スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

【AQUOS sense6 実機レビュー】AQUOS sense5Gからの進化のポイントは!?OPPO Reno5 Aとの違いなど徹底比較

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

AQUOS sense6 (アクオス センス 6)は、大人気AQUOS senseシリーズの2021年11月発売の新型スマートフォンです。
ドコモau楽天モバイルから発売されており、11月26日からはメーカー版(SIMフリー)もリリースされています。
前作のAQUOS sense5Gから、画面が有機EL(IGZO OLED)に、指紋センサーも画面内に埋め込まれ、軽く使いやすくなっています。

前作のAQUOS sense5Gとの違いはどうでしょうか?
また、同じ価格帯のスマホとしてはOPPO Reno5 Aがありますが、どう違いがあるでしょうか?

今回は、 AQUOS sense6 を徹底レビューしていきます。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

AQUOS sense6の最大の魅力は「軽い」「バッテリー持ちが抜群にいい」

AQUOS sense6 シルバー(NTTドコモ版)

AQUOS sense6を使ってみてまず感じたのは、とにかく「軽い」ということです。

軽い!とにかく軽い!

AQUOS sense6は、とにかく軽いです。
測ってみると、156g。

AQUOS sense5Gは178gでしたから、AQUOS sense6は22g軽くなっています。
一度持つと、この軽さは半端ないです。

こんなに軽くなっていますが、バッテリー容量は4,570mAhを維持しています(減っていません)

画面は有機EL(IGZO OLED)に、ちょっと大きく!

AQUOS sense6(左)とAQUOS sense5G(右)

軽くなったので、端末が小さくなったのでは?と思う方もいるかもしれません。
むしろ、大きくなっています。

AQUOS sense6のディスプレイは6.1インチの有機EL(IGZO OLED)。
AQUOS sense5Gは5.8インチ液晶(IGZO TFT)でした。
横幅はほぼ変わらない71mmなものの、縦は4mmほど大きい152mmとなります。

数mmの違いが、だいぶ印象を変えますね。

AQUOS sense6(上)とAQUOS sense5G(下)

画面は有機ELに変わっているため、色合いも結構変わります。
写真や動画越しに見ると、AQUOS sense5Gのほうが黄色がかっている印象を受けるのですが、実際に目視するとAQUOS sense6のほうが黄色がかる印象を受けます。

黒の発色など比較すると、やはりAQUOS sense6はきれいですね!

指紋認証が画面の中に!

今回かなりうれしいポイントが、指紋センサーが画面内に入ったということです。

AQUOS sense5Gの指紋センサーは、画面下に細長い指紋センサーがついていました。
これ、けっこう使いにくいんですよね。誤反応が多いのと、ホームボタンやジェスチャーのバーに干渉するので、かなり操作しにくいのです。

AQUOS sense6は指紋センサーは画面下部ではありますが、画面内に入っています。
感度は結構よく、かなり便利。

指紋認証したまま長押しすると「Payトリガー」が起動!

指紋認証をしたまま画面から手を放さず長押しすると、「Payトリガー」という機能が使えます。
あらかじめ指定した1つのアプリが自動的に起動します。
初期設定ではd払いとなっていますが、別のアプリを指定することもできます。

Payトリガーフォルダーという機能もあり、指定したアプリが起動しますが画面右下に「Payトリガーフォルダ」が表示されます。
複数のアプリがフォルダー内に表示され、それをタップすることでショートカット起動できます!

よく使うPayPayなどのアプリを1発起動のアプリに指定しておき、それ以外のアプリをPayトリガーフォルダに入れておくと、便利に使えますよ!

側面は中央がへこみ、指にフィット!持ちやすい

AQUOS sense6の側面は、中央部が若干へこんだ形状になっています。
これが結構面白くて、親指など指の腹で触れるとちょうどフィットし、絶妙な持ち心地を味合わせてくれます。

AQUOS sense6(左)とAQUOS sense5G(右) 、Googleアシスタントボタンがずれて誤爆が少なく

AQUOS sense6は、AQUOS sense5Gと比べて側面のキーの間隔が変わっています。
特に、Googleアシスタントボタンが、音量ボタン寄りのところから電源ボタンとのちょうど間のところにずれてくれたので、間違えて押してしまうシーンがかなり減りました。

下側には、ちゃんと3.5mmイヤホン端子あり

端末下側には、ちゃんと3.5mmイヤホン端子が付属しています。
イヤホンでも音楽やラジオなど楽しめます(ワンセグ・フルセグは非搭載)

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

AQUOS sense6のスペックと、動作の快適性はいかに?

AQUOS sense6 のスペックや動作の快適性をまとめていきましょう。

AQUOS sense6のスペック

スペックAQUOS sense6AQUOS sense5G
AQUOS sense4
AQUOS sense4 plus
OSAndroid 11Android 10Android 10
サイズ152x70x7.9mm,156g148x71x8.9mm,177g166x78x8.8mm,197g
画面6.1インチ 有機EL5.8インチ6.0インチ
CPUSnapdragon 690sense5G:Snapdragon 690
sense4: Snapdragon 720G
Snapdragon 720G
メモリ4GB4GB8GB
ストレージ64GB64GB128GB
バッテリ4570mAh4570mAh4120mAh
カメラ標準48MP
広角8MP
望遠8MP
標準12MP
広角12MP
望遠8MP
標準48MP
広角5MP
マクロ1.9MP
深度1.9MP

CPUやメモリ・ストレージは前作の AQUOS sense5G と同じですが、前章の通り画面や本体サイズなど、結構異なります。
ドコモ版はSingle SIMモデルとなります。
au版・楽天モバイル版・SIMフリーモデルは、物理SIM+eSIMのDual SIMとなります。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

ベンチマーク測定結果

機種CPU・メモリ価格Antutu v9GeekBench 5
AQUOS sense6
[5G]
Snapdragon 690 /4GB57,600円313447
(lite)
S 578
M 1555
OPPO A55s
[5G]
Snapdragon 480 /4GB33,800円214769
(lite)
S 524
M 1507
OPPO Reno5 A
[5G]
Snapdragon 765
/6GB
43,800円377873S 552
M 1668
AQUOS sense5G
[5G]
Snapdragon 690 5G /4GB39,600円244895
(lite)
S 587
M 1338
OPPO Reno3 ASnapdragon 665
/6GB
33,700円213028
(lite)
S 390
M 1400
Xperia 10 IISnapdragon 660
/4GB
41,976円192783
(lite)
S 310
M 1400
Xperia Ace II SO-41BHelio P35
/ 4GB
22,000円112731
(lite)
S 169
M 929

AQUOS sense6はAQUOS sense5Gと比べると、Antutuベンチマークの数値が高いように見えます。

スコアをよく見てみると、GPUのスコアが最も差が出ています。
GPUは別途「Antutu 3D Bench」アプリを入れて測定するのですが、両方ともlite版を自動選択してインストールされました。

AQUOS sense5GのほうはGPUが非対応と判定され、GPUのベンチマーク測定自体がスキップされてスコア0となっています。
AQUOS sense6はGPUの測定が行われています。

CPUは同じなためほぼ同じスコア、メモリ・UXも若干の差ぐらいで収まっています。

GeekBench v5のスコアは、Snapdragon 690を搭載しているスマートフォンはほとんど同じスコアになっていますね。

端末の動きなどは、動画でも解説しています。
Snapdragon 690は結構優秀で、重いゲームなどでなければサクサク動作できます。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

AQUOS sense6のカメラ、映りはどう?AQUOS sense5GやOPPO Reno5 Aと比較!

AQUOS sense6 のカメラはどう進化しているでしょうか?
作例とともに簡単に比較していきます。

AQUOS sense6のカメラ

左に映っているのは AQUOS sense5G で、見た目は結構似ています。
今回の AQUOS sense6 は、標準48MP・望遠8MP・超広角8MPとなっていて、 AQUOS sense5G より標準レンズは強化されている一方、望遠レンズは若干画素数が減少しています。
( AQUOS sense5G は、標準12MP・望遠8MP・超広角12MP)

AQUOS sense5Gまでは3つのレンズが比較的平等でしたが、AQUOS sense6は標準レンズを強化しているのがどう映りに影響しているでしょうか?

AQUOS sense6の写真作例

AQUOS sense6 で撮影した写真をご紹介していきましょう。

風景

まずは風景です。超広角は以下の通り。

AQUOS sense6(超広角)
AQUOS sense5G(超広角)

こうみると、 AQUOS sense5G のほうがいい色出ていますね。

AQUOS sense6(標準)
AQUOS sense5G(標準)

標準レンズも、 AQUOS sense6 はすこし色が薄い印象になっています。
他のシーンでも、全体的に色が薄い傾向。

OPPO Reno5 A(標準)
OPPO Reno5 A(超広角)

OPPO Reno5 A と見比べてみると、AIシーン強化機能がある OPPO Reno5 A はかなり青色が強めに出ています。さすがにちょっと青すぎるとは思います……。
AQUOS sense6 の空の色は、確かにAQUOSらしい色のようにも思います(よくこんな感じの色で映りやすい)

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)
AQUOS sense6(望遠2倍)
AQUOS sense5G(望遠2倍)

望遠は、2倍程度のレベルではほぼ同じ程度の映り。
5倍など、もう少し拡大すると若干あらは見えます。この価格帯のスマホなので、望遠はこのくらいの出来でも十分だと思います。

AQUOS sense6(望遠5倍程度)
AQUOS sense5G(望遠5倍程度)

一方、 OPPO Reno5 A は、以下の通り。

OPPO Reno5 A(望遠2倍)
OPPO Reno5 A(望遠5倍)

同じ5倍の写真でも、 OPPO Reno5 A のほうが結構きめ細やかに撮影できている印象ありますね。

食事

食事も、1品の写真と複数品の写真をお見せします。

AQUOS sense6
AQUOS sense5G

やっぱり、 AQUOS sense6 はすこし薄く撮れるような気もします。
ただ、 AQUOS sense5G の写真も何か物足りなく…

AQUOS sense6
AQUOS sense5G

ステーキの赤みの色やスープの色など、違いがよくわかりますね。
OPPO Reno5 A ではこんな感じです。

OPPO Reno5 A
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥45,300(2021/12/07 17:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

夜景

AQUOS sense6(標準)
AQUOS sense5G(標準)

AQUOS sense6 のほうが確かに若干薄く見えるかもしれませんが、細かい描写がしっかりできている印象です。
白飛びもだいぶ抑えられていて、きれいですね。

AQUOS sense6(2倍)
AQUOS sense5G(2倍)

AQUOS sense6 のほうが細かさ、繊細さがありますね。

OPPO Reno5 A での撮影は以下の通り。

OPPO Reno5 A(1倍)
OPPO Reno5 A(2倍)