2017/05/070 Shares

auのタフネスガラホTORQUE X01 KYF33を3日使ってみてーSH-01Jよりも満足度高し!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

タフネスガラホTORQUE X01(KYF33)を2/24に購入し、まあ弄ったのは3日弱…となりますが、私が持っている他のガラホSH-01JやSHF31と比べても結構満足しています。
今回は、ファーストインプレッションとして3日間使ってきた感想を書いていきたいと思います。

開封の儀は、下の記事をご覧ください。

apkファイルのインストールは↓の記事をご覧ください。

モバイルSuicaアプリのセットアップをする際は、アップデートが必要です。詳しくは↓の記事をご覧ください。

ホームアプリは…結構柔軟性高い

はじめのapkファイルのインストールには手間取ってしまったものの、外部アプリのインストール以外は結構柔軟性高いという印象を受けました。

待受画面は自由に配置可能

というのも、ホームアプリの待ち受け画面はいじることが出来ます。
待ち受け画面を表示し、上下キーで各アイテムの選択ができます。

このアイテムたち、他のAndroid端末と同様、ウィジェットとアプリになっています。
なので、他のウィジェットに置き換えたり、アプリのショートカットを置いたりすることもできるのです。
 
最大で、4×5のメッシュになり、そこに自由に配置できます。

端末独自のウィジェットは下の通り。
デジタル時計が購入時デフォルトで設定されているものですが、OUTDOOR PORTALもあります。気圧と歩数が表示されます。
 
その他…
  
こんな感じです。
apkインストールで入れた新しいウィジェットも、もちろん入れることが出来ます。

ただし、1画面のみなので、他のスマホのように、左右にもう一画面ずつアプリやウィジェットを配置できるわけではありません。

メニューは2パターン

まず、メニューボタンへのアクセスが中央のボタンだというのが最高にいい。
学生時代ずーっとauのガラケを使い続けてきましたから、auのガラケーの操作性をそのまま維持しているのが最高です。
ドコモなどのガラケの左上キーにメニューっていうのが、もう最高に使いづらく感じてしまうのです。

さてさて…メニュー画面は2パターンあります。

メニューはデフォルトではこのような画面になっています。数字キーは上の画面の配置に対応していますので、5をおせば「データフォルダ」を起動することが出来ます。
また、キー左上の「メニュー」のボタンを押すことで、パターンを選択できます。
 
2パターンしか選択肢はありません。

また、「カスタムメニュー」を押すと、任意のアプリを12個まで登録することが出来ます。

よく見るアプリは多くても12個ぐらいだと思いますので、無難な感じかな。
こちらはメニューとは異なり、アプリを登録しても、数字キーとの割り当てで起動とかはできません。上下キーで選択してあげる必要があります。

 
スポンサーリンク

OUTDOOR PORTALが面白い

OUTDOOR PORTALが結構使ってて楽しいです。

天気

天気は、現在地から取得することが出来ます。現在地を移動するたびに天気予報を更新する設定も用意されています。
 
初めの画面の「詳細」「MinuteCast」「AccuWeather」のボタンを選択すると、ブラウザで天気の詳細が確認できます(詳細まではこのアプリには貯めこんでいません)
「週表示」では、アプリ内の週間天気の画面に遷移します。

Thermometer

温度計です。実際に端末内の温度センサーで測った値が表示されます。

アプリの起動ごとに測っているのかな?ずっと測っているわけではないようです。冬場で暖房近くにいるからか、結構高めに表示している気がします。
履歴確認より、現在温度の確認に使ったほうがいいかもしれません。

Barometer

気圧と高度を見ることが出来ます。

切替は右上キーで行えます。また、高度については補正することが出来ます。著しくずれていたら、高度補正で現在の補正を入力すれば、補正できます。

ただ、今までの履歴全体を補正するわけではなく、今の時点からの高度が補正されるだけのようですので、極端に補正するとその高さ分の変動がグラフに現れます。

Barometer Weather


気圧の変化から天気を予測するものなのでしょうか。あまり山登りの経験がないのでわからないです。

Compass

コンパスは文字通り東西南北のコンパスと、水準器を切り替えて表示できます。
 

歩数計

歩数計は、結構繊細に作られているようで、徒歩での移動と車などの移動が一目でわかるようになっています。

さらに、右上キーの「高度」を押せば、高度と同じ画面に表示することが出来ます。これは面白い。

TIDE / FISH INDEX

潮の満ち引きや、釣り情報が確認できます。
 
私は釣りはしたことないのでよくわかりませんが、Excellentらしいです!

両画面とも「カレンダー」のキー(右上キー)を押すと、月の満ち欠けのカレンダーが表示されます。満ち引きと月の満ち欠けは関係しますからね。

触っていて結構楽しいです

今までSH-01Jで味わっていたより以上に、しっかり作られていてなお拡張性もあるという点では、TORQUE X01のほうが触っていて楽しく、充実している印象を受けます。
また、気づいた点があれば随時書いていきますので、ぜひチェックお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で