2017/10/032 Shares

羽田空港国内線、JALダイヤモンド・プレミアラウンジ(南ウイング)に行ってきたよ!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

羽田空港国内線第一ターミナル内にある、JALラウンジの「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」に行ってきました!
今回は、南ウイングのダイヤモンド・プレミアラウンジです。

 
スポンサーリンク

ダイヤモンド・プレミアラウンジ、とは?

ANA SFC修行した人にはピンとこない気がするので、説明します。

ダイヤモンド・プレミアラウンジは、JALサクララウンジの上位に位置する、国内線最上級のラウンジです。
国内では、羽田、大阪(伊丹)、札幌(新千歳)、福岡の4空港5箇所に設置されています。

ダイヤモンド・プレミアラウンジの利用資格

ダイヤモンド・プレミアラウンジは、以下の方が利用できます。

・JMB・JGCダイヤモンド会員、JGCプレミア会員
・ワンワールドエメラルド会員(最上級会員)
次の搭乗便が国内線ファーストクラスの搭乗者

※それぞれ同伴者1名を含む

ここがミソです。
ANAは、プレミアムクラス利用者が利用できるのはANAラウンジのみで、最上級のANA SUITE LOUNGEは利用できません。
一方、JALはファーストクラス就航線が少ないのもあり、最上級のダイヤモンド・プレミアラウンジを利用できるのです。

JAL国内線ファーストクラスの就航線は以下の通り。

ファーストクラス就航空港のうち、那覇空港のみダイヤモンド・プレミアラウンジがありません。
サクララウンジを使う必要があります。

入り口はサクララウンジと同じ、でも中は全然違う別世界

実はまだ羽田空港のサクララウンジを使ったことがないのですが…
一足先に、ダイヤモンド・プレミアラウンジに行ってみます。

入り口

入り口は、サクララウンジと共通です。

エスカレーターを上がります。ドキドキ。

レセプションカウンターまでは共通です。

ここでチェックインし、ダイヤモンド・プレミアラウンジの利用資格があれば左手に進みます。

真の入り口

真の入り口はここです。

「Diamond Premier Lounge」のロゴが大きく掲げられています。

中はこのようになっています。

通路を抜けると、入り口には大きな松のオブジェが。

もう、重厚感がすごいですね。

座席

座席は様々なタイプがあります。

半個室タイプ

半分個室のようなタイプの席が12席あります。

コンセントは1つ。
小さなテーブルと、ソファーが置かれています。
結構くつろいでいる方が多いです。

カウンター・ブースタイプ

窓側はカウンターになっています。一席につき一つコンセントがついています。

反対側にも、個別ブースタイプのカウンターがありました。

カフェテーブルタイプ

カフェテーブルタイプの2人掛けのテーブルもあります。

丸テーブルと、四角テーブルの2パターンありました。

奥には、マッサージシートコーナーもあり

一番奥にはマッサージシートのブースもありました。

無料で使えるんですよ。すごいですね。

飲食

飲食は、アルコール類やおにぎりもありました。

アルコール

ビールは、サントリーのザ・プレミアム・モルツ、アサヒの熟撰、サッポロのヱビスビールの3つです。

ウイスキーと焼酎も一つずつありますね。

ジャパニーズウイスキーや日本酒がないのはちょっと寂しいかなぁ。。。

ノンアルコール

オレンジジュースや牛乳・トマトジュース、ポカリスエット・キウイジュース・オレンジジュースなどは冷蔵庫の中。

ソフトドリンクのサーバーにも「Diamond Premier Lounge」のロゴがついています。

コーナー右端には、ホットコーヒーも用意されています。

食べ物・スープ

食べ物やスープが充実しているのがダイヤモンド・プレミアラウンジの一番の特色ですね。
おつまみは、柿ピーあられがすくって拾うタイプ。

しけらないのかなぁと心配になりますが、全然問題なしでした。

おにぎりは、個包装です。

鮭とうまだしおにぎりの2タイプでした。

パンは3タイプあります。

手前側は焼きカレーパン。
11:30以降の提供なのと、おいしすぎて止まらなくなるので注意が必要です。
奥は、クロワッサンとかぼちゃのエクメックです。

スープは味噌汁と、ボルシチ風スープの2種類。

お昼を食べずにラウンジにやってきて、正解でした。

非常においしくいただきました。

利用客の客層が上品すぎる

いままでANAラウンジとカードラウンジしか使ってこなかったのですが…
最上級のダイヤモンド・プレミアラウンジは、あきらかに客層が違います。
あまりにも上品すぎてびっくりしてしまいます。

仕事できそうな、というレベルをはるかに飛び越える他の乗客をみると、背筋がピンと伸びてしまいます。

JGC修行で国内線ファーストクラスを使う方々、服装には十分お気を付けください…汗

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で