スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

【BOOX Nova3 Color レビュー】メモできる「カラー電子ペーパー」搭載端末、ついに登場!開封レビュー

PC・Tablet

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

電子ペーパー搭載の製品は、他のディスプレイの製品と異なり、紙のように目に優しく便利です。
ペンを使った書き心地も、「ペンと紙」にかなり近いものがあります。

また電子ペーパーは非常に省電力で、2週間程度は充電せずに使い続けられます。
充電、というストレスからかなり解放されるのです。

ただし、世に出回っている電子ペーパー搭載端末は、Kindleをはじめほぼ白黒。
特に「メモ」をするという観点でいえば、白黒でもいいのですがあと数色あるとうれしいというのが正直なところ。

昨年BOOX Poke2 Colorというカラー電子ペーパー搭載端末を発売したBOOXシリーズが、ついに「メモ機能」も搭載した新製品「BOOX Nova3 Color」を発売しました!

早速購入しましたので、開封レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

BOOX Nova3 Colorを開封

BOOX Nova3 Colorを早速開封していきます。

外箱は、カラーで書かれたメモがモチーフになっています。素敵ですねぇ。

本体はA5判程度のコンパクトなボディ

早速開けてみるとこんな感じ。

開封直後の電源投入前から、このように比較的鮮やかなカラーで表示されています。
さすが電子ペーパー。

正面はベゼルと電子ペーパーの間に段差のないフラットなディスプレイ。
下側は2トーンで、画面下のボタンは「戻る」として機能します。

ディスプレイは7.8インチで、本体はiPad miniとほぼ同じ大きさ。
A5判程度です。

端子はそのほかに、下面にUSB Type-C。上面に電源ボタンがついています。
電源ボタンは充電を認識するとLEDが光ります。
本体のレイアウトとしては、BOOXシリーズのスタンダードという形で、以前使っていたBOOX Noteともほぼ同じです。

BOOX Nova3 Colorの付属品。ペンは三角形状で握りやすい

BOOX Nova3 Colorの付属品は、ペン・USBケーブル・保証書・画面保護フィルム。

付属品だけでなく、特典のケースなども付属!

今回はBOOX公式サイトから購入し、中国倉庫からの輸入となったのですが、無料アクセサリーも付属されていました。
予備の画面保護フィルム、保護ケース、ストラップ、フィルム貼付用のアクセサリーです。
かなり豪華ですね。

日本の公式代理店である、SKTNETSHOPでの購入でも、若干内容は異なりますが特典グッズはついているということです。

付属のペンは三角形の断面で、握りやすい

本体付属のペンはWACOM Feel IT Technologyを採用しており、Galaxy NoteシリーズなどのSペンも利用可能ですし、このペンをGalaxy Noteシリーズに使うこともできます。

断面が三角形の形状で、非常に握りやすいです。
おにぎりえんぴつを思い出します。小学生の頃よく使っていました!

カラー電子ペーパー、PDFや書籍を「読む」のには適している?

まずは、BOOX Nova3 Colorで本を「読む」場合の視認性を簡単にレビューしていきます。

純正PDFビューワーでの表示

純正PDFビューワーアプリにカラーのPDF(V-8HDの取扱説明書)を入れて表示してみました。

カラーPDFを表示

ちゃんとカラー表示できているのは感動です。
色は忠実に再現されているわけではないので、独特の色ではありますが、白黒表示だとわかりにくかった資料もちゃんと視認できるのは非常に大きいです。

動作させている様子・追従性については、動画で解説していますのでご覧ください。
(再生ボタンで該当箇所から再生されます)

また、PDFにカラーペンで書き込めるのも魅力。

白黒しかなかった世界でなく、赤色など(上の写真の場合は黄色ですが)自由な色で書き込めるというのは、「メモできる電子ペーパー」の世界の中では革命な気がします。

色の再現性や表示の追従性を優先したいのであれば、iPadなどのタブレットを買うべきです。
しかし、メモ用途であるならかなりBOOX Nova3 Colorは使いやすくなっていると思います。

Kindleアプリや新聞誌面ビューワーなど、他社アプリも使ってみると

Kindleや新聞誌面ビューワーなど、他社アプリもBOOX Nova3 Colorに入れて使ってみました。

Kindleアプリ

Kindleアプリは、BOOXのアプリストアからダウンロードしたものを使っています。

このカラーチャートをみていただいてもわかる通り、色の表現は忠実という感じではなく、青の表現が少し苦手そう。

また、純正PDFアプリより、Kindleなど他社製アプリの方がノイズというかざらざら感が出ている感じがします。

テキスト部分を拡大してみると…(左:BOOX Nova3 Color, 右:Kindle Oasis)

左がBOOX Nova3 Color、右は白黒表示のみ対応のKindle Oasisです。
アプリが端末表示に最適化できていない面もあるとは思いますが、カラー電子ペーパーで表示されたテキストは「クッキリ感」が薄れ、文字の周りがザラッとしているように感じます。

カラー表示によるメリットはある

BOOX Nova3 Colorは、クッキリ感は薄れていますが、ただカラー表示のメリットはあります。
クッキリ感を重視するか、カラーを重視するかは、人によって分かれそう。

新聞誌面ビューワーで1面を読む

日経の誌面ビューワーは、BOOX Nova3 ColorでGoogle Playストアを有効化して入れてみました。
早速1面を開いてみましょう。

日経2021/3/18朝刊の1面を開く

7.8インチというサイズで朝刊1面全表示のまま読むのは、流石にちょっと苦しいかもしれないですが……

そのままカメラを画面に寄せてみる

そのままカメラを画面に寄せてみると、まあ雰囲気読めなくもないです。
案外読めます。

拡大せずに読みたい場合は、やはりBOOX Noteサイズ(10インチ以上)は欲しいかなぁと思いますね……。

表示を拡大して見れば、クッキリ読める

新聞の画面表示を拡大すれば、もちろん問題なく読めます。

1面はカラーであることが大半なので、電子ペーパーでもカラーで読めるのは新鮮ですね。
(図の表示はわかりやすいかも。写真も、新聞掲載の写真は若干荒めなので、案外違和感がない気がします)

カラー電子ペーパーで「書く」。メモが格段に楽しい!

続いては、BOOX Nova3 Colorで「書く」を試してみました。

標準ノートアプリだと、案外細かい字も書けるし、追従性がかなりいい

適当に書いてますが、結構細かい字も書ける

標準ノートアプリの完成度は結構高く、想像以上に細かい字も書けます。

ペンの色

ペンの色はこの通り。パステルカラーも含め、結構たくさんの色が選べます。

ペンの種類

ペンの種類は、ペン・ブラシ・ボールペン・鉛筆・マーカーから選べます。
線の幅も0.5~20の範囲で使えます。

基本は黒でメモしながら、蛍光マーカーで強調したり、赤ペンで線を入れたり…
という、「ノートをとる」「メモをする」という動作に、また一つ近づいた感じです。

書いている様子は下の動画で解説しています。
再生ボタンで、該当の個所から再生されます。

BOOXクラウドへの保存やPDF共有も

保存は、あらかじめBOOXクラウドへのアカウントを設定しておけば、BOOXクラウド(最大5GB)に無料で保存できます。

PCで確認してみると、結構違う色に、カラフルに見える印象があります。

また、他のアプリへのPNG(1ページ)・PDF(全ページ)での共有も可能です。

スキャンコード共有は、push.boox.comにPDFをアップロードし、そのQRコードを表示してくれます。

QRコードをスキャンすれば、PDFがダウンロードできる
スマホでPDFを確認

メモのデータをスマホで確認できるのは便利ですね。
ミーティングの最後にQRコードで共有、という用途でも使えそう。

先程のBOOXクラウドとペンの色が違う(このPDFの方が、端末上で指定した色と一致している)のがどうしてかは気になりますが…

共有はインストールしているアプリのほか、Androidスマホをお持ちであればニアバイシェアも利用できます。

これも便利ですね。

Galaxy NoteシリーズなどWacom Feel IT Technology対応ペンが使えるので…

BOOX Nova3 Colorはじめ、BOOXシリーズのペンは、Galaxy Noteシリーズなど、Wacom Feel IT Technologyの規格に対応したペンが使えます。
個人的にはLAMY AL-star EMR Digital Penがめっちゃおすすめです。

正直書き心地が良すぎます。

端末のペンへの応答速度は確実に上がっていて、付属のペンでも十分に書きやすいのですが、ペンを変えると書き心地が格段にアップします。
ても疲れず、滑らかにかけるのはポイント高いです。

BOOX Nova3 Colorをお使いの方には是非LAMY AL-star EMR Digital Penを試していただきたいですね。

ノートに「書く」という用途では、非常に画期的な進化をとげたカラー電子ペーパーBOOX Nova3 Color

今回は、メモできるカラー電子ペーパーBOOX Nova3 Colorをレビューしてみました。

今まで白黒対応だった電子ペーパーにとって、カラーが実用化したというのはやはり衝撃でした。
色の再現性はまだまだといった印象はありますが、「メモする」という用途に関して言えばかなり便利に使えそうです。

また、7.8インチ・A5判という大きさは、「手帳にメモする」という感覚で言えばちょうどいいでしょう。

共有周りや長期的な使い心地に関しては、これから別途レビューしていきます。お楽しみに!

コメント