2017/07/240 Shares

ASUS Zenfone 3 Deluxe 5.7インチ ZS570KLがやってきた!開封の儀!!

こんにちは。MATTUです。

前回まで、2回に渡って、auユーザーが、auの電話を離れずに回線を維持したまま格安に運用する方法と、それに適するスマートフォンをご説明してきました。

この記事では、auの通話・メールアドレスを維持した状態で、格安SIM回線を使用し、最大で月3050円お得だ!という話をしました。

この記事では、auの回線は特殊なので、auと格安SIMを維持して1台で使えるスマートフォンをご紹介しました。

その中で、Zenfone3 Deluxeの5.7インチを購入しましたので、開封の儀を執り行います。

今回は、在庫のあるETORENで購入!

今回は、EXPANSYSでは品切れだったので、在庫のあるETORENを使いました。
Xperia X Performance F8132を購入して以来、2回目の利用になります。


ETOREN

購入は、11月4日(金)の夕方に注文、すでに出荷には週末に間に合わず、週末をまたいで8日(火)に出荷となりました。

zenfone3deliver

出荷が8日、到着が10日ということで、Fedexは、ちゃんと受け取れればやはり早いですね。
今回は、国内転送業者はゆうパックでした。西濃だと思っていたから、なんかびっくり。

開けますよー!!!

Fedexから届いた箱はこんな感じ。がっちりとした箱です。
box

箱を開けると、Zenfone 3 Deluxe 5.7インチの箱がお目見えします。
img_0668

箱、結構大きい。となりにSH-01Jを置きましたが、普通のスマホの箱より大きい。
img_0670

パカッと開けると…
img_0672
か、かっこいい。。。
親のために買ったのですが、自分にもほしくなるレベルです。

この箱、引き出しがついていまして、それを開けると、
img_0673
こんな感じになっています。
右上がハイレゾ対応イヤホン、右下は充電器、左にある黒い箱は簡単な使用上の注意(中国語)、その箱の下にmicroUSB-typeCのケーブルがついています。
img_0674

端末を早速チェック!

画面・背面

画面側は、ちょっとまだ画面つけてないので、天井がちょっと映ってますが…
img_0705

アルミ削り出しなかんじがかなりGood!かっこよすぎます。
img_07121

背面は、このような感じ。カメラの下についているのは、指紋センサーです。
台湾や中国のメーカーはこの位置に指紋センサーを置くのが好きですね。
back

側面

img_0707
右側面には、ボリュームスイッチと、電源スイッチがついています。

img_0708
左側面には、SIMカードスロットがあります。ピンで開ける形式ですね。

上側面はヘッドホンジャックがあります。
img_0709

下側面は、micro USB type-Cの接続口があります。充電に使用します。
type-Cは、向きを気にせずに挿せるので、便利ですね。
img_0710

SIMカードスロット

SIMカードスロットは、1枚はmicroSIM,もう1枚はnanoSIMとmicroSDの排他使用になります。
img_07131
※SIMカードは、microSIMとnanoSIMの1枚ずつになりますので、Zenfone3 Deluxeをお考えの方で、auのSIMがnano SIMの場合は、格安SIMはmicro SIMでの使用をお勧めします。(両方ともnano SIMにした場合は、片方はSIM下駄が必要になります)

というわけで、次はいよいよ電源を入れてみますよ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で