2016/11/080 Shares

Apple Payに対応したSuicaを実際に使ってみて、感じたこと

こんにちは。MATTUです。
本日(10/25)の朝5時から日本でもApple Payが解禁され、一時はモバイルSuicaのサーバーがダウンするほどの人気だったとか。
登録まではレビューを上げましたが、実際にお買い物をしてみたので、そのときに感じたことをお話しします。

チャージは簡単!

チャージはとっても簡単。
Suicaアプリ紐づけのカードか、Apple Payかを選択し、入金額を選び、Touch IDすれば、入金できます。
パスワードの入力の手間もないのは、Android版やケータイ版のSuicaに比べても簡単で、便利です。

お買い物をするときは、ちょっと手間がある気も…

実際にスーパーでお買い物してみました。
img_05101
最後レジで会計をする際に、一度「画面が消えた状態で」ロック画面を二度押しすると、カードを選択する画面が出てきます。
これで、カードを選択し、会計が終わるのを待ちます。

会計が終わったら、店員さんに、「Suica(ICOCA)で!」と声をかけ、
店頭の端末にはWAONとICOCAとiDとQUICPayの4つのボタンがあるので、「ICOCA」のボタンを押し、
iPhone 7 Plusの画面一番上の頭のところをタッチします。
それで、ようやく会計完了。
img_05111
通知に、購入決済した表示が現れます。

 
スポンサーリンク

え、何回Suicaって選択した?

て、何回Suica(ICOCA)って選択した?3回も。
Androidの場合は、少なくとも端末側では選択しなくても、店頭端末側で決済方法を指定すれば自動的に決済されますよね?
今回決済したレジでは端末側で何もせずタッチしても、反応なく、iPhone側で対応しないと決済できませんでした。

これ、Androidに比べてユーザーがやる作業が増えるというのは、大きなマイナスだと思うんです。
エクスプレスカードの登録をしているのなら、自動決済できていいと思うんですが…

というわけで、まあ、そんな手間ではないのでいいんですが、全体的なApple Payのユーザーインターフェイスがよかっただけにそこだけは残念だなと思っただけです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で