図柄ナンバープレートの申込手順をまとめてみた!【ブロガーの引越物語(4)】

引越

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

引越を機に、

MATTU
MATTU

せっかくナンバープレートを変えるんなら、図柄ナンバーを入れたい!!

という方も多いのではないでしょうか。
でも、面倒なんじゃない?という方のために、今回図柄ナンバープレートを実際に申請してみました。
※地方版の図柄入りナンバープレートも、同様の手順で申し込みます。

結構簡単に作れましたよ!

図柄ナンバープレートは、インターネットから申し込める!

図柄ナンバープレートは、インターネットから簡単に申し込めます。

図柄ナンバー申込サービス(GKAA0101)


左の「申込」ボタンを押して、申し込みましょう。

交換か、希望番号かを選択

ナンバープレートを番号そのままで「交換」するか、新規登録や住所変更を伴う「希望番号」にするか選択します。

私は、今回は引っ越しを伴う住所変更ですので、「希望番号」を選択しました。

メールアドレスの仮登録

メールアドレスを仮登録します。
登録したら、メールアドレス宛にメールが届きますので、リンクをクリックして申込みを続けましょう。

基本は通常ページで大丈夫だと思います。「次へ」をクリックしましょう。

自動車の種類を選択

自動車の種類を選択します。「登録自動車」か「軽自動車」を選びましょう。

自動車の状態を選択

自動車の現在の状態を選択します。

新車の場合は「新車」を。
私は住所変更ですから、すでにナンバープレートがついています。
「ナンバーの付いた自動車」を選択しました。

使用の本拠の位置を選択

「使用の本拠の位置」とは、前回、車庫証明した場所がどこにあるかを選択します。

今回は、住所移転で車庫証明を新たに行ったので、変更後の位置も選択します。


東広島市になりますので、広島ナンバーになりました。
(以前は三原市でしたので、福山ナンバーでした)

寄付金額を入力

東京オリンピック・パラリンピックか、ラグビーワールドカップの寄付をするかどうかによって、ナンバープレートの図柄が変わります。



こんな感じで、最低1000円の寄付で、標板の柄がかわります。
寄付をする方は入力しましょう。

自動車の情報を、車検証を見ながら入力

次は、自動車の情報を、車検証を見ながら入力します。

希望番号を入力

ナンバープレートの希望番号を入力します。

一部抽選の対象となる番号がありますが、それ以外であれば先着順で受け付けられます。

申込み内容の確認

申込み内容を確認しましょう。

申込み完了!

申込み完了画面が表示されれば、これで完了です。

交付手数料と寄付金を払い込もう

申込みが完了すると、入金手続きをするためのメールが送られます。

銀行振込をしましょう!
インターネットバンキングを使えば、インターネットで完結します。

払込完了すると、ナンバーが確定する!

払込が完了すると、入金確認と確定ナンバーのメールが届きます。

あとは、陸運局へ行ってナンバープレートの交付を受けるだけです!

意外と簡単に、手続完了!

ナンバープレートの申込みから、交付可能期間まで10日程かかりますので、早めに申し込んだほうが良いと思います。
ぜひ、図柄入りナンバープレートを手に入れてみてくださいね!

次回は、実際に運輸支局に行ってナンバープレートを取り替えてみた様子をご紹介します。

陸運局・運輸支局で、自分で図柄ナンバープレートに交換する手順をまとめてみた!【ブロガーの引越物語(5)】
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。図柄ナンバーの申込みを済ませ、車庫証明を取れたら、いよいよナンバープレートをゲットしに行きましょう!行くのは運輸支局。と言っても、結構広くてどこに行けばいいかわかりにくいのです。...

運輸支局に行く前に、警察で車庫証明を済ませましょう!

【ブロガーの引越物語(3)】車庫証明は自分で簡単に取れるよ!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ブロガーMATTUの引越体験記を連載でお届けしています。第3弾は,個人でも車庫証明の手続は簡単にできるんだよー!という話。車を購入するときには代行してもらったりしますが、結構高くつ...

ブロガーの引越物語、連載一覧

ブロガーの引越物語の連載は、以下のラインナップでお送りします。

回数 テーマ
第1回 時間がない!ブロガーが引越を完了するまでのスピード感をまとめてみた
第2回 初期費用を抑えよう!安くて品質の良い引越し業者を選ぶコツ
第3回 車庫証明は自分で簡単に取れるよ!
第4回 図柄ナンバープレートの申込手順をまとめてみた!
第5回 陸運局・運輸支局で、自分で図柄ナンバープレートに交換する手順をまとめてみた!
第6回 ブロガー・個人事業主が引越し前後に行う手続きとは?

引越しの見積は、『引越し侍』がおすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント