MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Xperia 10 IV、ソフトバンクは特価・オンラインOK!!バンド的には楽天モバイル販売のXQ-CC44がおススメ?対応周波数バンド・価格まとめ

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Xperia 10 IVが2022年7月8日に発売されました。

今回は、NTTドコモ(SO-52C)、auUQ mobile(SOG07)、ソフトバンク(A202SO)、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONE(XQ-CC44)の各社で発売されています。

各社で取り扱われるXperia 10 IVは型番異なりますが、ほとんどの仕様は同じものです。
異なる点は、eSIMに対応したDual SIMモデルかどうかという点と、対応周波数帯(バンド)が異なる点の2点となります。

この2つの違いを整理しながら、Xperia 10 IVの情報・スペックなどまとめていきます。

[2022/8/1更新]スマホ乗り換え.comでは、8月限定で、「スマ割キャンペーン」実施中!
MNPと新規契約(22歳以下)で購入可能。

販売価格:33,864円(内訳→24円(1円×24回) + 33,840円(1,410円×24回))
新トクするサポート+を適用させた場合、「残り24回分」は、2年後返却で免除(実質24円)

割引内訳 全契約:▲15,432円 + MNP・新規(U22):▲21,984円

トクするサポート必要なし(返却不要)
プラン:メリハリ無制限
※一人1台限り、オンライン申込可能

スマホ乗り換え.comの「WEBお問い合せ」のフォームから『スマ割キャンペーンで!』とご記載いただくとスムーズです!

[2022/7/22更新]NUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONEでも、Xperia 10 IV XQ-CC44が7/22より発売されています。

▼ソフトバンク取り扱いのスマホ乗り換え.comは、Xperia 10 IVを発売日から特価で発売!オンライン申込OKです

スポンサーリンク

Xperia 10 IV、各キャリア版の仕様の違いは?

Xperia 10 IV

Xperia 10 IVは、NTTドコモ(SO-52C)、auUQ mobile(SOG07)、ソフトバンク(A202SO)、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONE(XQ-CC44)の各社で発売されます。

6.0インチのコンパクトボディで持ちやすく、定価6万円台ですが「ちょうどよく便利にまとまっている」のが非常に理想的な感じがしています。

各社異なる型番のXperia 10 IVを扱っていますが、主に異なるのは「eSIM対応可否」「周波数帯」の2点です(カラーも微妙に異なりますが…)

なお、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONEでは、メーカー型番である「XQ-CC44」で発売されます。

NTTドコモ版以外はeSIMに対応!nano SIM+eSIMのDual SIM運用で利用可能

1つ目の違いは、eSIMに対応しているかどうかです。

NTTドコモ版のみ、nano SIM1つのシングルSIM仕様となっています。
auUQ mobile版、ソフトバンク版、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONE版(XQ-CC44)はそれぞれeSIMにも対応しています。

eSIM対応モデルは、物理SIM(nano SIM)+eSIMのDual SIMで運用することが可能です。

Xperia 10 IVの対応周波数帯まとめ。XQ-CC44(楽天モバイル)が一番買いかも!

Xperia 10 IVは、各社プラチナバンドにはちゃんと対応しています。
対応差異は以下の通り。

プラチナバンドであるBand 8・18・19には、それぞれしっかり対応しています。
それ以外のBandは、LTE Band21・41と5Gの周波数帯に差がみられる程度です。

一番多くのバンドに対応しているのは、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONEが取り扱うXQ-CC44です。
LTEの周波数帯も最も多く対応し、5Gでも非対応になりがちなn79を含めSub-6はフル対応されています。

周波数帯の対応としては、楽天モバイルNUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONEが取り扱うXQ-CC44が最も理想的ですね!
(ただし、XQ-CC44は、FMラジオには非対応となります。ご注意ください)

実際の利用では、すべてのバージョンのXperia 10 IVで各社プラチナバンドに対応しているため、通信可能なエリアとしてはどのバージョンでも大丈夫です。
Dual SIMで使う場合にも、Bandが限定されてエリアが狭まる、という心配はないでしょう。

より高速な通信速度で楽しみたい、という方は、お持ちのキャリアのバージョンを買うことをお勧めします。

Xperia 10 IVの価格・割引一覧

Xperia 10 IVの価格は以下の通り。

発売キャリア定価割引
NTTドコモ
Xperia 10 IV SO-52C
64,152円
(実質41,712円)
au
Xperia 10 IV SOG07
69,985円
(実質34,960円)
MNP 22,000円割引
新規 11,000円割引
機種変更 5,500円CB
UQ mobile
Xperia 10 IV SOG07
69,985円MNP 22,000円割引
新規 11,000円割引
ソフトバンク
Xperia 10 IV
74,880円
(実質37,440円)
MNP+メリハリ 21,600円割引
MNP・新規(スマホ乗り換え.com) 特価:2年後返却で24円
機種変更(スマホ乗り換え.com) 5,000円還元
楽天モバイル
Xperia 10 IV XQ-CC44
59,800円8,000ポイント還元
NUROモバイル
Xperia 10 IV XQ-CC44
54,780円
(7/22発売)
ソニーお買い物券5,000円分還元
IIJmio
Xperia 10 IV XQ-CC44
54,800円
(7/22発売)
ギガプランMNP限定特価39,800円
※端末のみ購入で5,000円ギフト券還元
mineo
Xperia 10 IV XQ-CC44
59,400円
(7/22発売)
ソニーお買い物券5,000円分還元
OCNモバイルONE
Xperia 10 IV XQ-CC44
44,900円
(7/22発売)
MNPは39,400円
ソニーお買い物券5,000円分還元

[2022/8/1更新]スマホ乗り換え.comでは、8月限定で、「スマ割キャンペーン」実施中!
MNPと新規契約(22歳以下)で購入可能。

販売価格:33,864円(内訳→24円(1円×24回) + 33,840円(1,410円×24回))
新トクするサポート+を適用させた場合、「残り24回分」は、2年後返却で免除(実質24円)

割引内訳 全契約:▲15,432円 + MNP・新規(U22):▲21,984円

トクするサポート必要なし(返却不要)
プラン:メリハリ無制限
※一人1台限り、オンライン申込可能

スマホ乗り換え.comの「WEBお問い合せ」のフォームから『スマ割キャンペーンで!』とご記載いただくとスムーズです!

[2022/7/22更新]NUROモバイルIIJmiomineoOCNモバイルONEでも、Xperia 10 IV XQ-CC44が7/22より発売されています。

Xperia 10 IVのスペック・特徴まとめ

Xperia 10 IVは、6.0インチの小型ボディながら軽くて電池持ちもいい、使い勝手のいいスマホに仕上がっています。

バッテリーは5,000mAh搭載。
パワフルさと電池持ち、軽さを兼ね備えています。

Xperia 10 IVのスペックまとめ

スペックXperia 10 IVXperia 10 III LiteXperia 10 III
CPUSnapdragon 695 5GSnapdragon 690 5GSnapdragon 690 5G
メモリ(RAM)6GB6GB6GB
ストレージ(ROM)128GB64GB128GB
ディスプレイ6.0インチ
有機EL Full HD+
6.0インチ
有機EL Full HD+
6.0インチ
有機EL Full HD+
大きさ67×153x8.3mm
161g
68x154x8.3mm
169g
68x154x8.3mm
169g
メインカメラ標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
5G対応5G Sub 65G Sub65G Sub6
SIMnano SIM+ eSIM
(ドコモ版のみ
eSIM非対応)
nano SIM+ eSIMnano SIM x1
電池5000mAh4500mAh4500mAh
ラジオ×

前章のようにバンド対応が拡充されただけでなく、大きさも1mmずつ小さくなり過去最軽量。
バッテリー容量は5000mAhと大容量で、電池持ちも安心となっています。

カメラもかなり改善してきているので、手元に届き次第レビューしていきます。

▼ソフトバンク取り扱いのスマホ乗り換え.comは、Xperia 10 IVを発売日から特価で発売!オンライン申込OKです

コメント