スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

ケータイ(ガラホ)向けプランはお得!?auとドコモ・ソフトバンクで比較!!スマホへの移行も見据えよう

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

G’zOne TYPE-XXがauから発表され、久しぶりにスマホではない「ケータイ」に注目されている方も多いかもしれません。

スマホほどはがっつり動画などは使わないけど、10キー付きの「ケータイ」ならではの安心感があります。
電話をメインに使いたい方や10キーの操作が好きな方、アウトドア好きな方など、人によっては満足できるでしょう。

スマホ向けのプランはいろいろ見直されていますが、ケータイ向けのプランは今どうなっているのでしょうか?

ケータイ向けのプランを3社比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモ・au・ソフトバンクのケータイ向けプランを比較しよう!!

ケータイ向けプランをドコモ・au・ソフトバンクで比較していきましょう。

NTTドコモ : ケータイプラン

NTTドコモは、「ケータイプラン」1プランのみが提供されています。

非常にシンプルで、データ通信100MBが利用可能、電話は家族間通話無料で別途通話無料オプションが付けられます。
価格は定価1,507円(税別1,370円)。
2年契約かdカードお支払割適用で、1,320円(税別1,200円)で利用可能です。

ケータイプラン | 料金・割引 | NTTドコモ
【2019年10月1日提供開始】「ケータイプラン」はドコモ ケータイをご利用の方で、通話がメインの方に最適なプラン。国内通話が24時間かけ放題、1回5分以内の通話が無料になるオプションもお選びになれます。

au : ケータイシンプルプラン、ケータイカケホプランなど5プラン

auはケータイ向けプランが充実しており、現行プランでは5つのプランが提供されています。

メインとなるのは、
・「ケータイカケホプラン」(1GB+国内通話無料で3,278円)
・「ケータイシンプルプラン」(128MB+家族間通話無料で1,320円)
の2プランでしょう。
通話をよくする場合は、ケータイシンプルプラン+通話定額2より、ケータイカケホプランのほうが安く運用できます。

無料通話が魅力だと思う方は、VKプランを選ぶのも手でしょう。
データ通信を使う場合はLTE NET(330円)とダブル定額(550円~)を契約する必要があります。
少しでもデータ通信を使う場合は、「ケータイシンプルプラン」を選んだほうがお得になります。

なお、VKプランE(N)を選ぶ場合は、現在「プランE」「プランEシンプル」を使う方限定です。
メールアドレスの維持を狙う場合も、「ケータイシンプルプラン」とほぼ変わらず、ケータイシンプルプランを選んだほうがいいと思います。
VKプランE(N)はau Online Shopでは加入できません。

ソフトバンク: ケータイ3GBプラン・100MBプラン

ソフトバンクはケータイ向けに、データプラン3GBと100MBの2パターン提供されます。

ケータイ3GBプランのほうは、音声定額オプションのどちらかとセットで契約すると1,430円の割引、契約後1年間は1,188円の割引もついています。

ケータイ3GBプラン1年目2年目以降
基本プラン(音声)1,078円1,078円
データプラン3GB1,650円1,650円
準定額オプション+880円880円
小容量割▲1,430円▲1,430円
1年おトク割+▲1,188円
合計990円2,178円

価格としては、スマホデビュープランと同額となります。
なお、ケータイ3GBプランスマホデビュープランと同様、22歳以下の新規契約と、現在ケータイをお使いの方がMNP・機種変更する場合に加入できます。

ケータイ3GBプラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
ケータイをお使いのお客さまが、のりかえ(MNP)・機種変更で新しいケータイをご利用になる場合に、1年間1,078円/月で使えるおトクなプランです。

ケータイの利用を続けるなら、料金プランとして一番充実しているのはソフトバンク、機種が充実しているのはau

auは5プランありますが、利用シーンにより(とくにデータ通信するかどうかによりますが)、基本的におススメできるのは「ケータイシンプルプラン」「ケータイカケホプラン」の2機種になると思います。

ソフトバンクは、「ケータイ100MBプラン」と「ケータイ3GBプラン」の2プランありますが、「ケータイ3GBプラン」は1回5分の通話無料と3GBがついて2,178円で維持できます。
定額オプション+を付けても3,278円で利用可能です。

ドコモauと比べると、ソフトバンクのプランは非常に充実していますよね。

ただし、機種として充実しているのがauである、というのも事実。

auケータイラインナップ

auが現行発売している機種は、だいぶスローペースにはなっているものの、他社と比べてかなり多いのは事実です。

特に、ケータイ好きが好みそうな「INFOBAR xv」「G’zOne TYPE-XX」などの企画系ケータイもいまでもリリースしてくれるのはうれしいですね。

ケータイからスマホへの乗り換えは…!?プランを比較!!

もし、現在スマホを使っている方がケータイを購入する場合、その後スマホに戻ることも視野に入れたほうがいいでしょう。

続いては、ケータイからスマホへの移行プランを比較してみます。

項目NTTドコモ
はじめてスマホプラン
au
スマホスタートプラン(フラット)
ソフトバンク
スマホデビュープラン
対象プラン(U15)はじめてスマホプラン
(1GB+5分通話無料)
※15歳以下は3GB
スマホスタートプラン(フラット) 5G/4G
(3GB+5分通話無料)
データプラン3GB(スマホ)
+準定額オプション(5分通話無料)
割引はじめてスマホ割
(1年間月550円割引)
dカードお支払割 月170円
スマホスタート1年割
(1年間月1,188円割引)
au PAYお支払い割 月110円
小容量割 永年月1,430円割
1年おトク割+
(1年間 月1,188円引)
1年目の
最安維持費
1,078円(税別980円)990円(税別900円)990円(税別900円)
2年目以降の
最安維持費
1,628円(税別1,480円)
(1GB(15歳以下3GB),
5分通話無料)
2,178円(税別1,980円)
(3GB,5分通話無料)
2,178円(税別1,980円)
(3GB,5分通話無料)
加入対象者3Gからの契約変更・MNP限定
15歳までは新規契約・
4Gケータイからの変更OK
4Gケータイからの変更OK
15歳以下は新規契約で申込可能
4Gケータイからの変更OK
22歳以下は新規契約で申込可能
詳細はドコモ公式でチェックau公式サイトでチェックソフトバンク公式サイトで
チェック

ソフトバンクのスマホデビュープランは、ケータイ3GBプランとほぼ同じプランとなっています。
乗り換えはしやすいでしょう。

auのスマホスタートプラン(フラット)は、ソフトバンクのスマホデビュープランとほぼ同じです。
結構お得に使えますね。

NTTドコモのはじめてスマホプランは、基本的には3G(FOMA)からの契約変更・MNPに限られます。
15歳以下の「U15はじめてスマホプラン」であれば、新規契約や4Gケータイからの変更でもOKですが、ドコモは条件が少し厳しいですね。

詳しくは、「au、はじめてのスマホに最適な「スマホスタートプラン(フラット)」提供!!ドコモ「はじめてスマホプラン」・ソフトバンク「スマホデビュープラン」との違いは!?」も合わせてご覧ください。

ケータイならではの魅力!料金プランも、使い方に応じて賢く選ぼう!!

ケータイならではの使い勝手もあり、G’zOne TYPE-XXやINFOBAR xv、TORQUE X01など、auは特に特徴的なケータイを出し続けてくれています。

ケータイの特徴的に、データを使いまくるようなプランはありませんが、各社ともスマホ向けの無制限プランで使うこともできます。
テザリングなども駆使しながら、うまくデータを使う、ということも可能です。

なお、LTEケータイについては各社ともほとんどすべての端末で、APNさえ設定すればスマホ向けのMVNO・サブキャリア(UQ mobileY!mobile)を使うことも可能です。

ぜひ、賢くケータイを使ってみてくださいね!

プランの詳細や購入は公式サイトから

コメント