2017/07/200 Shares

新製品のSurface Arc Mouseは7月20日発売。既製品のArc Touch Mouseの違いは?

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

マイクロソフトの新Surface ProやSurface Studio発売に伴い、たくさんのSurfaceアクセサリーがリリースされています。
Surface Dialは先日購入、紹介しましたが、もう一つの目玉のオプション品である、Surface Arc Mouseについても検証してみたいと思います。

 
スポンサーリンク

Surface Dialについては、下の記事をご覧ください。

Surface Arc Mouseとは?

Surface Arc Mouseは、新型Surface Pro(第5世代)とともに発表されたアクセサリーです。

こんな感じのアーク状のマウスです。
予めBluetoothでテザリングしておいて、使いたいときだけ上のようなアーク状にすると、電源がONになり、自動的に使えるようになります。
使い終わったら、下の図のように平たんにすれば自動的に電源が切れます。

うーんと、見覚えがあるような…

あっ!

あっ!

既視感抜群です。

既製品のArc Touch Mouseとの違いは?

上で映っているのは、新製品のSurface Arc Mouseではなく、既製品のArc Touch Mouseです。

上の写真でも写っていますが、改めて、マイクロソフト社のHPから写真を引用させていただきました。

Arc Touch Mouseは2011年1月に発売されたモデルで、当初はUSBワイヤレスモデルが発売されていました。
上に写っている、私が使っているものはSurface EditionのBluetoothモデルで、2014年1月に発売されたモデルです。
Surface pro 3と一緒に購入したものでした。
実際には、マウスとペンと、3点セットで購入しました。

Arc Touch Mouseは、明確に左・右クリックキーとホイールがついています。
ホイールは実際にはタッチセンサーになっていて、ホイール感だけ振動で感じ取れます。

このマウス、携帯型としてはかなり優秀で、持ち運びにも便利ですし使っていて非常に満足度高いです。

新製品のSurface Arc Mouseは上下だけでなく左右のスクロールにも対応

対して、今回の新製品Surface Arc Mouseはタッチセンサーがキー全体に拡張され、上下だけでなく左右のスクロールにも使用できます。
スクロール操作は、タッチパッドに近い動作が実現されるということですね。

完全なタッチパッドになる…わけではないんですかね。

新製品のSurface Arc Mouseは7月20日に発売!

旧モデルArc Touch Mouseの愛用者としては、非常に使い心地のよさそうな今回のモデルに期待しています。
皆様もぜひ。

日本では、当面の間はグレーモデルのみの販売になるそうです。
[2017/7/20追記]マイクロソフトの商品ページからだと、グレー以外の2色も予約できます。
マイクロソフトの商品ページはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で