 P 2,400マイル
キャンペーン(2)
(JCBゴールドカード入会特典)
3,000円CB
キャンペーン(3)
(10マイルコース入会特典)
500 P 1,500マイル
キャンぺーン(4)
(「支払い名人」登録、5万円利用)
1,500円CB
キャンペーン(5)
(「支払い名人」に5万円以下で登録、
5万円利用)
10,000円CB
(抽選)
合計 最大11,500円CB 5,900マイル

VISA/Masterに比べると入会マイルが少ないか?と思われるかもしれません。
ただ、VISA/Masterのほうは銀聯カードや家族カードを作ったり、決済金額100万円以上だったりと、非常にハードルが高くなっています。
当ブログでおススメしている「LINE Payカード+ソラチカカード」をメインにして、ANAワイドゴールドカードはSFCステータス保持のために所持する、というような使い方でしたら、入会特典ハードルの低いJCBワイドゴールドのほうが楽かもしれません。

詳しくはJCBの公式キャンペーンページをご覧ください。

「ANA マイ友プログラム」を活用すれば、さらに2000マイル還元

ANA マイ友プログラムというのがあります。
ANAカード会員が知人・友人をANAカードに紹介すれば、紹介者・入会者ともにマイルを還元してくれるというサービスです。

まだお手元にANAカード(一般カードを含む)がない場合は、友人・家族に紹介してもらえば、マイルが還元されます。
ワイドゴールドカード作成で2000マイルもらえるのです。

お手元にすでに「ソラチカカード」などのANAカードがある場合は適用できませんが、ANAのクレジットカードがない場合は、ANAカード(ランクは問いません)を持っている友人・家族を探してみてください。紹介者・入会者ともにマイルがもらえます。

※まだ、ANAカードを作っていない場合、ソラチカカードよりも先にワイドゴールドカードを作ったほうが、もらえるマイルは多いです。
先にワイドゴールドカードを作りましょう。

もし、友人や家族にANAカードを持っている人がいない場合、私から紹介いたします。
このブログのコメント欄に紹介してほしい旨と通じるメールアドレスを書いて投稿してください。
(コメントは、サイト管理人の許可がないとサイトのコメントとして反映しません。サイト管理人には通知されますので、紹介番号をお伝えしましたら、コメントを破棄いたします。個人情報がコメントとして表示されることはないので、ご安心ください)
原則、すぐ(1日以内に)返信します!

ワイドゴールドカードの還元率を比較してみると…

ANAワイドゴールドカードのうち、JCBとVISA/Masterではポイントプログラムが異なるため、理論上の最大還元率が変わります。
比較してみると…

基本的に、通常決済することにより、ANAマイル1.0%分のポイントがたまります。
VISA/Masterのほうは、マイ・ペイすリボに登録の上、少額でいいので毎月手数料を発生させるようにリボ上限金額を調整し、ソラチカカードなどを併用の上ポイントを移行した場合、最大マイル還元率1.65%になります。
さらに、ステージ判定で前年度の決済が300万円を超えないとこの数字にたどり着かないので、相当苦労する必要があります。

それに対して、入会費・年会費無料のプリペイドカードであるLINE Payカードは基本ポイント還元率が2.0%、ソラチカカード経由でANAマイルに交換しても1.62%と、非常に有能なカードです。

メインカードはLINE Payカードにし、サブとしてANA JCBワイドゴールドカード(SFCゴールド)を持っておくのがおすすめです。
JCBワイドゴールドカードのほうが入会特典のハードルが低いので、楽に達成しマイルを獲得できます。

SFC修行後のメリットとして、SFCゴールドが実質無審査で発行

SFC会員資格を得られて、SFCを申し込む場合も、SFCゴールドカードが一番コストパフォーマンスが高いです。
ワイドゴールドカードからSFCゴールドカードへの切替は、実質無審査で発行できるようです。他ランクへの変更の場合審査があり、まれに通らない場合があるようです。

やることまとめ

申込の手順

(1)ANAのマイ友プログラムに申し込む。
・友達・家族でマイ友プログラムに紹介してもらう。
※友達・家族でANAカード・マイレージ会員がいなければ、わたくしから紹介しますので、下のコメント欄にメールアドレスとマイ友プログラムに紹介してほしい旨を残していただければ、確認後すぐにお送りします。

(2)ANA JCBワイドゴールドカードに申し込む。

本カード申込時の注意点

・支払い名人、またはマイ・ペイすリボに申し込み(設定金額は最大の3万円に設定)
・マイル移行方式は、「応募方式」に設定
 (マイル有効期限3年の失効をふせぐため、必要な時に必要な数だけポイント交換できるように)

本カード到着時

・カード会社(JCB or 三井住友カード)会員サイトに登録
・支払い名人、またはマイ・ペイすリボの設定金額を利用上限金額に設定
・マイ友プログラム登録を使って、家族カードを作成
 (家族会員も対象となるとのことです)
 紹介者・入会者ともに2000マイル付与されます。
・各キャンペーンにエントリー

三井住友VISAカード

※到着は申し込みから一週間程度です。(審査は即結果がメールで送られてくれると思います(営業時間外は次営業日の朝)
私は6日で届きました。

さて、ANAワイドゴールドカードの発行が終わったら、陸マイラー必携のカード、ソラチカカードの発行に移りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント