PITAKAならではのカードケース2種類をレビュー。iPhone向けは磁石で着脱! iPad向けはApple Pencilの脱落防止にも便利【PR】

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

PITAKAはアラミド繊維を中心としたケースを販売していますが、PITAKA MagEZ Caseの背面にはメタルプレートが埋め込まれており、専用のワイヤレス充電器と合わせて簡単にワイヤレス充電が可能です。

ある意味、PITAKA MagEZ CaseはiPhoneで今回採用された「MagSafe」充電の先を言っていたといってもいいでしょう。

PITAKAはこのMagEZ Caseと相性のいい、MagEZ Card SleeveとiPad Pro用に便利なMagEZ Card Clipを発売しています。

結構おしゃれな製品で、つけていると楽しくなります。

今回はPITAKA様から2製品をご提供いただきましたので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

iPhone・Galaxy用のMagEZ Caseにぴったりくっつくカードケース「PITAKA MagEZ Card Sleeve」

モバイルバッテリーにもなるMagEZ Juiceをマグネットでくっつけた、Galaxy Note10+ MagEZ Case

PITAKA MagEZ Caseは、背面にメタルプレートが仕込まれており、専用のマグネット式ワイヤレス充電器を使えば、「背面にくっつけるだけ」で充電できるのが便利。

位置決めが必要ないのは本当に便利です。

MagEZ CaseをつけたiPhone 11 Proをマグネット式充電器MagEZ Mount Qiにつけた様子。くっつけるだけで充電できるのは便利

そんなPITAKA MagEZ Caseのメタルプレートを利用して、スマホの背面にくっつくカードケースが登場しました。

PITAKA MagEZ Card Sleeveです。

PITAKA MagEZ Card Sleeveのサイズ感

左がMagEZ Card Sleeve。右はiPhone 11 Pro(5.8インチ)

サイズ感は写真の通り。

大きさは15 x 9 x 1.2 cm。
重さは100gで、頑丈なPUレザーを一体成型で作られています。

マグネットで、スマホに強力にくっつく

iPhone 12 miniに装着。なんと、ジャストサイズ!
iPhone 11 Proに装着。ちょっと余裕あるかな!

MagEZ Caseにはメタルプレートが仕込まれています。

カードケースのMagEZ Card Sleeveのほうには強力な磁石が埋め込まれており、PITAKA MagEZ Caseにくっつくようになっています。

なお、マグネットの位置など仕様がiPhone 12シリーズに対応したMagSafeと異なるため、PITAKA MagEZ Caseを装着していないiPhone 12にMagEZ Card Sleeveをくっつけても、くっつきません。
(PITAKA AirCaseとMagEZ Card Sleeveの組み合わせもうまくいきません)

また、以前のiPhoneやGalaxyシリーズのPITAKA MagEZ CaseにMagSafeレザーウォレットをくっつけることもできません。ご注意ください。

※なお、Galaxy S20 Ultra用とGalaxy Note20 Ultra用のPITAKA MagEZ Caseは、カメラ部分が大きいためケース内部のメタルプレートが他のケースより少なくなっています。
MagEZ Card Sleeveを使うとちょっと磁力が弱く、離れやすいです。ご注意ください。

カードは2枚、名刺は4枚入ります

カードは2枚、名刺は少し薄いので4枚入ります。

磁石を利用しているため、磁気ストライプカードには対応していません。
磁気キャッシュカードなど入れないようご注意ください。

カードをつけたままワイヤレス充電できる?

MagEZ Card Sleeveにはプラスチックカード2枚を入れてますが、充電できてます

できればカードケースをつけたままの状態でも充電したいですよね……。

カードケースをつけた状態で充電を試してみましたが、カード2枚を入れた状態でも充電はできました。

ただし、急速充電対応の高出力対応のケーブル・ACアダプターを利用しないと不安定になりがちです。
また、Galaxy Note10+にMagEZ Card Sleeveを装着して充電させると、カード1枚では急速ワイヤレス充電の表示になるのですが、カード2枚は通常速度のワイヤレス充電も安定しない状態でした。

スマホによって装着時の充電はかなり変わる印象です。
一応、「取り付けた状態で充電出来たら儲けもの」ぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

Apple Payやおサイフケータイ非対応の交通系電子マネー・WAONなど使う場合は便利かも

Androidのおサイフケータイに現状執筆時点では対応していない、ICOCAやTOICA・PiTaPaなどの交通系電子マネーを利用する場合や、iPhoneユーザーがWAON・nanacoを利用する場合には便利だと思います。

簡単に着脱できるので、Apple Payを使うときやカードケース側の決済を使う場合だけスマホとMagEZ Card Sleeveを取り外して利用できます。

手帳型ケースのようにわざわざケースからカードを出す必要がないのは便利です。

ぜひ使ってみてくださいね!

iPad向けに、PITAKA Card Holder Clip!Apple Pencilの着脱防止にも

iPad向けには先日新発売となったPITAKA MagEZ Case for iPad Proが便利なのですが……。

Apple Pencilはむき出しで磁石のみでくっつく状態になっているので、いつ脱落してなくさないかと不安になります。
(私は、実際にApple Pencil(第2世代)を1本なくしました…)

iPadの持ち運びに便利なのが、PITAKA MagEZ Card Clipです。

iPad ProやiPad Airの端に専用クリップを取り付け、Apple Pencilを脱落防止

iPad ProやiPad AirのApple Pencilの部分にMagEZ Card Clipを取り付けます。

Magic KeyboardPITAKA MagEZ Case for iPad Proごとこのクリップで挟むことで、がっちり固定しペンの脱落を防ぎます。

すべて装着した状態でクリップを使うと、さすがに取るとき結構固いですが……。

反対側はカードホルダーに

クリップの反対側はカードホルダーになっています。
1~2枚程度カードが入るので、不意にもらった名刺を入れたりするといいでしょう。

ちなみに、物理的にクリップで挟んでいるだけなので、手帳などに使ってもいいかもしれません。
ペンホルダーのない厚さ1cm強の手帳であれば、比較的使いやすいと思います。
(厚さによっては使い物にならなくなる場合もあるので、手帳の場合はあくまで補助的に利用したほうがいいと思います)

アクセサリーも充実のPITAKA!特にMagEZ Card Sleeveは便利かも

極薄で頑丈なアラミド繊維を使ったケースや、ワイヤレス充電でモバイル生活を大きく変えてくれるPITAKA。

今回は、カードケースにもなる2種類のアクセサリーをご紹介しました。

特にiPhoneユーザーでWAONやnanacoも使う方は、MagEZ Card Sleeveは非常に便利だと思います。
基本的にはスマホに装着しておき、Suica(Apple Pay)を使うときやWAON・nanacoを使うとき(MagEZ Card Sleeve)のみカードケースを離して、決済をする、という方法をとれます。

取るだけで簡単。カードを出す必要はありません。

また、iPhoneユーザー以外も、GalaxyやPixelなど対応するPITAKA MagEZ Caseがあればほとんどのスマホで対応できます。かなり便利。

ぜひ、使ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました