※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

会社の設立登記は24時間でできる!?「24時間以内処理」で、ほぼ自力で合同会社を作ってみた

ブログ

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

私MATTUは、会社員を経たあと、フリーランスとして活動してきました。
3期半ぐらい個人事業主としてやってきたのですが、いろいろ思うところがあり、法人化してみることにしました。

会社を作るって難しそうなのですが、「決める」ことさえできれば意外と簡単に作れた、というのが正直な感想です。
ただ、検索してみると、行政書士や税理士事務所などの勧誘につながるような記事ばかりで、純粋に会社を作った方の生きた経験談がなかなかなく……。

そんな中、いろいろ調べていくと「24時間以内処理」といって、オンライン申請すると登記申請から完了まで、通常2週間程度かかるところが24時間程度でできる、というのです。

今回は、会社のつくり方を解説するとともに、24時間以内処理にチャレンジしてみます。

2020/8/4(火)のYouTube Liveでも解説しました。

スポンサーリンク

法人化までに決めておくべきこと

法人化までに決めておくべきことは、以下の通り。

株式会社か、合同会社か?

株式会社か、合同会社か、というところはまず決めましょう。

・株式会社は、株式の発行で資金を調達できる
・合同会社は、出資者と経営者が分離していない法人。経営者は必ず出資者で、意思決定が早い(株主総会もなし、決算の公告義務もなし)
・会社の設立は、
  設立の手間(株式会社は公証人による定款認証が必要)
  や資金面(登記に必要な登録免許税が、株式会社:15万円~、合同会社:6万円~)
  ともに合同会社のほうが楽

その他にも、合同会社は知名度・認知度が低いという声もありますが、最近ではGoogleやAmazonの日本法人など、意外と目にする機会が増えてきています。

とりあえず、ひとり社長として手っ取り早く今の仕事の延長を…と考えて、私は合同会社を選ぶことにしました。

会社名を決める

会社名、意外と悩むんですよね……。
カタカナの場合は英語表記もふくめ(定款に入れる必要はないですが…)、ここは会社の経営理念などいろいろ考慮しながら悩みます。

同一住所に同一の称号の会社がなければ、登記可能です。

会社名の検索は、国税庁の法人番号公表サイトで検索できます。

https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

本店所在地を決める

本店所在地を登記する必要があるので、これを決めます。
自宅住所で登記する手もありますが、賃貸の借家の場合は住居用で借りている場合難しいです。
また、引っ越ししたりすると、登記住所も変更しないといけないので、余分にお金もかかります。

登記の際は、一応だれでも住所は閲覧できる状態になりますので、個人情報の管理にも注意したいですね。

バーチャルオフィスを借りるというのも手だったりしますが、私は知り合いのシェアオフィスとすることにしました。

こういう時に安心は大事です。
いつか、一等地にオフィスを借りられたらいいですね……。

事業年度の期首・期末を決める

事業年度の期末は何月かを決めます。
1年は12か月までなので、1期目は13か月とかはできません。
逆に、8か月など、短くすることはできます。

登記申請日が会社設立日となるので、その前の月を期末とするとすんなり来ます。
(5月2日に提出の場合、4月まで。など…)

「会社を作る」までの手続きの流れ

今回は「合同会社」設立までの手続きの流れをご紹介します。

会社設立の際に「定款」(社名や事業目的などを定めた、会社の「憲法」のようなもの)を作る必要があります。

株式会社の場合は、この「定款」を公証役場で公証人のもと認証する、という作業がいりますが、合同会社の場合は不要です。

マネーフォワード会社設立、などの設立サイトに登録して必要事項を入力する

私は、マネーフォワード 会社設立に登録してみることにしました。

登録しなくても、会社設立は問題なくできそうなのですが(とくにひとり社長の場合は)、

  • もともと「マネーフォワード クラウド確定申告」を使って帳簿作成していて、法人向けの「マネーフォワード クラウド会計」を使おうと思っていた
  • マネーフォワード クラウド会計」のビジネスプランかスモールビジネスプランに契約すれば、「マネーフォワード 会社設立」の利用料金は無料
  • マネーフォワード 会社設立」で定款の電子署名作成の際、通常1回5,000円の手数料がとられるのですが、「マネーフォワード クラウド会計」の有料プランに申し込めば無料でできます。
    (法務局へ登記をする際にオンライン申請する場合、自宅PCでマイナンバーカードを使った電子署名が可能なので、ひとり社長の場合は必ずしもこのようなサービスを使わなくても登記できると思います)

  • 会社設立までの流れだけでなく、定款以外も必要書類がほぼすべてダウンロード⇒印鑑を押すだけでOK
  • 定款が最もハードル高いところだとは思いますが、それ以外の申請書などほぼすべての書類は、PDFダウンロードし印刷・捺印するだけで提出できる状態に持っていけるのは大きいです。
    (登録の動機というよりは、使ってみてよかったと思う点です)

  • マネーフォワード 会社設立」を使って登記する会社が新規に「マネーフォワード クラウド会計」の年額プランに申し込むと、Amazonギフト券をほぼ年額分もらえるキャンペーンをしていた(1年間の利用料が実質無料)
  • ・スモールビジネスプラン(年額35,760円(月2,980円x12))申込でAmazonギフト券30,000円分プレゼント
    ・ビジネスプラン(年額59,760円(月4,980円x12))申込でAmazonギフト券60,000円分プレゼント

ということで、私はもともとマネーフォワード クラウド確定申告を使っていたのと、会社設立までの流れ・面倒な書類を自動作成してくれるというところ、さらにマネーフォワード クラウド会計のビジネスプラン1年分の利用料が実質無料だったため、使ってみました。

登記手続きしてみて改めて感じるのですが、とくに書類作成についてはだいぶ時間と労力の短縮になったので、マネーフォワード 会社設立はよかったなとおもいます。

個人印は印鑑登録。法人印は作っておく

個人印は、市役所で印鑑登録をしておき、印鑑登録証明書をもらっておきます。
私の住んでいる東広島市の場合、印鑑登録は100円。印鑑登録証明書は300円でした。

法人印は、下のようなものをネットショップで安く買いました。

マネーフォワード 会社設立」でも3本セットの印鑑を購入できますが、高いのと銀行振込での決済になるのが面倒だったので、上のような楽天・Yahoo!で買えるものを購入しました。

出資金の払い込みをする

出資者全員が、代表者の銀行の個人口座に出資額を「振込」で払い込みます。
ひとり社長の場合のみ、出資金の「入金」でOK。
(残高が十分あっても、一度出資金分を「出金」してから再度「入金」しておく必要あり)

通帳のある銀行の場合は、表紙・1ページ目・出資金の振込が記載されたページをコピー・スキャンして