MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

マイナポイント第2弾15,000円分は、第1弾の決済から紐づけ変更もOKの模様。ただし、人によっては6/30中のアクションが必要かも

カード・Suica

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2022年6月30日から、マイナポイント第2弾が始まります。

健康保険証のマイナンバーカードへの紐づけと、公金受取口座の登録を行うことで、最大15,000ポイントを受け取ることができます。

15,000円分というのは、結構大きいですよね。

ただ、マイナポイント第1弾を最初の時期に還元を受けた方は、第1弾のときとスマホ決済・ポイントを貯めているサービスを変えている方もいるかもしれません。

ご安心ください。
おそらく、第2弾で還元を受ける事業者を、第1弾で登録した事業者から変更することができると思われます。

[2022/6/25更新]au PAYでは、6/30~9/30に
・マイナポイント(健康保険証or公金受取)をau PAYに申込みで1,000円分の残高プレゼント(抽選10万名さま)
・auじぶん銀行口座とau PAYを連携させた方を対象にPonta1,000ポイントプレゼント(抽選1万名さま)
のキャンペーンが開始されます。

[2022/6/23更新]Suica(JREポイント)は6/30より、マイナポイント申込で毎月10,000円分ポイントが抽選でもらえるキャンペーンを実施します。更新しました。

スポンサーリンク

マイナポイント第2弾「最大15,000ポイント還元」の中身

マイナポイントは、

・第1弾:残高チャージか支払いで5,000ポイント還元(25%分)

が実施されてきましたが、2022年6月30日より第2弾が開始されます。

PayPayサイトより

6月30日からのマイナポイント第2弾では、

・マイナンバーカードを「健康保険証と紐づけ」:7,500ポイント還元
・公金受取口座の登録:7,500ポイント還元

合計15,000ポイントが還元されます。
この15,000ポイント分は、チャージやお支払いの必要なく、登録さえしておけばもらえるポイントとなります。

サービスによっては、さらにボーナス還元が受けられる事業者もあります。
(ページ後半をご覧ください)

PayPayをスマホにインストールしよう!!
新規登録+銀行口座登録で1,000円もらえる!!

  
マイナポイントで最大20,000ポイントもらえる! - 楽天ペイアプリ
マイナポイント第2弾の申込受付中!楽天ペイなら最大20,000円分の楽天ポイントがもらえます。

マイナポイント第1弾で紐づけた決済事業者を、第2弾で変更することはできる?

マイナポイント第1弾では、20,000円分のチャージか支払いで、5,000円分のポイントが還元されました。
上乗せの還元をする事業者もあり、深く考えずに紐づける決済事業者を選んだ方も多いかもしれません。

第2弾ではさらに3倍のポイントが付与されることとなり、「やっぱり別の決済事業者と紐づけたい!」と思う方も多いかも。

多分、大丈夫です!

執筆時点(6/22現在)マイナポイント公式サイトにはまだ掲載されていないのですが、PayPayのマイナポイント特設サイトに掲載されています。

6/30からは、「他の決済サービスで第1弾を申込み済でもOK」

PayPay特設サイトの「6/30から」の欄には、以下のような記載があります。

「他の決済サービスで5,000ポイントを申込み済みでもOK」と書いてあります。

「申し込める方」の欄には、以下のように書いてあります。

【1】というのは、第1弾の「チャージor支払いで5,000ポイント還元」です。
右側の通り、「PayPayや、ほかの決済サービスで【1】を登録済の方」も、PayPayで第2弾の15,000円分を受け取れるということです。

マイナポイントで最大20,000ポイントもらえる! - 楽天ペイアプリ
マイナポイント第2弾の申込受付中!楽天ペイなら最大20,000円分の楽天ポイントがもらえます。

マイナポイント第2弾の申込手順

マイナポイント第2弾の申込手順は、以下の通り。

マイナポータルをダウンロード・インストールし、利用登録を行います。
その後、マイナポータルで健康保険証利用申し込みと、口座登録を行う、という手順です。

6/29までに「健康保険証利用申し込み」「公金受取口座登録」をした方は、6/30中に事業者変更をお忘れなく

「第2弾のポイントを最短でもらうには?」という章には、最短でマイナポイントを申し込んだ翌日にポイントがもらえる、と記載があります。

ここで注意していただきたいのは、第1弾をすでに申し込まれている方で、6/29までに「健康保険証利用申し込み」か「公金受取口座登録」が済んでいる場合です。

どちらか一方でも登録が済んでいれば、第1弾で登録している事業者あてに、最短翌日(7/1)にポイントが付与されてしまう可能性があります。

ポイントを付与したいサービスを変えたい場合には、6/30中に申し込まなければ、手続きが間に合わなくなるので要注意。

6/29までにマイナポータルの手続きをしていない場合や、第1弾で登録していた事業者がマイナポイント事業を終了した場合は、焦る必要はありません。

PayPayをスマホにインストールしよう!!
新規登録+銀行口座登録で1,000円もらえる!!

  

マイナポイントキャンペーンまとめ

2022/1/1以降、マイナポイント事業第2弾が行われています。
各カード・電子マネーによって、還元方法が異なるので、一度チェックしておきましょう。

「チャージor支払いのマイナポイント」欄の記載は、第1弾からのキャンペーンでのポイント還元です。
チャージでマイナポイントをもらえるものが多いので、申し込み後とりあえずチャージしておきましょう。
第2弾の「健康保険証」「口座登録」は、全事業者で7,500円x2(最大15,000円)の還元となります。

申込の際、対象電子マネーを選択する必要があります。
一度申し込んだら変更できませんので、要注意。慎重に選びましょう。

おサイフケータイ・FeliCa

電子マネー(1)
チャージor支払いの
マイナポイント
(2)健康保険証・
(3)公金受取の
マイナポイント
電子マネー
独自の
ボーナス
ポイント
還元方法
Suicaチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
(1)1,000P
(2)(3)抽選10,000P※
JRE POINT(通常ポイント)で還元
※第2弾は毎月抽選1000名に10,000P
WAONチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
電子マネーで還元
nanacoチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
nanacoポイントで還元
楽天Edyチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
楽天Edyで付与
※6/24~7/24は申請不可
ICOCAチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
ICOCAポイントで還元

※その他、交通系ICカードの一部(manaca,nimoca,TOICA,ICOCA,はやかけん,Kitaca)、ゆめか・エフカマネー・コープカード・LaCuCaなど各種スーパーのカード、三井住友カード(Vpassを利用する他社提携カード含む)、JCBカードエポスカードイオンカードdカード楽天カードTOKYU CARD、au PAYカード、オリコカード、セゾンカードなどのクレジットカードも対象

QRコード決済系

電子マネー(1)
チャージor支払いの
マイナポイント
(2)健康保険証・
(3)公金受取の
マイナポイント
電子マネー
独自の
ボーナス
ポイント
備考
PayPayチャージ額or利用額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
チャージ額か利用額かは申込時に選択
PayPayボーナスで付与
楽天ペイ決済額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
マイナポイント分は楽天ポイント(通常ポイント)
LINE Payチャージ額の25%
(最大5,000円)
マイナポイントはLINEポイントで付与
※6/24 23:59に受付・ポイント付与終了
au PAYチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
(2)(3)1,000円
(抽選)※
au PAY残高でチャージ
※au PAYとauじぶん口座の連携・エントリーでも
別途1,000円抽選キャンペーンあり
d払いチャージ額の25%
(最大5,000円)
7,500円ずつ
合計15,000円分
マイナポイント分はdポイント(通常ポイント)
カード・Suica

ラジオDJ・ペンガジェッター。料金プランにも詳しく、シミュレーターも作りました。
広島から、あなたの物欲を刺激する「コレはおススメ!」という情報をどんどん発信しています!
陸マイラーで、1年間に貯めたマイルは25万マイルを超えるポイントヲタク。

詳細・お問い合わせ・お仕事依頼はこちらから!

運営会社情報はこちら

MATTUをフォローする
MATTUをフォローする
MATTU SQUARE

コメント