2017/06/030 Shares

東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」はモバイルSuica経由が便利

こんにちは。
そろそろお盆。お盆といえば新幹線。

2013年3月からの交通系ICカード相互利用開始に伴い、ICカードを持てば、全国の主要都市圏内の旅行は1枚のカードでできるようになりました。
ただし、新幹線を含めれば話は別。
ICカード乗車だと、
・JR東日本内の東北・上越・山形・秋田・長野新幹線に乗るには、モバイルSuica
・JR東海の東海道新幹線・JR西日本の山陽新幹線に乗るには、EX-ICカード(エクスプレス予約)
が必要になります。

これ、ケータイやスマートフォンで「モバイルSuica」を使っちゃえば、一台で全国の在来線・新幹線に乗れちゃいます。
結構いろいろな知り合いから相談されるので、記事にしちゃいました。

年会費

モバイルSuica→年会費1050円,カードの種類によらず使用可能。ただしビューカード(JR東日本のクレジットカード)利用者は当面年会費無料
エクスプレス予約→エクスプレスカード(JR東海のクレジットカード),J-westカード(JR西日本のクレジットカード)とビューカードのみで使用可能。年会費は1050円

という感じで、Suica圏以外のICカード圏内で定期券を使う予定がないのであれば、ビューカードが年会費を一番安く抑えられます
定期券利用者は、おそらくそれぞれの鉄道会社提供のクレジットカードでもお得になるので、それとビューカードを比較するすべきだと思います。

東海道新幹線ですが…
たとえば、東京-新大阪間の料金では、乗車券+特急券では14,050円。エクスプレス予約では13,000円(IC早特では12,000円)なので、往復使えば年会費考えてもお得になります。往復を新幹線で使う場合は、エクスプレス予約がおすすめ。
新幹線使わないのであれば、モバイルSuica登録ができるビューカード一択だと思います。

ポイント

ビューカード(JR東日本)

ビューカード系は、結構種類が多いのですが、一番おすすめは「ビックカメラSuicaカード」です。

ビックカメラSuicaカードの申し込みはこちら

ビューカードは年会費の発生するものが多いのですが、ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料、二年目以降もクレジット払い使用実績があれば年会費はかかりません。
後述するビューカードからエクスプレス予約できる「ビュー・エクスプレス特約」は、みずほSuicaなどの提携会社が発行するビューカードでは申し込めないので注意が必要です。
ビューカードの共通点として、Suicaへのチャージ・乗車券の購入等は1000円につき6ポイント(還元率1.5%)、その他の買い物は2ポイント(還元率0.5%)です。
ビックカメラSuicaカードでは、もちろん、ビックカメラで買い物するとビックポイントがたまります。
たまったポイントはSuicaへのチャージ(400ポイント⇒1000円)や、ビックポイント交換などができます。
ポイントの有効期限は2年間です。

エクスプレスカード(JR東海)

エクスプレスカードは、1000円につき1ポイント(還元率0.5%)です。楽天ポイント(100ポイント⇒楽天ポイント500円分)などに交換できます。
ポイントの有効期限は3年間です。

J-WESTカード(JR西日本)

J-WESTカードは、1000円につき5ポイント(還元率0.5%)です。J-WESTカードに申し込むとSmart ICOCAというICOCAカードが送られてきて、それを使ってJR西日本管内の路線を利用すると200円につき1ポイント(還元率0.5%)が追加で付与されます。
ポイントはICOCAへのチャージができます。
ポイントの有効期限は2年間です。

圧倒的にビューカードがお得!!

もし、SuicaなどICカードで支払いができるお店(コンビニなど)が近くにあって、よく使うのであれば、ビューカード系がおすすめです。
ビューカード系では、Suicaへチャージするだけで1.5%分の還元を受けられるためです。

全てを一つにまとめるなら、モバイルSuica

「おサイフケータイ」機能の付いたケータイ・スマートフォンを持っていれば、在来線・新幹線の列車に乗れます。
・まずは、モバイルSuicaに登録。
⇒東海道・山陽新幹線を使うのであれば、JR東日本が発行するビューカードをお勧めします。(個人的には年会費等も考慮して、ビックカメラSuicaカードがおすすめ)
使わないのであれば、JR東日本以外の提携他社が発行するビューカード(みずほSuicaなど)でも大丈夫です。
・つぎに、「ビュー・エクスプレス特約」に申し込む。
⇒モバイルSuicaのメニューから申し込みます。
・エクスプレス予約の会員証が届くのを待つ。
⇒実は、待たなくてもできたりするのですが…
・会員証が届いたら、ケータイからエクスプレス予約が使えるように登録して、使用開始。

すると、ケータイ・スマホが、EX-ICカード代わりになり、在来線も新幹線も、乗れるようになります。
JR東日本内の新幹線はモバイルSuica上から使用可能なので、ケータイ・スマホ一台で、主要都市圏内の在来線と九州新幹線以外の新幹線に乗車可能です。
<2016.10.9更新>iPhone 7にSuicaが対応することが発表されていますが、エクスプレス予約は対応しない可能性が高いです。続報が入り次第、お伝えします。


ビックカメラSuicaカードの申し込みはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で